鉄分

昨年末にあきさん(仮名)と練習を開始、登録の許可、つまり正式にカップルとなってから、2009年の練習が30回をこえました スマイル

週3回の練習ペースを維持しつつ、コツコツやっています。なかなかうまくならない僕に、あきさんは時々イライラしながらも、、よく付き合って頂いています。

ホント、左のボディが落ちるんだよねぇ・・とか、右の股関節がイマイチなのよねえ・・とか、ブツブツ言いながら僕のカラダをあっちこっち彼女が引っ張って矯正する練習の日々。

多分、僕よりも僕の筋肉の弱点や癖、股関節の動きを熟知しています。(そのうち秘孔を突かれるかもしれません・・)

そんな彼女の悩みは、慢性の貧血。

話を聞いているだけでも辛そうで、なんとか助けてあげればいいなぁと思います。貧血対策といえば、やはり鉄分補給。

吸収されやすいヘム鉄は、レバーや魚、肉、卵黄などの動物性食品に豊富だとか。さらに動物性タンパク質と一緒に摂取するのが鉄分の吸収を助ける、、か。

しかし、あきさんはといえば・・・肉、魚が嫌いらしい。。(ついでにお酒も嫌い) どうしたものか。

彼女が、僕の股関節をわがことのように考えている訳ですから、僕も、彼女の鉄分についてわがことのように考えなくては。

早速、アクション(メール送信)をとってみました。

件名:今晩から
本文:毎晩、レバ刺しで

返信:無理

・・・駄目か。(そりゃそうですね)

ちょっと作戦を練りたいと思います。(スイーツに鉄分を仕込んでプレゼントするとか。。)

 

「鉄分」への5件のフィードバック

  1. 貧血はかなりひどいです。年々マシになっているのですが、学生のころは何度か気絶したこともあります。
    てっとり早くサプリメントで補給が良いと思いますよ。根本的解決にはならないですが、電車の中で気絶して死にかけたのでそんなこと言う前にとりあえず・・・のサプリメントが効きました。

  2. わたしもレバ刺しは、無理ですが、むかし祖母が鳥の肝をしょうがをたっぷり入れて、しょうゆ、砂糖で、濃い甘辛で佃煮のように煮詰めてくれたのは、おいしく食べました。

  3. 何度か気絶とは激しいですね!サプリメントで補給が手早くとも、根本的な解決にはならないということなら、やっぱり食生活改善が必要なんでしょうかね~。

  4. それは美味しそうですね~。子供の頃はレバーは相当嫌いだったのですが、大人になったら美味しいレバーもあることを学びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です