自由でお得な写真スタジオ

デジカメで誰でも気軽に画像を撮ったり編集できる時代だからこそ、

光るカメラの技術の差。

妻が実家の皆さんと一緒に写真スタジオをお試ししてきたのですが、これが素敵。

今年の3月にマタニティフォトを撮影したスタジオでは、データも1枚ずつに料金設定あったのですが

こちらはなんと規定の時間内に撮影頂いた画像データが全部頂けるという破格なプラン設定。

Do, or do not. There is no try.

Do, or do not. There is no try.

機材も良いのでしょうが、やはりプロは撮影の間というか表情をつかまえるタイミングが良いですね。

衣装は自前の持ち込みなんですけど、それで十分。

Do, or do not. There is no try.

萌える。

Do, or do not. There is no try.

1時間で200枚以上撮影頂いて、これはいいなぁという精選画像が20枚ほど残りました。

これって結構なアタリ率です。 (なんたって相手はカメラ目線できない乳児ですから)

Do, or do not. There is no try.

次回撮影には僕も参加して年賀状に使える家族写真をお願いするつもりです。

こうして僕の娘写真コレクションもますます増えて、嬉しい限り。

従来は写真を買えば買うほど費用がかさむ従量制だった料金体系を定額制にしちゃう試み。

そして撮った画像は全てお渡しというスタイル(ビジネスモデル)は新鮮な印象を受けました。

(自分の旧来の写真スタジオのイメージからすると、、既にこれが最近の流れなのかもしれませんが)

HPを見ると、スタジオを貸したり、カメラ撮影のレッスン請負まで、色々と多彩なメニューを用意されてます。

カメラマンの技術を1時間1万円の単価設定で売るという分かりやすいコンセプト。

自由な写真スタジオです、といいながらそこには良く考えられた他スタジオとの差別化の試みが感じられます。

自由が丘スタジオ 、実際に僕も体験するのが楽しみです。

チャオ・アイン!

日曜のGENTAパーティーで2年ぶりに再会したベトナムのLOC達を我が家に招待。

翌日早朝には帰国という忙しい中で、時間を作って頂きました。

Do, or do not. There is no try.

Do, or do not. There is no try.

LOCと、彼の弟子の二人、、BinhとTuan。

実はみんなたいしたダンサー達です。 (ジャンル的にはコンテンポラリーが本業)

ベトナムから日本にダンス留学に来ていたLOCを紹介してくれたのはGENちゃん。

初めての出会いはかれこれ14年前。

その後、僕がドイツに駐在している同時期に彼もドイツへバレエ留学したり。

僕がそのあとベトナムに1年行ったりと、何かとLOCとは縁がある気がします。

彼のバイクの後ろに乗って感じたホーチミンの風をふいに思い出しました。

あの夜も愉快だったなぁ、と。

Do, or do not. There is no try.

(MAIは彼の髪型が気になるらしくて、ずっと覗き込んでました)

Do, or do not. There is no try.

(遅れてGENちゃんも合流)

兄貴2人とも、驚くぐらいの子供好き。

MAIも頭上を飛び交う賑やかな日本語、英語、ベトナム語に耳を傾けつつ終始ご機嫌。

国に帰れば著名なダンサーであり振付師でもあるLOCに遊んでもらってMAIもダンス好きになるかな?

バレエダンサーとして綺麗で真っ直ぐな足に育てる為のマッサージも習いました。

それにしても、LOCは43歳、GENちゃん40歳、とはとても思えない見事な肉体美。

さすが現役ダンサーです。

Do, or do not. There is no try.

わたしゃ、見事に育ちましたよ。。

社会人になった頃はまだ、身長、体重が殆どGENちゃんとは一緒だったのに。

でも、2012年こそは気持ちとカラダを引き締めたいですよ。 (毎年言い聞かせつつ)

やっぱり40歳に向けて準備をしないとです。

Do, or do not. There is no try.

Chao Anh LOC !

Hen gap lai.

こうして世界の友人に娘を紹介できるのも幸せなことです。

彼女の世界はきっと、僕なんかよりもずっとこの先広がっていくのだろうなぁ。

女子会に途中参加

本日の妻よりのオーダーは「午後9時から午後10時ぐらいに帰宅すること」。

どこで一杯飲もうかとワクワクして会社を飛び出しましたよ、勿論。

Do, or do not. There is no try.

