hiropon181 のすべての投稿

トランプ大統領の米国で暮らす

来年1月よりトランプ新大統領が率いる偉大な米国で暮らすことになりました。果たして僕らの生活はどうなるのでしょうか。俄かに自分が映画の中の登場人物(ただし右往左往する群衆の一人)となったような気がします。

img_0313

歴史的瞬間に立ち会いたいとの思いで選挙日は深夜1時ぐらいまで起きてましたが耐えきれず寝てしまい、朝、目が覚めたらトランプ大統領が誕生しておりました。

これまで米国のマスコミも、日本のマスコミも、散々ヒラリー有利と書いてきた訳で、さらにCNNやFOXなど大手メディアも当日のギリギリまで、いやいやまだまだ分からない・・と報道しており、大接戦であったのは事実ながらも、米国民の半分ぐらいの強い思いをマスコミは全く正確には汲みきれていなかったと思います。(あるいは世論を操作しようとしていたのか)

中間層以下の白人、40歳以上の男性、このあたりが密かに一丸となり本気でトランプ大統領を誕生させたのでしょうか。公正に選挙で選ばれたのですから文句もいえません。自分は一時的にVISAを取得して米国で働いて納税している身分で選挙権を持つ市民でもないですから。

世紀の逆転劇に世界から歓声と絶句、ということですが、早速米国では反対の輪が広がっているそうです。どちらが当選しても半分ちかくは不満があったのですからやむをえないですね。但し、先日の英国の EU離脱といい、なんとなくの予兆はあった気がします。本当に大統領の資質を問うているのであればここまでトランプが残らないはずですし。品が良かったとは言えませんが毒舌本音発信は考え抜かれたマーケティングの結果かもしれません。

上院下院共に共和党が過半数を握り(新大統領が共和党とうまくやるかは不明ながら)、理屈的には思うがままに舵を切れるトランプ大統領はどのようなリーダーシップを発揮するのか。僕自身と一部の人が期待するように意外と常識的な政権運営となるのか、それともこれまでのパフォーマンスそのままに常識外の世界へかっ飛ばしていくのか。

果たして何が起きるのか、米国の歴史の重要な1ページとなるかもしれない時期を、まさかの米国で過ごせることに少し興奮しています。(不謹慎でしたらすみません。。)日本において日米安保の問題が深く議論される可能性があるのは少しだけ好材料。あとは円高のうちにドルを買うかどうかですかね。。

ヒューストンの地中海食材スーパー〜Phoenicia

妻からの買い物ミッション。美味しいホムスとピタパンを手土産に持ちたいのでWestheimer沿いの地中海食材店で買ってきてと。

ホムスというのは僕も好きなひよこ豆のディップ。フムスとも書けるけど実際の発音は中間ぐらいかな。ギリシャ料理や中近東の料理で最初によく出てきます。

地中海食材ってあまり考えたことないなぁ、面白そう!ということで次女を連れて出かけてきました。

img_0263

■ Phoenicia 12141 Westheimer Rd.

んー、フォエニシア?? (帰宅して読み方を調べたらフェニキアでした!学がなくて恥ずかしい、現在のレバノン領あたり。紀元前に地中海の海上貿易で栄えたけどローマに滅ぼされたって世界史で勉強しましたわ、そういえば。)

img_0262

(半分は倉庫もかねた店構え、いい雰囲気です)

img_0255

精肉コーナーには当然のようにハラール処理された羊肉が売っていました。地中海の対岸は中近東諸国で沢山のイスラム教徒が暮らしておりますので当然ですね。

img_0259

なんと、店内にベルトコンベアで焼きたてのパンが降りてくる仕組みが。おめあての中近東地域で人気のピタパンのみならず、イランやイラク、シリアなど各国仕様のパンや、ナンっぽいものまで沢山の種類が。(そしてめちゃくちゃ安い)

