「家計簿父ちゃん」カテゴリーアーカイブ

米国駐在生活の家計簿〜自動車保険2018

毎年5月は自動車保険をはじめとする各種損害保険の更改時期。

昨年の洪水被害が反映され自動車への保険料が高騰する・・という噂があったのですが、自分の場合は昨年の合計(自動車、家、アンブレラの三点セットで)4,000ドルちょっとが4,400ドルになっただけ。10%上昇のみでまずは一安心。

そもそも昨年通勤用の車をリース更新した際に車が新しくなっているので、この部分だけで保険料上昇もあるでしょうから、実質は殆ど変化がなかった?(若干の上昇?)という結果に。

とはいえ自動車は、年間の保険料のみならず、ガソリンや高速代、はては洗車料まで数えれば、米国生活の家賃に匹敵する金食い虫。(ガソリンは年間でだいたい1,500ドル弱ですので、日本に比べれば単価は安いですけど)

これまで4年間の累計で車2台の取得や維持にかけたお金は累計でざっと約9万ドル。仕事や家族の生活の為に必要不可欠な存在ながら、車の為に働いている訳でもないぞ、と。

リースしている通勤車は帰国が決まれば契約を終了するだけですが(満了前は残額払う必要ありか)、購入した家族車は売却の予定。きちんとメンテナンスを継続し、売却時は高値で嫁にいって欲しいものです。

それまではどうか僕と家族をしっかり守ってくれますように。毎日の通勤時にあちこちで大小の事故を見かけますので、安全運転、無事故無違反を今一度自らに言い聞かせ、です。

米国生活の家計簿〜気がつけばクレジットカード紛失

最近物忘れの頻度が増してきた気がしていたのですが、ここで人生初のクレジットカード支払い後の回収忘れが発生。

気がついたときにはそのレストランも閉まっていたので、諦めてクレジットカードを紛失ということで一旦止め新しいカードをオーダー。2〜5営業日で届きますとの案内があったのですが、結局6営業日目で新カードが届きました。

(Chase銀行発行のUnitedのMilleagePlus Explorerカード)

擦り切れていたカードの見た目も綺麗になり、有効期限や限度額も勝手に増えて、ちょっと嬉しい。。

そういえば米国赴任して半年で2回目のスキミングにあった時には、これからの5年で何回スキミング被害にあうんだろうか・・と恐れていましたが、その後は1回も発生せず。(→何回スキミングされるかな〜一回目

新カード到着まで妻がメインで使っているANA USAカードで数日を凌ぎました。(JAL USAカードはすでに解約済み→3枚目のクレジットカードを断捨離

・・自分のブログを読み返し日本のJALカードも3枚目なので解約する計画だったことを思い出しました。まだできていないや。

あとは、引き落とし先の情報更新。インターネット&妻携帯のAT&T、電気会社の支払い、はネットで更新できたので、あとは次女のプリスクールの学費引き落としと長女のスイミングスクール月謝。こちらは変更用紙を手に入れて手続きが必要そう。

これに懲りて、もう回収を忘れたりしませんように。。。

なぜかレストランの支払い分まで自分の利用履歴から消えていたのは銀行には内緒です。レストランの支払い後に無くした、と説明したんだけど、うまく伝わらなかったかなぁ。。

知らぬうちに契約更新完了

静かに運用(放置)中の不動産投資の3物件のうち、2物件があいついで契約更改の時期を迎えました。

平成29年度分の確定申告の準備をしていた2月頭頃はまだ頭の片隅にあったのですが、その後1ヶ月半ほど仕事に集中してしまい、ふと気がついた時には、どちらの物件も既存の入居者の方が契約更新されたとの連絡が管理会社から来てました。ありがたや〜。

(タコス3つはちょっと頼みすぎ、2つで良かった・・)

残る1物件は取得以前より、ずーっと同じ方が住んでいる不動の物件ゆえ(一体中がどのような状態になっているのかは気になりますが)、これであと2年間はほっと一息での放置再開です。

2年後となると2020年頭。景気は東京オリンピックが終わるまでもつのか、不動産需要はどうなるのか。普通に考えるとこれだけ少子化で空き家が増えていく中では、なんらかの魅力や特徴が無い物件を埋めていくのは難しいだろうなぁと想像します。

まぁ、その時はその時で考えるか・・・。(脳内から再び存在を消しておきます)

米国生活の家計簿〜思わず金利手数料負担

普段は月2回程度の頻度で覗いていた銀行やクレジットカードのオンライン口座パトロールをここ1ヶ月半ほど怠っておりました。

久しぶりに明細を眺めてみると・・・

 

あ・・!!