Do, or do not. There is no try.

(結局、いつもの居心地の良いキンアンにて野菜天婦羅と小料理を後輩Y君と頂きました)

さて、適度に時間も潰せましたし(僕も楽しめましたし)、おもむろに帰宅。

すると、インターフォン越しに外にまで響き渡る独身女子達の嬌声。

Do, or do not. There is no try.

(本日は美人フラメンコ女子達の宴)

毎回言っていますが、我が家での女子会開催大歓迎です。

こちらもなんとも気分が華やいで良いものですので。

それにしても、自分が直ぐ隣の部屋の畳の上で娘と遊んでいるにも関わらず、

男性諸氏が登場する恋バナから、乳がブラジャーに収まらない話まで赤裸々な会話連発。

君らはリアル恋のから騒ぎか!と。

うちの娘も大きくなったらこんなおしゃべり娘さん達の仲間入りするんですかね。

Do, or do not. There is no try.

本日はイクメンを意識して独身女性陣に我が子煩悩ぶりをアピール。

アピールした先に何があるかは不明ですが。

ところで、女子会の雰囲気に抵抗なく馴染めるのはなぜなんでしょう。

学生時代にダンスホールで奥様方の輪にいつも一人で入っていたからかなぁ。

気が付けば7年

本日は、友人GENTAの7周年記念パーティーでした。

Do, or do not. There is no try.

この7年というのは、ドイツ~ベトナムの海外3年間から日本に30歳で帰国してからの毎日とイコール。

今年も色々あったなぁと振り返りつつ、年末のこのパーティーを手伝いに来ています。

ここ数年で最大の変化といえば、やはり結婚~出産(僕が生んだわけではないか・・)でしょうか。

30代で競技ダンスを再開したのも相当面白かったですが、やはり妻と娘との日々の方が断然面白い。

オーナーとして挨拶するGENちゃんを立派になったなぁと見守りつつ、さて自分は?と自問自答。

彼とは社会人1年目からの長くてゆるーい友人付き合い。 このゆるさが長続きの秘訣?

毎日のように会わずとも、年に数回だけ会う友人にだからこそ、少しずつ変わる自分を見せたいと思います。

見た目の横方向だけじゃなくてね。

Do, or do not. There is no try.

(ピアニストのASAちゃん、ベトナムから来たダンサーLOCやGENTA2らと記念撮影)

むむむ、確かに太いな自分。

連盟委員会

家族に没頭すべき土曜の晩ですが、独身の、Nバッチ召集、F参戦の連盟委員会に参加。

自分、15年ほど前に、全日本学生競技ダンス連盟の議長なる要職?に就いておりました。

現在では事務局長という役職名っぽいです。。 今や昔の話ですが。

Do, or do not. There is no try.

(今見てもろくな集団じゃない気がします)

当時は、東部(関東)で酔っぱらったおバカ軍団達が毎度「今からタクシーに乗って渋谷まで来い」とか、

札幌にいた僕に電話してきたものですが、それも懐かしい思い出です。

仙台のリーキャン飲み会では鼓膜が破れたり、彼らに札幌の部屋を貸したら空き巣に入られたり、

今考えるとネタとしか思えない事件が続出したのも、感慨深いです。

でも、彼らとの絆があったからこそ、北海道での見える範囲だけの世界に埋もれることなく、

全国のレベルを常に意識できたのかも。

同じことで、日本で見える範囲だけで仕事するのではなく、世界を意識することに繋がらないかな、と。

その割に、僕のFBの友人は日本人だらけのようですが。

ディナー出発前

FBではUPしましたけどブログには掲載していなかったので。

バースデーディナーに出かける前に我が家に帰りついたときにプチサプライズ。

妻と娘への感謝を込めて、記録UPしておきます。

Do, or do not. There is no try.

Do, or do not. There is no try.

