モンテ・クリスト伯

久しぶりに大作小説の世界に身を委ねました。アレクサンドル・デュマ作の「モンテ・クリスト伯」です。

あらすじ的には、主人公エドモン・ダンテスが無実の罪で監獄に送られ、そこで長い年月を過ごしたのち、脱獄して巨万の富を手にし、モンテ・クリスト伯爵として自らを陥れた者たちに復讐いていく物語である・・・という感じなんですが、

3人の復讐の対象は、1人は死に、1人は狂い、そして最後の1人は許される。復讐って何とも甘美な響きがありますが、結局は本人も救われないもの。

そういう意味で、最後にエドモンはどこに向かうのかとハラハラいたしましたが・・・よかった。。

「待て、しかして希望せよ!」 この言葉にはしびれますね。

自分が14年間幽閉されていたら・・・それでも、希望なんてもてるかな。また再読しちゃうと思います。

☆☆☆☆☆ 文句なし。

85/200冊

 

「モンテ・クリスト伯」への2件のフィードバック

  1. 私も子供のころ「岩窟王」ってタイトルで読んだよ~。すっごく大好きな本だった☆ひさびさにまた読みたくなったゾ。
    ってか7巻まであるってすごい!さすが大人用・・・

  2. 僕も同じく岩窟王から一気に今回の大人用です。用意周到に仕組んだ復讐のシナリオが一気に実現していくくだりなど、とってもゾクゾクしますよ、お勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です