この4年間で初めての・・・金利手数料負担(Purchase Interest Charge)。。。

年利は17〜24%で変化とあるので正確な利率はわかりませんが、78ドルを金利手数料で引かれたのは、まさに痛恨。(年利17%とすると5,500ドルぐらいに月割の金利をかけられた計算)

これまで銀行口座残高を眺めながら金利が発生する前のタイミングでコツコツ支払いをかけるのに成功していたのですが、とうとう失敗。

毎月の自動支払い設定をFull Amountではなく、Minimum Amountにして、手動で支払いをかけていたのがまずかったか。。(いよいよドルキャッシュが足りない時はクレジットカードでやり繰りする余地を残していた)

金利収入は嬉しいですが(残念ながら世代的に殆ど経験ありませんが・・・)、金利負担は全く嬉しくないもの。不要な金利負担分で家族で一回中華を食べれたな・・としみじみ悔しさが。(→自動支払い設定をFull Amountに変更。。)

あらゆる支払いはクレジットカードを通じて・・となる米国生活ですが、銀行口座に入っている以上のお金は使わない・・・という大原則に今一度立ち戻りたいと思います。

ディズニークルーズ2017〜プライスレス

ディズニークルーズ2017、初回の2015のようにイベントごとに振り返ったり、2回目の2016のように時系列に振り返ったのとは切り口を変えようとした2017の振り返りもこれで終わり。(→ディズニークルーズ2017まとめ

最後はみんなが気になる、それで、いくらかかったの?編です。予算確保すること無しには家族旅行の実現は出来ませんからね。

1年前の早期予約、Deck 2の窓付きという、船室の選択肢の中ではかなりお安い条件で家族4人(大人2人、子供2人)、港での駐車場代や、クルーズ中に買ったお土産、チップなどなどひっくるめてだいたい8,500ドルとなりました。

多少の値上がり傾向にあるとはいえ、2015年が8,000ドル、2016年が8,500ドル、2017年が8,500ドルなので、だいたい仕上がりは同じ。いや、普通は乗船する港までの航空券代がかかることを考えると、我が家は車で1時間半のガルベストン港から乗船出来ているので本当はとてもお得なんです。(日本から飛行機で飛んでくるとか・・怖くて計算出来ない)

昨年、念願のフロリダのディズニーワールドに家族で飛行機で向かった際に、この航空券代は曲者だなぁと強く感じました。(いつものユナイテッドですから全然サービスもよくないし、楽しくもなんともない、お得感ゼロ)

今回の駐在期間中にもう1回ディズニークルーズには乗らず、限られた原資を米国の西海岸と東海岸、それぞれの家族旅行に振り向けたいな・・と2018年は考えております。

それにしてもこうして過去3回のクルーズを思い返すだけでも、とっても楽しかった。(ちょっとばかし妻とは喧嘩したかもしれませんが、あと船酔いもキチンと毎回しましたが・・)間違いなく非日常なディズニークルーズ体験はプライスレス。

これがどれぐらいディズニー要素(おそらく通常のクルーズに比して料金2割増)が寄与しているのかを体感調査することを目的に、いずれ普通のクルーズにも比較乗船してみたい・・とひそかに思っております。

(まさに、till.. we meet again !!!)

もう少し成長した娘達とまたディズニークルーズ、もっと成長した娘達とその孫達とディズニークルーズ、ひょっとすると妻と二人でもクルーズ、どれかが実現しますように。(欲張りな性格的には全部を狙います)

クリスマスの軍資金?