小生、金曜日の夕方にフレックス退社した甲斐があったというものです。

チームの同期女性のHさんに、娘が生まれてから奥さんと2人で外出するの2回目なんだ・・と言うと、

「それって、多いって意味、それとも少ないって意味!?」とカウンター。

「・・・いや、勿論少ないって意味だけど、、。」と不審げに答えると、、、

2児の働く母は答えて曰く、「私なんて子供達と一緒にいるほうがよっぽどいいのになぁ!」ですって。

皆さん色々ですね。

バースデーディナー

金曜の夜は少し早く失礼して、娘を実家に預けて奥様とディナーに。

6月の出産慰労ディナー以来 、娘が生まれてから2人だけで食事に出かけるのは2回目。

Do, or do not. There is no try.

本日は、F料理長に紹介頂いた広尾のフレンチ、Restaurant Jへ 。

先輩シェフHさんの料理を頂くのがワクワクな僕ら。

久しぶりのフルコース実況中継です。

Do, or do not. There is no try.

■ アミューズ 自家製生ハムと猪のハツの燻製

のっけからその後の展開が楽しみな一皿。

このハツを肴にビールを頂きたいと思ったりしますが、ここは新橋ではないし、グッと我慢。

Do, or do not. There is no try.

■ 前菜 青森産平目のカルパッチョ、菊ソース

この軽やかなソースが香り良く、味良くで流石プロの仕事だなぁとうっとり。

Do, or do not. There is no try.

■ 牡蠣と白菜のリゾット

これまた軽やか。 リゾットというとチーズやバターたっぷりで重めなイメージありますが、、

白菜のおかげかしら、あっという間に完食してますます食欲がわくような。。。

Do, or do not. There is no try.

■ 魚料理 真鯛のヴァプール、蕪のソースに雲丹散らし

蕪のソースだけでも相当美味しいのに、ここに大好物の雲丹が濃厚な味を加えて、、もう、無言。。

真鯛は脂が少ない分ちょっと物足りないイメージの食材ですが、このソースとは相性◎。

Do, or do not. There is no try.

■ お口直しに有機野菜サラダ

よくグラニテなんかが出てくるタイミングに、この有機野菜サラダ!

振り返ってみても野菜にも力を入れているのを感じます。

Do, or do not. There is no try.

■ 肉料理 蝦夷鹿と猪、そして季節野菜のグリル

妻のほうは、、、

Do, or do not. There is no try.

■ 蝦夷鹿とラムの組み合わせ

丁寧に焼き上げられた野性味あふれるお肉と、滋味溢れる野菜達がもう最高。

昨年F料理長に出して頂いたウリボウ(子猪)を思い出しました。

Do, or do not. There is no try.

どのぐらい美味しかったかって・・・個室をいいことに、、

骨の周りまでキッチリとしゃぶるぐらい。

Do, or do not. There is no try.

Happy Birthday 父たん・・・

Do, or do not. There is no try.

美味しい料理に落ち着いた空間、居心地の良いサービスの中ですっかり楽しませて頂きました!

お酒もなにげに、泡白白赤赤とグラスで5杯ずつ頂いちゃいましたし。。

こうして久しぶりに妻と語り合えて、とってもお互い嬉しい時間でした。

定期的に妻のご両親のご助力を得るのも夫婦円満の秘訣かも!? (感謝、感謝) 

Do, or do not. There is no try.

シェフHさんと、GMのTさんと記念撮影、、今日は本当にお世話になりました。

Restaurant J お勧めです。 (僕らも是非またお伺いしないと)

現在は自分のお店が無いF料理長の料理も早く食べたいなぁ。。

いまだに、あの時の披露宴の料理は美味しかったねと言って頂くと僕らまで嬉しくなりますもの。

持つべきものはシェフの友と、シェフ人脈。

実家の母が購読しているのは、主婦の友。

全く持って非の打ち所の無いディナーを堪能して、地元でワインバーに寄って帰宅。

心地良い酔いの中で、自宅でどかっと座ったら、、布の裂ける音が高らかに響き渡りました。

Do, or do not. There is no try.

お気に入りの黒いパンツのお尻が裂けました。。

食べるのもいいけど、痩せるケツ意を表明しろってことですかね。

そんなオチですみません。

100億か100ドルか

先週のシンガポール出張、勿論見聞を拡げる為に訪れてきました。

こちら。

Do, or do not. There is no try.

それにしても、どうしてビルの上に船が乗っているのでしょうか。

とても自分には想像もつかないような造形。 (耐震性が心配です、、、)

Do, or do not. There is no try.

