「地球のさ迷い方」カテゴリーアーカイブ

上海出張中の晩御飯メモ

中国(上海)出張も今回で3回目。過去2回と違い今回は半月なのでちょっと日々を楽しむ余裕もありました。

そして滞在も残り3日。金曜の最終便で帰国です。
結論から言えば、

● 中華三昧しつつダイエットなんて無理

ということではありますが、これも想定の範囲内。

毎日1万歩以上現場で歩いてカロリーも消費しているので増量していないのがせめてものすくい。定宿となっている上海龍柏飯店からタクって5分の古北(グーベイ)地区にて殆ど晩御飯は食べてました。

もっとも通ったのが、(6回ぐらい)

● 「鹿港小鎮」 (水城南路101号)

という中華系CAFE。店員は女性のみ、皆さんショートカットで統一。料理は四川から重慶、台湾からシンガポール風まで幅広くカバー。

特にお気に入りにしていたのが、
「ピータン豆腐」
「サヤインゲンのひき肉炒め」
「重慶風鶏肉炒め」
「坦坦麺」

さらにデザートメニューが充実しており、マンゴープリンの周囲にマンゴースムージィ、さらに生カットマンゴー、そしてマンゴーアイスとココナツアイスが一玉ずつ、という、「マンゴー尽くし」を好んで食しておりました。かなりのお勧め店です。店内に流れる音楽は、クラブ風。

あとは、ショーロンポーが絶品の正統有名店、

● 「県泰豊」 上海虹橋店 (水城路18号)

この店は台湾が本店で、東京でも新宿や汐留に店を構えている、らしい。こじゃれた店内で、肉汁が包まれた超美味のショーロンポーを堪能。卵チャーハンもまるで宝石のようにパラリと輝いております。3回ほど攻め込みました。

店内の壁には有名人の似顔絵がお洒落に書かれているのですが、なぜか、ユースケ・サンタマリアらしき人物が。。

オススメは「蟹粉豆腐」(お値段はちょっと高めの120元=1800円)也。たっぷりの蟹肉と蟹ミソの餡が豆腐にからまり最高です。

あー、また行きたい。

地図帳はトモダチ

本日、相棒を本屋にて購入してきました。

● 「世界情報地図 2006年版」日本文芸社 1500円ナリ

うーーん、渋い。

家にあった「ブルーアトラス」が今ひとつしょぼかったので購入してきました。地図はやっぱり新しくないと。

色々とキーワード拾いながら、やたらめったら記憶するんではなくて、自分なりのポイントを抑えていこうと思います。昔と違って、同じ白地図見ててもイメージが湧きます。

実際に訪れた国は勿論、新聞、ニュースなど以前とは情報への網のかけ方が違うから、色々と自分の中で反応がある。まずは「地理」的感覚をもう一度磨いて、「歴史」につなげていこうと思います。

国連加盟国は「193ヶ国」。(加筆修正:2017年10月現在)

現在は中国の特別行政区である「香港」、「マカオ」(返還前に渡航)や、「バチカン市国」は入っていない。でも行った国の数は多い方が嬉しいので、やはり次に踏み入れる中国(上海)を30カ国目とさせて頂きます。

それにしても、まだまだ行ったことない国だらけです。

世界に大陸は6大陸。最大はユーラシア大陸(アジア+ヨーロッパ)。各大陸の最高峰は、エベレスト8800m、(モンブラン4800m)、マッキンリー6100m、キリマンジャロ5800m、このへんはまあわかります。

でも、アコンカグア6900m(南米)、ヴィンソン・マッシーフ4800m(南極)なんてのはさっぱり。オセアニアの最高峰コジアスコ2200mってのは随分低いな。

世界の島の面積比較も面白い。日本の国土面積は378,000m2、これを基準に大きさが色々図れる。マダガスカルなんて日本より大きいんだ。ひいじいちゃんが猟師やってた樺太(サハリン)はタスマニア島よりちょっと大きい76,400m2。

各国の位置関係、首都、人口、おおよその面積、主要都市、通貨、使用言語、宗教、、とりあえずはざっとそんなところを復習していくつもりです。

前にスペイン(バルセロナ)の友達の実家に遊びに行った時、彼女のお父さんは頑なに、

● 日本と韓国は地続きだろ?

と主張していました。確かにヨーロッパ中心の地図だと極東はベローーんと端っこに細く延びていて分かりづらいんですけど。

きゅうりの薄切り

立ち仕事が数日続いたので疲れが出る前に、なじみのマッサージ屋へGO!