年の瀬になにやらあやしげなチェック付きのレターが郵送で着。いつものクレジットカード新規入会の勧誘とも様式が違いますし、なになに・・・。

なんと2,429ドル貸しますよ、という突然の申し出。

件名がふるってます。Let Us Help You with Holiday Expenses.
あなたのクリスマスの支出を我々が助けます、と。僕のクレジットヒストリー(信用力)によると2,429ドル貸し出せるということか、これは光栄なことで。。

ちなみにしっかり利息は払う必要があり年利33.28%、2年間で合計3,360ドル返済し、そのうち金利が930ドルと・・高利。

さすがサブプライムローンを生み出した国、米国。2週間ごとに給料をもらっていても計画的に使えず、給与を日払いベースで前倒しできるアプリが流行ったりする国です。

2017年の米国生活の家計簿はコト消費を優先する方向に舵を切ってみたこともありドル収支は通算で若干のプラスから大きくマイナスに。でも家族の思い出はプライスレス。

最低限の貯蓄計画は中長期で押さえつつ、借り入れはしないレベルで日々の暮らしや旅行に投資していければと思います。

バックドア故障からの再ネイルで滅入る

新車購入から4年目に突入した家族車のミニバン。

4年目に突入したタイミングから、バッテリー交換(300ドル)、釘を踏んでついでに全タイヤ交換(700ドル)と出費につながる事態が連続して発生。

今度はバックドアを開けておく油圧のパーツが逝かれてしまったようで、、、。(バターン!と閉まって危ない) ディーラーに持ち込むとパーツ交換(600ドル)。

車は生活必需品ですので安全運航の為のお金は惜しみませんが、予定外の出費がコツコツと家計に響いてきます。

そして、バックドアが直ったと思ったら・・・

右後輪に再びネイルで・・・メイル(滅入る)。

同じ種類の交換タイヤが直ぐに届かないようでお取り寄せ待ち。空気はゆっくりしか抜けていきませんが、、この状態で空港まで往復するリスクは取りたくないので僕の通勤車に家族を満載し旅行に出ることに。(車旅行を計画していたら大変なところ)

米国駐在生活の家計簿〜2017年2Q

四半期に一度、ざっくりと家計簿をレビューすることを決めました。(前回→2017年1Q

今回のタイミングではドル口座に加え日本に放置しております円口座も半年一度のペースでの残高確認。今回は5月に2回往復し普段は手つかずの円も使いました。

(6月に購入した唯一の嗜好品)

弟の結婚式参加の為に帰国し、往復航空券や宿泊、お祝いなどで出費、家族帰国時に同行しさらに出費(妻子はマイレージで帰国なので航空券代はかからず)、せっかくの機会なので仕事着なども買い出し。まとまった額が一瞬で飛んできました。

少々やり繰りが心配なのが足元のドル生活費。年内の旅行費用などの支払いを先行して済ませるとあまり手元に残らない計算。(自動車保険の年間払いや、通勤車のリース契約更新の頭金など、まとまった支出は年の前半に集中したので)

2017年後半でトントンの水準まで回復させるコトが目標。

(昼は冷凍しておいた自炊カレーなどを持ち込み)

まずは単身生活が続く7月、それも最初の4日間の連休ではしっかり節約モードからスタートです。(何事もメリハリつけて)

米国駐在生活の家計簿〜新車リース

単身生活の初週末。

まずは優先順位の高い事案からということで、あと3ヶ月で36ヶ月のリース期間満了を迎える自分の通勤車の後釜をどうするかを検討するためにディーラーへ。

幾つか考えられるオプションのうち、まずはリース満了後に同じ車をそのまま購入する場合を調べたところ・・16,000ドル。まだ結構しますね。(数字は丸めてます)

リース開始時が、頭金6,000ドル、毎月300ドルだったので、、3年間の総支払額は16,800ドル。買取に更に16,000ドルが必要ということは合計32,800ドル。この車の元値が28,500ドルぐらいだったと思うので、4,000ドルちょっと、ディラーと銀行には利息含めて利益を払った計算です。

相当もったいない感じもしますが、あの時は手持ちの現金が足りなかったのでしょうがないんだよなぁ。。

そして今回も16,000ドルを今一括で払ってしまうと、年末クルーズ代金の払い込み、それ以外の小旅行や、もしもの時のお金が手元のドル現金口座で不足するんだよなぁ・・と脳内計算。

そこで、同じモデルで新たに24ヶ月の新車リースを組んだプランを調べると、頭金2,000ドルに毎月支払いは400ドルでいけると。ドルベースでのキャッシュフローを重視するとこれが簡単だな、、と即決することに。

