hiropon181 のすべての投稿

二つのアメリカンドリーム〜フィラデルフィア

週末の前入りだったので、翌日曜は少し遅めに起き出した後、近所を散策し水などを調達。その日のフィラデルフィア観光作戦をコーヒーを飲みながら練りました。

結局、昼はご当地名物のチーズステーキを食べた後に数ある博物館・美術館の中から、アメリカ革命記念館を選択。

(入場料は大人21ドル)

追加料金を払ってのオーディオツアーを勧められましたが、今回は自力でやってみることにしました。さて、アメリカの建国の歴史を独習タイム。

ちょうど合衆国建国の父の一人、アレクサンダー・ハミルトンの特集展示が一階に。ミュージカルのハミルトンが未だに人気が衰えないので我が家では注目の歴史上の偉人。

日本語と英語のWikiを活用しながら、展示の説明だけではわからない部分を補足しつつ、うろ覚えなアメリカ建国史への彼の関わりを学びました。

しかし、明治維新で活躍したご歴々もそうですが、こうした時代が大きく動く時に名前を残した方達は軍人からはじまり、政治家であり外交官であり、思想家で政治学者・・と一人何役もこなしておりますよね。ハミルトンも凄い。

不遇な晩年を迎え、決闘のすえに亡くなるというドラマチックな人生ながら、落ちぶれた貧乏貴族の私生児として生まれたという出自を考えると、その才覚を持って見事に歴史の舞台に躍り出た勇姿はアメリカンドリームの原点と言えるのではと。

その後、上の階の常設展示やショートムービー、ワシントンのテントなどをじっくりと眺め、外の独立記念館や公園へ。

続いて市内北西の大通りまでウーバーで移動して散歩開始。目的はこの先に建つ美術館。

各国の国旗がはためく中で、日本国旗は・・ひっかかっとる。。なんとか引っ掛かりを外したいと思ったのですが、旗に向かって石を投げるわけにもいかないしな。

お、目的地が見えてきました、こんな感じだったっけ。記憶もおぼろげなので久しぶりに観返さないと、あの名作・・・

そう、こちら、ロッキー・バルボア氏の銅像、ニックネームはイタリアの種馬。建国200周年を祝う世界ヘビー級タイトルマッチの対戦相手として抜擢された無名の三流ボクサー(当時)。

世界各地の観光客と一緒に駆け上ってきましたあの階段。

これも間違いなくアメリカンドリーム。(ロッキーにとっても、ロッキー役の主演・脚本のシルベスター・スタローンにも・・)

どちらももはや歴史の中の出来事だなと思いつつ、フィラデルフィアで米国を感じた一瞬でした。それにしても、博物館やロッキーの聖地を一緒に見に行こうと誘ったのですが、若手からは軽く却下。時代が違うということか。

ヒルトン離れ〜Penn’s View Hotel Philadephia

この4年ほどヒルトングループのホテルを中心に泊まってきましたが、今年は機会があれば他のホテルも試してみようかと。。

・・・ヒルトン系でホテルを選んでくれという僕の意見が却下された結果の後付け企画ですけど。

第一弾はフィラデルフィアの旧市街にあるPenn’s View Hotel。

■ Penn’s View Hotel (→公式HP

デラウェア川に面した抜群の好立地のブティックホテルは1828年に建てられた歴史的な建造物を利用した由緒正しい佇まい。もともとは倉庫街の一角だった模様。港湾エリアを利用した再開発地域って、どこの街でも独特な雰囲気がありますよね。

久しぶりにリアルな鍵があるホテルに泊まりました。同じ鍵で上も下も開ける仕組みが最初わからず、あやうくフロントに戻りそうに。。。

部屋の雰囲気もいい感じでした。テレビなんかも落ち着いた家具に収められているし。ベッドのマットレスの質感もいつものヒルトン系よりしっとり系で快眠を誘います。

徒歩圏内にご機嫌なBARが幾つかあるので出かけましたが、もっと早い時間であればホテルのWINE BARも試してみたかったな。

(ご当地もののチーズステーキは試しました)

