あれから6年、まだ6年

気が付けば、もう6年。いや、まだ6年。。4月30日で、父親が亡くなって丸6年になります。

信じられない凶報が届いたのは、出張先、それも、

● イラクの首都、バグダッド

朝5時、寝ぼけ眼で取った受話器から流れる上司の声。

「お父さんが亡くなりました」

「・・・・は?」

そこから先は、本当に夢の中の出来事のようで、今でもぼんやりとしか思い出せません。母から、春スキーの下山途中に崖から落ちたこと、打ち所悪く、また、すぐ救助する事ができなかったこと、病院に運ばれた時は、もう殆ど手遅れだったことを聞いたこと。

バグダッドからアンマンまでの帰路。約1000キロの陸路を、10時間。涙がにじむ目で睨み付けた、どこまでも広がる砂漠。

その時のプロジェクトのパートナーであり、親友のラミーの手に握られていた航空券。繁忙期の中、東京の本社が力を駆使して押さえてくれた・・アンマンから、オランダ(アムス)経由、札幌までの最速のチケット。

ラミーが涙と鼻水でひげをグショグショにしながら「ヒロ・・・」と声をかけてくる。・・そういえば、彼も前年に父親を病気で亡くしたばかりだったな、頭は何故か醒めており、心は空虚。

あれから6年、もう6年。

53歳だった父。

あんなにカラダを鍛えていたのにね。

土日になるのがとにかく待ち遠しくて・・・海に山に、毎週飛び出していった父。

お酒が大好きで、美味しいものが大好きで、時にはうっとうしくなるぐらい家が好きで、家族が好きで・・。

最後の父との交信は、バグダッド入りする前のヨルダンにて。亡くなる3日前に受け取ったメール。

「人生にはいい時も悪い時も同じようにあるのだから」

・・仕事は順調だよと報告した僕のメールへの返信に一言。何かを感じていたのだろうか。一家の大黒柱が抜けた穴は本当に大きい。でも、僕ら3人はそれぞれ何とかやってます。

おっしゃるとおり、何でも思った通りにはいかないけども。後悔しない人生を送りたくて、もがく日々です。

あれから6年、まだ6年。