img_0260

こちらがホムス、横には焼きナスとゴマで作ったディップ、ババガヌーシュ?も。レバノン料理での定番です。こちらも懐かしくて買ってみました。

僕のつたない中近東経験は、まだ20代の社会人3〜4年目の頃にヨルダン&イラクに1ヶ月程度の出張を3回したこと。のべ100日以上を彼の地で過ごしたことはいまや遠い思い出ですが、様々なことがあり時々思い出します。その時のご馳走がレバニーズことレバノン料理。毎度ホムスとババガヌーシュをパンにつけ食べるうちにそれだけでお腹いっぱいになってました。

img_0261

ワインコーナーも一味違うのは、ギリシャの棚の後ろに広がるのがレバノンとかトルコという産地なこと。

これまで米系食材店以外では、日系(Seiwa)、韓国系(H mart)、中国系(Ranch market、JUSGO等)が手持ちの札でしたが、新たな一枚が加わりました。地中海料理や中近東料理に挑戦してみるのも面白そうです。

また家族と探検に出かけたいと思います。

ヒューストンでラーメン〜Ramen Bar Ichi オープン

週末、Seiwaで食材補充をした際に店内で会った同僚の皆さまから、隣にオープンしたラーメン屋が美味しかった!との速報が。

普段ラーメン愛に溢れている訳ではないのですが、時々豚骨ラーメンだけは無性に食べたくなりNYやLAへの出張時に機会あれば食べています。

→NYで豚骨ラーメン〜一風堂
→LAラーメン戦争〜博多一幸舎

翌日の日曜に家族を連れて早速行ってみました。

img_0264

■ Ramen Bar Ichi (→公式HPメニューあり)(→Yelp HP

まだソフトオープンでランチ営業のみのところにお客さんが押し寄せているのでサービスがどうしてももたつくのは今後どんどん改善していくと期待して、驚いたのは料理のクオリティ。

img_0276

とんこつラーメンも・・

img_0274

つけめんも・・

img_0277

ブラックフライドライスまでも・・

どの一品も期待以上の味でした。美味しい! そしてラーメンもつけ麺の汁もどちらもしっかり熱い!(僕の中ではここ重要)

すりおろしたゴマやチリオイル、ライムなんかをアクセントとして勧められたり、よくラーメン好きな方が研究されたうえで開店された印象。(多分様々な成功方程式があるのでしょうが)

img_0275

鳥唐揚げやサラダなんかも良い仕上がりですし、きゅうりが浅漬けになっているところや、この手作りっぽいドレッシングも印象◎。

店内のディスプレイの感じですと、夜も通常営業するようになればお酒、それも日本酒も出してくれるのでは?と思われ、軽く居酒屋的にも利用することが可能になりそうです。いやん素敵。待ち遠しいです。

img_0278

(子供達も喜んで食べてました、妻は忙しくて落ち着いて食べれなかったようで申し訳なし。。。)

これはSeiwaとの相乗効果も期待できますね。ラーメン x 買い物。

妻曰く、知り合いに会いすぎて気が抜けない場所になりそうだ・・ということですが。新たなヒューストンの人気スポットに成長しそうです。

いっそのこと、このモールにどんどん日系の食べ物屋さんが集まれば良いのに。。(次は回転寿司とかこないかな・・・)

朝活ゴルフ

普通は朝活というと平日仕事前の朝時間の活用をさすようですが、今回のテーマは週末午前中の効率的運用という意味での朝活ゴルフ。

妻子の夏休み帰省時(日本語留学)の2ヶ月間で13ラウンドほど集中して打ち込む機会がありました。(→100を切りたくて・・2016夏ツアー)今年の夏はベスト更新も果たし充実した取り組みとなりました。

ところが、その後はペースを落としコンペや送別などの機会があればクラブを振ってましたが、少々間があいたためか、1度も100を切れず、あげくに110を2度も叩いてしまう残念な6連戦。(→最近の100を斬れない男