パスポートを見せてカジノの入り口をくぐると、そこは想像を超えた異空間。

目の前に広がる状況がどうもスッと頭に入ってきません。

Do, or do not. There is no try.

よく目を凝らすと階下に広がるのは全てカードゲームのテーブル。

一体何かと思いましたよ。

思い思いにカジノを楽しむ人達の様子を観察しながら僕も100ドル(6,000円)ほど遊んでみました。

幾つかのスロットとルーレットでチビチビ遊んで1時間もしないうちに終了。

しっかし、カジノで100億使うってどんな感覚なんでしょう、、、自分は100ドル貢いで十分満足。

器が違うのかもしれませんが、そんな器いらないよなぁ。

賭け事には全く興味がもてません。

ゲームは嫌いじゃないけど、お金が減るのは楽しくないもの。

新米を堪能

祝日ですが、家族でちょっと早起きして千葉県佐倉市へ。

O先輩にお誘い頂き、今年の新米を楽しむ会に参加してきました。

Do, or do not. There is no try.

こちらの青菅という集落では、専業で農業を営まれているのはもう1軒だけ。

今回お世話になったMさんはアイガモ有機米や減農薬栽培など色々取り組まれているそうです。

(らいすぼうい、という会社組織でお米の販売も行われています)

Do, or do not. There is no try.

お米を炊くのにつかうのは新潟地方でよく使われているという糠釜という、籾殻を燃料とするこの釜。

これで二升のお米を炊き上げるなんてワクワクですね。

Do, or do not. There is no try.

お米が炊き上がるまでは、日本酒を片手に飲みつつ日本の農業の未来を語り合う旦那達。

奥様達は豚汁を台所で協力して作っており、子供達はあちこち駆け回って遊んでます。

Do, or do not. There is no try.

おぉぉ、このおこげがたまりません。

もち米も3升をせいろで蒸し揚げて、こちらは餅つき。

Do, or do not. There is no try.

炊き立ての白米に、皆で持ち寄った御飯のお供。

地元の野菜たっぷりの豚汁に、色々なお餅、そして勿論お酒もいっぱい。

Do, or do not. There is no try.

本日強制連行された妻や娘達。

こうやって休日に付き合ってくれるのも今のうちだけでしょうか。

それにしても、白米2升、もち米3升、そしてO先輩手配の日本酒4升! (神亀の純米にごり酒)

たっぷりと日本のお米を堪能した一日となりました。

MAIが成長したら、是非、田植え・稲狩り体験もさせたいものです。

それにしても、農村の風景を守れ=TPP絶対反対の思考停止はよく理解できません。

日本の農業のてこ入れは、TPPとは関係なくいずれにせよ必要なのは間違いありませんし、

補助金漬けになって競争力を失った旧態然の農家に突然再生をお願いしても難しいでしょう。

農業ビジネスの新規参入や休耕地活用を促すような大胆な制度改革の実行を期待します。

いい夫婦の日

お茶の間のホメネギ大作戦から遅れること2時間。

22時スタートで我が家も、いい夫婦の日の乾杯が出来ました。

Do, or do not. There is no try.

いつもお世話になっております。

毎日楽しい時間を有難う。

お昼には、妻からのサプライズメッセージ入りのお弁当だったのですが、

あいにくランチミーティング(英語研修)だったので、そそくさとメッセージはしまいましたとさ。

Do, or do not. There is no try.

僕からも表参道で買いましたチョコをチョコッとプレゼント。

すると奥様曰く、、昔合コンで一緒した宝石商のオジサマとITのオジサマが立ち上げたお店なんだとか。

僕は本日存在を知りましたが、そうなんですか、そうですか。

娘がやっと寝たと思ったら、すぐに奇声を発し始める隣の部屋。

いつも2+1を意識する最近の日々ですけど、本来は1+1からスタートであることをしっかり意識しないと。

まだまだ僕らの時間ははじまったばかりですので、これからもよろしくね。

特に来年5月からは、噂の3年目に突入ですし。

イケダン育成術―賢妻に学ぶ結婚生活を幸せにする技術/杉浦 里多
¥893
Amazon.co.jp

■ 200冊濫読プロジェクト(2011年) 200/200冊

あ、200冊だ。