「旦シャリ」カテゴリーアーカイブ

年末ブックオフ習慣

年末大掃除的な感じで3エコバッグ分ほどブックオフりました。ラッキーなことに年末買い取りキャンペーン中で、250円買い取りごとに50円サービス券が出るので、20%お得に処分できました。

処遇を迷っていたPS VITAも結局安値で手放すことに。手元には任天堂SwitchやPS4もあるし、ゲーマーの端くれではいたいけど、もう携帯ゲームをやるほどの情熱はないであろうという判断で。下段の米国で購入したPS4ソフトは全て売れず。(そりゃそうか)

2年前に購入したSwitchのオクトパストラベラーがいまでも4,000円で売れたのには驚きました。(よく出来たゲームでしたが、クリアまでは続けられず)

買い取り総額が15,000円で、2,500円もサービス券が出たのは嬉しかったです。直ぐに5,000円ほど新たに中古本を買って帰りましたが(主に長女が)・・1/1〜1/4まで待てば良かったかも、20%オフとなるセールが控えていたので。(買う前に教えて欲しい)

帰宅して足元の未読本タワーを数えると50冊あったので、これを減らしつつ補充しつつで。3冊読んで、2冊買うぐらいを目指し。

2020年は電子書籍Kindleから紙の本に回帰したので(→紙の本を買ってみる)、今後は年末ブックオフ習慣も必須です。

再びダイニングセットのある暮らし

日本帰国して1年ちょっと、和式な生活で踏ん張ってきたのですが流石にそろそろしんどくなったので再び洋式に。あ、トイレの話ではなくて居間の話。

ニトリで購入したダイニングテーブルとチェア、ベンチの組み合わせ。これで8万円程度ですからリーズナブル、なのかしら?

日本の家屋サイズに合わせテーブルの長辺は150cmで抑えたのですが、これ以上長いのを選ぶと納まり悪かったと思います。

いまだに米国生活でのウッド調のテーブルと、オレンジ皮っぽいチェアの組み合わせはお気に入りだったなぁ・・と思い出しますが、あれは過去の良い思い出として新たな家具との暮らしに向かえればと思います。

かれこれ15年近く前に大塚家具で買ったペアのテーブルのうちの1つを粗大ゴミで搬出。さらば久美子・・・(違うか)。

併せてこれまでお世話になってきた座椅子君達にも順番に卒業してもらっています。やはり現代の椅子生活に慣れた身としては地べたの暮らしはしんどい、という結論。

出た以上に大きな家具が入ってきたので断捨離と言えないかもしれないですが、これも必要な循環。

乾電池、もう使い捨てを買うのやめます

ふと、宣言します。
乾電池、もう使い捨てを買うのやめます。

ポチりして届いた充電池の山と充電器。

我が家ではキャンプや防災用の灯り以外で乾電池を使うものといえば次女のおもちゃ系。いつもアルカリ電池の買い置きがあって求められるたびに入れ替えてきたのですが、これからは充電池に変えていこうと思います。

単三を24本、単四を16本。
これぐらいあればとりあえずは足りるであろうか。

単三は2100mAhの赤と、3000mAhの青の二種類を買ってみました。どれぐらい容量が違うんだろうか?という興味で。充電も思ったよりスピーディーで嬉しい。

気になる使い捨てのアルカリ電池とのコスト比較ですが、10回も充電すればモトは取れるようです。10回も同じおもちゃで電池を交換した記憶は流石に無いのですが・・いずれモトは取れるでしょう、多分。

とりあえずは、乾電池で使えるキャンプ&非常用のLEDランタンをこれから心ゆくまで使うことでお得感を感じてみようっと。

乾電池がゴミにならないのは嬉しいです。(今ある使用中のアルカリ電池を全て使い切った後からですが)

さらば、青色のやつ〜Chase Sapphire Preferred 退会

先日我が家にChase Bankからペラッとお手紙が。「最近クレジットカード使ってないから限度額下げるね」という内容でした。

あ・・カードを解約するの忘れてた。

米国で発行したクレジットカードのうちアメックスの2枚は昨年末に解約手続きを完了していたのですが(→アメックスカードを退会)、Chase発行の2枚が残っていました。

もともと米国発行のクレジットカードも一枚は維持しておこうと思っていたので、一番長くお世話になってきたUnited Explorerを残し、Chase Sapphire Prefered、青色のやつを退会することに。(→青色のやつ

(このガッシリした質感とデザインは一番好きだったかも)

併せて銀行と残すクレジットカードの住所や電話番号もしっかりと日本のものに変更して、今後もカード更新時に日本まで送ってもらえることをカスタマーサービスに確認し一安心。

またユナイテッドで米国内を飛び回るような世界や生活が戻って来るのでしょうか。今のところは想像できませんけど。

BOOK OFFで売ってみた

年明けに、今年は→紙の本を買ってみる、というテーマを掲げてみました。面白かった本は職場で周囲に勧めてみたり、戻ってきた後は自分の本棚を少しずつ入れ替えても良いと思ったから。

そんな感じで本屋やAmazonで紙の本を買い始めたところ、やはり本棚スペースから本が溢れ出てくるので、久しぶりにBOOK OFFの買取に持ち込みをしてみました。

ビジネス書や小説、少し漫画などを合計して30冊。

買取カウンターでお渡しすると5分ほどで査定終了。今回は3,000円となりました。新刊のハードカバーなども含まれており、2万円ぐらいで買った本達が3,000円ですから15%ほど還元された計算。

さらに初めての買取持ち込みだったからか500円分のクーポンも出てきて、本日BOOK OFFで買った1,500円分の小説が1,000円で買えました。

より高く売るには・・新刊やゲームなどはメルカリで売った方が間違いなく高くなりそうですが、出品〜梱包〜発送の手間をかける気には今のところなれず、、経験としては一度はやってみてもいいかもなので・・ちょっと検討中です。。

(ゲームはメルカリの方が1,000円〜1,500円高く売れそう)

ここしばらく本はKindleで買うのが当たり前になっていましたが、紙の本を読んで、読み終わったら誰かに貸したり、本棚に入れたり(既にある本と入れ替え戦をしたり)、こうして古本屋に売ったり・・というのは、これはこれで面白いな、と。デジタルにはない味があります。