このままでは来年夏までズルズル退化した上で、再びリハビリからの再始動となり効率悪いことこのうえなし。何とかしなくてはいけないな・・・と考えておりました。

やはり夏以外の時期も、天候とスケジュールが許す限り、2週間に1回、月に2回程度のペースでクラブを握らなくては、少々の向上どころか、最低限の実力維持もままならないのでは、と。(すみません、練習もいってません)

妻に月2回のラウンド許可を改めて求めたところ、基本は午前ラウンド、そして昼までには帰宅せよという条件付きの承認が。

img_9708

(週末は娘達が待っているから早く戻らないと)

丁度この週末でサマータイムも終わりましたので、7時台前半にスタートして4時間で回れば何とか12時前後には帰宅が可能。(普通は車で30分程度のゴルフ場でプレイするのが殆どなので)

ということで1ヶ月ぶりの練習ラウンドを自ら設定して後輩を誘って7時6分スタート@CINCO RANCH。

img_0270

久しぶりに気合を入れて臨んだ結果は・・・

■ 98 = 49 + 49 (パット34)

難敵のCINCOで7戦ぶりに100を切ることが出来てホッと一息。

100の壁を少しこえたとしても、95、90、85・・・とまだまだ次の異なる壁があると、現在80の壁に挑む上級者のパパ(義父)からのアドバイス。まだまだ駆け出しですからね。

妻もとうとう練習を始動したことですし(→妻の初めてゴルフセット) 近い将来の、夫婦ゴルフデビューに向け研鑽を積みたいと思います。(まずは12月にパパママとの初3人ラウンド実施も楽しみ)

 

■ 米国通算ラウンド72回、ベスト91、平均109.08

キング・オブ・ポップを偲ぶ〜Thriller Live in London

キング・オブ・ポップとは、マイケルジャクソン本人に対する敬称であり、彼の2008年発売のベストアルバムのタイトル。

372

先日ロンドンを訪問した際、到着日が日曜午後だったこともあり夜は一人でどう過ごそうかな・・・と出発前日にパラパラと観光案内サイトなどを眺めた上で直前にThriller Liveのチケットを購入。

Thriller Liveはジャクソン5時代とその後のソロ時代のマイケルジャクソンの楽曲を使い2時間半のパフォーマンスに仕上げたショー。ロンドンに出かけて米国発祥の稀代のエンターテイナーのショーを見にいくのも面白いかなぁと行ってきました。

img_9953

場所はミュージカル劇場が密集するピカデリーサーカス地帯。

img_9958

席の場所はラストミニッツ買いなので良くはなかったですが、50ポンド弱(6千円弱)だったので文句は言えませんね。ボックスオフィス受け取りにしておいて問題なく拾えました。

次から次へと繰り出される曲のどれもが耳になじみのあるヒット曲ですので息つく暇もないほどの2時間半。ボーカル班、ダンサー班が何名ものメンバーで構成されており、どんどん衣装やステージも変わりながらスピード感がありました。

しかし、一人で歌もダンスも全て超一流のレベルだったマイケルとは本当に凄い存在だったのだなぁと実感します。ステージでは見た目がマイケルにかなり似た白塗りの人が出てきますが、ダンスはうまいけど、本気で歌がやばくて違う意味で笑えるので注目です。

恒例の南ちゃんを探せ・・でなはくて、未来のスターを探せ、ですが、ボーカル班の中ではアジア系のAlex Koがダントツの迫力。ダンサー班の中では、男性ではLeslie Bowman、女性ではAlishia Marie Blakeが光っていました。

ミュージカル観劇ほどは↑なかったですが、時差の眠気が飛ぶほどには興奮のエンターテイメントでした。マイケルジャクソン好きにはオススメです。

img_0160

そういえば、先日のヒューストン動物園でのハロウィンイベントでも昨年同様にスリラーの振り付け講習がありましたし、米国ではこのダンスは盆踊りなみの認知度なのかもしれないと思いました。

img_0166

(ノリノリの妻)