3ヶ月早くリース期間を終える部分についてはディーラー負担としてもらいました。頭金は別にして、月々の支払いが100ドルアップだけで車が完全に新しくなるというのは魅力です。やはり3年を超えるとあちこち不具合も出てきそうなので。(実際にメンテナンス出すとタイヤやバッテリーなど複数箇所に交換のリコメンドあり)

Mazda6 Touringを2015から2017に乗り換え。色も同じ黒。

内装が少しだけ違いますね。

2015から2017に乗り換えての違いは・・Smart City Brake Supportという機能。他にもう一つあった気がしますが、あまり変わらない、という整理で良さげ。但し、タイヤやバッテリーも全て新しくなったと思うと何だかスッキリ。

これから毎日の安全通勤のお供、宜しくお願いします。

それでもユナイテッド一択

オーバーブッキングで乗客を強制的に引き摺り下ろし、さらにその後のCEOの対応がお粗末だったため、米国でも稀に見るレベルで炎上したユナイテッド。

かねてよりユナイテッドの奴隷を標榜している私からすれば(→ユナイテッドの奴隷)、何を今更・・との心境。どれだけ乗客を貨物並みに扱おうが、それでもこの選択肢しかないと思わせる寡占環境には逆らえず。

オーバーブッキングで便を変える乗客を求める姿はいつものこと。但し普段は400ドルが800ドルぐらいになったところで自発的に誰かが便の振替に応じるものなんですけどね。強制的にコンピューターで選ばれ、引き摺り出されるまで抵抗するなんて相当の異例。

おそらく自分は一番安い航空券を買ってはいるものの、ステータスがプラチナなので、抽出される可能性は低いのではないかと考えていますが、物分かりの良いアジアン(更には日本人)なので、意図的に選んで来る可能性もあるかな、と。

今週もユナイテッドにお世話になりニューヨークとヒューストンを往復。今回も行きの便は遅れ、帰り便にいたっては早朝に突然欠航になりクリーブランド経由の便となりました。

だいたいが早朝便の欠航って機材繰りだけが理由ではなく、乗客数が少ないから欠航にしちゃえ・・という経済的な事由がかなり含まれている気がします。(アルゴリズムに従って・・)今回も相当・・プンプンです。

そして、その時の振り替えは、完全にチケットの値段順と、ステータス順のたすき掛け(ひょっとするとステータスの方が重要かも)。同行していた同僚がシルバーステータスで、対応の違いが如実に(自分の場合はヒューストンまでの最速の振り替えが座席指定含め完全自動。同僚は全て手動@カウンターにて)

当たり前ですが、欠航に際して「申し訳ない」というような空気感はゼロ。「こうなってるけど、どうする?」的な気軽なノリ。それでいて、フライト後には「お客様の声を聞かせてください」的な一斉送信機械メール。

それでもユナイテッド一択なのが辛いです。

でもこちとら、プライベートユースではなくビジネスユースなので、どうしても自分のベースとなる空港からの便数や乗り継ぎの利便性が第一。与えられた環境下で一番過ごしやすくするしかありません。

ヒューストン空港(HobbyではなくIAH)のEターミナルに新しくアジア(日本)的なカフェゾーンが出来るようです。

このイメージ図を見ていると先日仰天したNYの居酒屋ケンカを彷彿させます(→居酒屋ケンカ)これが典型的な日本のイメージをデフォルメしたものだとしたら笑えますね。

(どんだけイタリアとのイメージの落差があるのか、と)

ユナイテッドについては、どうせ奴隷生活も4年目となったのであれば、奴隷の最高峰、プラチナの上の「1K」を目指してみたいものだということも考えますが、今のところはどう計算しても年間10万飛行マイルには到達できず。

2017年はここまで割とハイペースでマイルを積み上げ2万2千マイル。5月から6月の日本一時帰国二連投で2万6千マイルが加算、6月末での5万マイル越えが確実。しかし、残る半年でもう5万マイルを飛ぶ予定はさすがに立たず。それどころか、もう2万5千マイルを積み上げ7万5千マイルのプラチナ維持もギリギリ。

今年のマイレージ&ポイント戦略は、プラチナとゴールドの維持であったことを思い返して修行に精進したいと思います。(→マイレージ&ポイント戦略2017