まるで天界のひと時 (ウィンザーホテル洞爺)

引き続いてウィンザーホテル洞爺のひと時のご報告。夕食は若干の予算的制約もあり、気楽にホテルのダイニングにて。

ラムチョップ

~秋のディナーコース~ (@8800円+)

ハムとウサギ肉のゼリー寄せ季節野菜のクルディテ添え

北海道産スィートコーンのカプチーノ

根室産カスベのムニエル グリビッシュソース

骨付き仔羊のグリエ グリーンオリーブのタプナード添え

オテル ド カイザーの天然酵母パン 各種 (←パンがとても美味しい!)

本日各種チーズの一皿

ギリガンズアイランド シェフパティシェ特製デセール

ブレンドコーヒー、紅茶

おそらく、このコースがこのホテルでもっともリーズナブルな夕食の選択肢。レストランは8店舗ほどありますが、三ツ星のミシェル・ブラスやあらし山吉兆など、おひとり様2~3万円以上の名だたる高級店ばかり。(恐るべしウィンザー・・・)

それでも、今日の料理は十二分に美味しくて母も喜んでくれました。生ビールが1杯1100円というのも素敵です。

夜の時間

食後は素晴らしい黒人シンガーの歌声を楽しみながらホテルのメインカフェで家族まったり。昼間のハープ、フルートとピアノのアンサンブルといい、相当なレベルの奏者を揃えてます。そんな生演奏をじっくり楽しめるのもお値段のうち。

朝食

朝ご飯は地元の新鮮な野菜が美味しい! あとは立派なタラコもプリン体大好き人間としてはポイント高いです。そして何といっても素晴らしいのが周辺の景色。

ウィンザーホテル

湖側から日が昇り、海側に日が沈む。正面はレイクビュー、振りかえればオーシャンビューの贅沢。

函館方向

海側の先は函館方向です。すぐに、あの海の中には戸井のマグロに大間のマグロ・・・と考えてしまう食いしん坊です。

下界へ

まさに、ゴンドラに乗って下界へ降りる気分。丸1日の短い時間ではありましたが、満足な天界でのひと時を堪能。すっかり味をしめた母が、絶対また来ようねと張り切っています。

来て良かったです。

次回は最低2泊はして、三つ星のフレンチのお店にもいかないといけませんな~。何年か後に是非実行しよう!と約束。気になる今回の天界滞在のお値段は・・・3人で17万円(1泊2食 母エステ付)。

これを2泊(5食含む三つ星)したら、、40万円ぐらいかなぁ、少なくとも。(・・・稼ぎ頭としては、下界でしっかり働いて貯めないと)でも、月並みですが、家族と過ごす時間はプライスレス。上質なサービスを受けるのって、とても良い経験。

たまーに、こんな楽しみがあれば働くのも苦じゃないですよね (いつもの自己暗示)(・・・某クレジットカード会社から報奨金出ないかな? 今日のブログ。まるで広告。)

「まるで天界のひと時 (ウィンザーホテル洞爺)」への4件のフィードバック

  1. 8800円というお値段も相当かと・・・!
    でも美味しそうですね~
    ウサギ肉なんて食べたことがありません。
    親孝行な息子さんをもって
    お母様も幸せですね!

  2. 全ての物価が高くて、違う国に迷い込んだかと思いましたよ~。下界に戻ったら財布の中の円の強さがもどりましたけど。。でも、一見の価値ありです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です