hiropon181 のすべての投稿

アラチェラ

久しぶりのメキシコ出張は中央高原へ。

メキシコで登場する人気ステーキ肉といえばアラチェラ。


(アラチェラとは横隔膜、ハラミ肉のステーキです)

メキシコビールを、チェラーダといってライムと塩に合わせ飲む。

アラチェラを頬張り、テキーラを喉に流し込むとしみじみ美味しい。

ついつい二晩続けてのステーキとなってしまいました。

テキサスに戻ってもいくらでも肉は食べられるのですが。


(先週のニューヨークに続いてのプチ同期会)

今回の出張ではつくづくメキシコでビジネスすることの難しさを

体感する絶好の機会となり色々考えさせられました。

でもこうして違いを感じることは別に悪いことではなく、むしろ挑戦して

みたいと思えるうちはまだまだ大丈夫か。(心からうちのめされてないからか)

違う世界で奮闘する同期の姿にも勇気を頂きました。

Rと晩御飯食べるのは5年ぶり、確か前回は豪州メルボルンでした。

同じ独身寮で数年を過ごした我々の世界もずいぶん広がったものです。

そしてみんな40代突入。

カバンも5S

毎日の通勤カバン、知らず知らずのうちに不要なモノがあちこちに堆積して

重量が増してきます。(特に車通勤なので意識しづらい)

図解 ライフハッカー式整理のアイデア122: 賢い人はなぜいつも机がきれいなのか?/東洋経済新報社
¥1,000
Amazon.co.jp

わりに仕事机の上は綺麗な方ですが、まだまだ改善余地あり。

とりあえずはカバンを見直し。

小銭の硬貨や、ボールペンが何本も出てきたり、ひどい有様。


(小分けのビニール袋なども活用して整理整頓)

カバンにもきちんと5S適用です。

整理、整頓、清掃、清潔は良いとして、躾がどうやれば良いかわからないけど。

ライフハッカー式に従って、机周りでのプリントアウト書類も全て破棄。

データさえあれば何度でもプリントできるので。

次は名刺をデータ保存して現物を全部捨てる、ですかね。

3つ前の仕事の名刺もいまだに保存しているので、量が増えてます。

捨てるからこそ、新しいものを呼び込めるの精神で。

■ 175冊(2015年)

キャット

近所の小学校の学校祭に遊びに出かけたそうです。


(ん、猫!?)

子供達はフェイスペイントが大好き。

手軽に変身願望を満たせるからでしょうか。


(猫が馬に乗る図)


(買い物中も猫)


(疲れ果てた猫)

こういう画像を出張先でもらうだけで和んでしまいますニャー。

犬派ですけど。

ところで、女性同士の取っ組み合いの喧嘩はキャットファイトですが、

ドッグファイトは戦闘機同士の空中戦で、男性同士ではないんですよね。

不思議。

時給はいくら

久しぶりの藤原校長節。

本を読む人だけが手にするもの/日本実業出版社
¥1,512
Amazon.co.jp

以前から著作を読ませて頂いており、2012年には講演も聞かせて頂きました。

(→つなげる力)

曰く、現代は、本を読む習慣がある人とそれ以外の人に二分される階層社会だそうな。

読書をするだけで、ほぼ10人に1人の人材になれるというのは本当だろうか。

また、ビジネスパーソンは時給3,000円から5,000円に分布するらしい。

確かにそう言われて計算してみると、自分の場合はだいたい時給3,800円。。

人気の弁護士で3万円程度、マッキンゼーで8万円ぐらいだということなので

自分は相対的に低いゾーンにいることがよく分かります。

しかし、今から焦ってもどうもならないので、出来ることからコツコツと。

本を読むことで何か変わるのならもうけもの。


(うちの次女もなかなか歩き出さないけど、少しずつ)

■ 174冊(2015年)

ストリップ小屋@NY

ニューヨークでの土曜日の夕べ。

五番街をこえ、上司が迷いなく足を向けたのは「Strip House」。

・・おかしいな、晩御飯のはずだったのだけどその前に一杯やるのかしら、

ストリップ小屋で。。。


(きらめくネオン・・)


(と思ったら普通にラグジュアリーなレストラン)

どうやら、ストリップとは、ストリップロイン(サーロイン)のことでした。

これまた、ストリップ小屋とは・・大いに勘違い!

つい数秒までストリップ小屋に一緒に入るつもりだったとはお首にも出さず。

さすがいい店ですね、、、と落ちついた風で動揺を隠す私。(あー、驚いた)


(ポーターハウスとリブアイを切り分けてもらいました)

グラスワインがいいお値段なので、ボトルにしようとするものの、

一番安いカベルネの赤が65ドル、次が95ドルぐらいで、基本は三桁から。

やむをえず最安値のナパの65ドルを頼んでみたところ、ソムリエ氏からは

それより絶対良いからとサンテミリオン75ドルのカウンター提案。(確かに◯)


(綺麗な切り分け技術ですなぁ)

反時計周りに、フィレ、サーロイン、リブアイ(脂少なめ)、リブアイ(脂max)。

やはりサッパリとした方から順に頂きました。

前菜1品サラダ1品、ステーキ2品の付け合わせ2品を3人でシェアのエコ布陣ですが

すっかりお腹一杯になって、お一人様150ドルはやはりマンハッタン価格。

せっかく日本から米国出張ともなれば、お付き合いするしかありません。

僕自身は全くニューヨークで肉食べる理由はありませんが。

クリスマスに向け早くも装飾が施されたショーウインドゥを眺めながら

いよいよ家族で迎える2回目の年末に思いを馳せるのでした。