観光客もいない寒い1月はホテルも激安なので、普段泊まれないところに泊まるチャンス。

米国の都市人口の順位対決〜 vs フィラデルフィア

ヒューストンに暮らしていると、時々、少々のプライドを込めて口をついて出るのが「一応、米国でも第四の都市ですから・・」という言葉。

ほとんど市内中心部に出かけない田舎者が何を言うか・・という感じではありますが。市内人口で数えると、ニューヨーク、ロスアンゼルス、シカゴに続く全米第4位が我らヒューストン(のはず)。

ところが、これが都市圏人口で数えるとダラスやフィラデルフィアに負け6位に後退。さらに広域都市圏でみると10位までヒューストンが後退してしまうので注意が必要でもあります。(人は自分に都合の良い統計データを利用します)

そんな文脈でつい無意識にライバル視してしまうのが、ペンシルバニア州の都市フィラデルフィア。そんなフィラデルフィアに初潜入して参りました。

(世界遺産の独立記念館)

1776年に13州の代表者が集まって署名したのが、アメリカ独立宣言。なんかヒューストンではあまり嗅ぐことの出来ない歴史の香りがします。

たまたま時間が少し出来たので独立関連の展示がある博物館を見て回り市内を散策させて頂きました。外気温は氷点下ゆえ寒かったですが。

有名な自由な鐘ことリバティ・ベル。19世紀にひび割れが広がってしまい現在はその音を聞くことが出来ないのは残念ですが、どんな音がアメリカの建国の歴史の節目と共に鳴り響いたのであろうかと考えるだけで少々ワクワクします。

はっ・・・ひそかにヒューストンのポジショントークをするつもりが、すっかり初回から負けてました。確実に勝っているのは・・気温かな?

ユナイテッドの奴隷〜再びマイレージ収集開始

2019年は年初より再びユナイテッドの奴隷としてコツコツとマイレージ収集に励みたいと思います。

年明けから即シルバーに降格だと思ったのですが、どうやらプラチナ会員のステータスは1月末迄は有効の模様。国内線でエコノミープラスに座る事が出来るのもあとわずか。

使えるうちに・・と、国内線のアップグレード権利の2回も今回の出張で使ってみました。搭乗早々に白ワインとかお隣の方が飲むのでついつられてオーダー。(この日は週末の移動日でした)

ユナイテッドの残マイレージですが、先日3月の旅行に一部拠出したので現在手元には65,000マイルが残るのみ。このAward Mileをどこまで再び積み上げることが出来るかを2019年はささやかな目標にして活動していきたいと思います。

やはりユナイテッドのクレジットカードを利用したショッピングで貯めるのが一番早いかな。あとは・・(新規作戦を一つ開始)

ホテルの方はヒルトンオナーズの残ポイントが24万ポイント残っておりますので3〜4泊は家族利用に回せそう。こちらはもう特段力を入れずに自然体でいければと思います。むしろヒルトン以外のホテルにも少し泊まって見聞を広めてみようかと。

アメックスで作成したヒルトンオナーズ会員向けカードは2年目に突入する前には解約しよう。。入会特典のポイント相当分はしっかり昨年のサンクスギビング休暇のプチロードトリップで使わせて頂きました。(→10万ポイントゲット

シャコとエビ食べ比べ

中華系の食材店ランチマーケットで冷凍のシャコが安くなっていたので初めて買ってみました。

英語名はマンティスシュリンプなんですね・・・マンティスってカマキリ、ちょっと名前が怖い。いつもの養殖エビも買って、塩茹で大会。(釜茹で地獄)

冷凍シャコ御一行。

こちらは養殖エビ御一行。

塩茹での塩分濃度は2%ぐらいで。ネットで眺めていると3〜4%というのもありましたが、それって相当な塩の量だなぁと思い少し加減しました。

ドドン。

娘達が面白がって自分達で殻を向いて食べていきます。(シャコは棘が危ないので僕がハサミで整えてから)肝心のシャコは冷凍品だったからか少々身がパサついており、旨味もどこかに逃げ出している感じでした。

最後に美味しい茹でたてのシャコを食べたのは・・北海道の友人宅を訪れた2011年かも。。(→シャコの食し方)また食べたいものです。

本日は妻も娘達もエビの方が美味しい!(そして食べやすい)と完全にシャコが負けましたが、次回は美味しいシャコを調達して再戦させてみたいと思います。なんといっても甲殻類最強の呼び声高い方ですからね。

甲殻類ラブが止まりません。(主に食べる方向で)