「足」を起点に、全身マッサージもざざっとやるよ、という感じのローカル店です。お値段は、75分で5万ドン +チップ5万ドン、 〆て10万ドン(700円)ポッキリ。

僕は、いつもベトナム語の勉強に付き合ってもらうお礼も含め、チップは多めにしてます。毎日のように来ているので殆ど友達のように皆が接してきます。

高級ホテルのマッサージを頼んで、正規料金にプラスして10万ドンぐらいチップを要求されるぐらいならば、この店で十分。

日本では、マッサージなんて値段が高すぎると思ってましたが、気がつけばすっかりマッサージ愛好者。ハノイ市内はもとよりベトナム国内あちこち、さらに遠征先の近隣アセアン諸国にて、高級店から低級店まで色々試しており、マッサージレベルから、店内の清潔度、個室の有無、オプションレベルとその相場を調査中です。

さてさて、そんな中途半端に長い前振りはさておき・・・いつもの店に行って、短パンにはきかえて、靴下抜いでソファにのびると、冷たいお茶(リプトン・ダー)に加えて、

● きゅうりの薄切り

が、皿にもられて出てくるじゃないですか。

新たに、おつまみ小鉢のサービスでもはじまったのかと思って・・一枚つまんでシャリシャリと食べてみると・・味つけ無し。女の子が来たんで、塩を持ってきて~と伝えようとすると・・おしぼりで顔をふいてくるじゃないですか!!

これまた今までにない新サービスだと思ったところ・・顔にきゅうりの薄切りを貼り始めました・・・

全てを納得した僕は、フィンガーボールのレモン水を思わず飲んでしまった人のことを思いつつ、きゅうりの下で赤面。。

外仕事で日焼けして顔が赤くなった僕に気を使ってくれての特別サービスだったのです。

ちなみにベトナム地元居酒屋では、よくきゅうりを縦に切った皿が出てきて、岩塩と唐辛子を混ぜたものにつけて食べます。

これが美味。

ハノイの路上で思ふ

気がつけば日中の暑さも湿度もぐんぐんと増してきたハノイです。日が落ちて少し涼しくなった夜、シャワーを浴びて一日の汗を流し、今日の晩飯は、住まいのそばのほったて路上飯屋にて。

お気に入りのチャーハン(コムザン)を口に運びつつ、道行く人々をウォッチング。なんていうか、いいんですよね~、素朴な笑顔が。

モノが溢れている訳でもなく、やっぱり貧しくて、ゴミゴミしてて、でも、若者が沢山いて、よくわからん勢いと熱気があるんですよ。

車が入れないような真っ暗闇の狭い路地に吸い込まれていく皆の行き先は、狭くて、暑苦しくて、折り重なるように沢山の家族が住んでて。。

日本の30~40年ぐらい前って実際こんな感じだったんでしょうし、タイの15年前ぐらいの発展状況と似ているとも聞いたりします。

今回のベトナム滞在での得がたい経験の一つとして、こぅ、まるでタイムマシンに乗って昔の日本を体験しているような気持ちを持てた事が挙げられるのかな、と考えたりしてました。

「美味しかったよ。ありがとね。」(ベトナム語)って席をたったところ、いつも12,000ドン(84円)だったチャーハンが、なぜか、

● 10,000ドン(70円)

に値引きされてました。とうとう正規の常連価格になったのかも。こうして少しずつ受け入れられてきたベトナムともそろそろお別れです。

ご機嫌な酔っ払いと花束

ベトナム人同僚の結婚披露宴に行って来ました。例によって、「モッ・ハイ・バー(1・2・3)ゾー!」の掛け声と共に、飲むわ、飲むわ。。

今回は体調もよかったせいか、45度のルアモイ(蒸留酒)をショットグラスで10数杯飲んだ割には、

● 泥酔 → 撃沈

することもなく、ご機嫌な千鳥足の酔っ払い、に変化。しかし、このように若干記憶が欠ける時が一番危ない私。一見、他人からは、見た目は酔ってるもののわりと普通に見えちゃったりするのですが、本人は

● 完全自動操縦

になっている場合が多々あり、要注意なのです。

この日、3月8日は「国際婦人の日」。何かにつけて女性に花を贈る(ことを強要される)機会のあるベトナムでも最大級の「義務」が男性に発生する日です。

道端には、にわか花売りが溢れかえり、花を吟味する男達の姿がなんとも微笑ましい光景を作り出しています。

ここは日本男児として、いや、

● 「銀座を歩く千鳥足のお父さん」代表として (ここはハノイですが)

このイベントに応えなくてはいけない、という強い使命感にかられ、バラ24本を中心とする巨大な花束をオーダー。

本日一番の大商いに花売りのお姉さん感激。(バラは高いので普通は1本ずつしか売れない)とっても真剣に大作の花束を作ってくれる田舎娘っ子の姿に胸をうたれ(まあ、酔っ払っているんで)

つい、「これで美味しいものでも食べてくれ」と大枚渡す。(どこの成金オヤジだ?)

外国人向けバーのなじみの24歳女子大生が花束を見てすごく大喜び。とりあえず、日本的酔っ払い冥利に尽きる晩でした。

翌日、財布から100ドル札が一枚減っていたので、遠い記憶で昨晩の会話を探ると、、

「今日は、携帯なんで持ってないの?」
「先週風邪引いて病院行ったんだけど、診察代が払えてなくて携帯をかわりにおいてきたの。。」
「・・・これで診察代払ってきなさい!(100ドル)」

楽しければ、何度でも騙されますよ、僕は!