hiropon181 のすべての投稿

ビジネスマンは体調管理が命

常々、歯だけではなく体調管理が大事と思っています。

仕事もプライベートも、体調良くないと120%でコトに当たれません。


(兄弟はいませんが、団子)

統計的手法を持ち出すまでもなく、弱いのは季節の変わり目。

特に暑さがましてクーラーが導入される時期。

ヒューストンは早くも70度(華氏)を突破してクーラーが稼働を開始。

すると木曜夜あたりから体調に異変が起こり、金曜は微熱で仕事。

金曜夕方から本格的に発熱し、結局、土曜は終日グタリ、日曜午前にようやく復調。

なんとか月曜朝からは元気に仕事、火曜よりのNY出張につなげられました。

仕事は穴開けなかったけど、週末の家族予定をあやうくドタキャンするところに。

なんとかだましだましサンアントニオへのドライブ旅行は完遂出来ました。

(ヒューストンにいようがサンアントニオにいようが、体調悪いのは一緒)

具合悪いとビールも食事も美味しくないし。(幸いに体重は減るけど)

引き続き睡眠時間と体調の管理には良く注意を払っていきます。

肺の画像ではないですが

ふと思い立って自宅のセントラルヒーティングのフィルターを交換。

本当は3ヶ月毎を推奨されてますが、前回から5ヶ月弱経過、いかん、いかん。


(左使用後、右使用前)

お、お、お、随分と想定より汚れが。

これって室内での吸気側のフィルターなので、部屋の中の空気が汚れてたことに。

前回交換時は自分が単身の時だったので、人の出入りが最小単位。

これは家族到着後の5ヶ月なので、それは違いがあるはず。

今後は3ヶ月以内の交換を励行します。(交換用予備フィルターを納戸に在庫)

ホコリのせいで機械が壊れてはマズイし、何よりキレイな空気で暮らしたい。

しかし、同じことが汚い空気やタバコの煙でも起こると思うと怖いですね。

3ヶ月に1度、肺のフィルター交換できませんもの、まだ。

ちなみに僕のモツ経験の中では、まだ美味しいフワ(肺)には出会えてません。

だからなのか、イマイチ尊敬が足りていないかもしれません、肺という臓器に。

でも、我輩の肺が頑張ってくれていないと、一息つくことも出来ません。

感謝して呼吸しないと。

ロデオ

ヒューストンでは毎年3月、世界最大のロデオ大会が開催され

世界各地より100万人以上の観光客が訪れます。

人混みは嫌いですが、初観戦行ってきました。


(カウガール参上!)


(やっっぱり乗馬!注:ポニー)

NRGスタジアムの周りが移動遊園地含めてお祭り状態。

アリーナやセンターの中では家畜の展示会や品評会、出店多数。


(お、あの黒毛肉牛が美味そう、、とかなのかな)

肝心のロデオ観戦前に歩きまわりすぎて、既にヘトヘト。

とにかく会場が広いので、普段歩き慣れていない地元民には大変。


(ロデオ観戦のあとはメキシコの人気グループのコンサート)

指定席の位置がかなり遠目だったので、殆ど館内液晶パネルでの観戦。

子供達が羊にしがみついて走るミニロデオは笑えました。

でも大人のロデオはなぁ、、。

あの暴れ牛から落ちて、その勢いで踏まれたらと思うと見ていてゾッとしました。

西部の開拓時代の男に生まれなくて良かった。

シルクドソレイユAmaluna

人生初シルクドソレイユ観劇。

妻もママも幾つも別シリーズは観たようですが、初Amaluna。


(空港との往復時に気になっていたテント小屋)


(小屋の中は幻想的な舞台が広がる異世界)

鍛えぬかれた肉体と鍛錬がそろって、初めて可能な世界とは分かっていても、

まるで魔法でもかかっているかのように感じる不思議。

ミュージカルや演劇、ダンスの舞台とはまたひと味違う印象を受けました。

非日常な世界に接する時のココロがざわざわする感じ、いいです。

ミュージカルと同じように、少しずつ旅先や、回ってくる舞台を観てみたい。

そう思わせてくれたシルクドソレイユ初観劇でした。

最後の晩餐 in USA

数年後、もう米国から日本に帰任となった時に食べたい外食は何でしょう。

今のところ、自分はステーキを食べ納めしたいとは・・思わないなぁ。


(牛も良いけど、ラムチョップも美味)

NY出張では、翌週に日本に帰任する同期の送別会に二晩続けて参戦。

メンバーを替えての、二晩連続ステーキ、素敵。

確かに美味しいんですけどね。

でも、肉が続くと、決して肉食民族ではない自分の出自を感じます。

(曾祖父さんは漁師でした)


(二晩目のお店はサーロインが売りの模様)

最後の晩餐を選べるなら文句なく寿司、というのが持論でしたが・・

(2011年の記事→酢飯研究会発足)

結局、2014年4月の東京出発時の最後の晩餐はF料理長のフルコースを選択。

(→最後の晩餐@東京・・F料理長の料理が食べたいなぁ。。)

NYは確かに美味しい和食があるけど、日本に帰るのであればそれも違うし。

ましてそれがヒューストンからの帰任であれば、何を選ぶのだろう。

多分、中華かな。