アスタ・ラ・ビスタ、セニョリータ

エヴァと6年ぶりに再会、それも東京で。

IMG_9320.JPG

(ナイスガイな年下の彼氏ととっても幸せそう)

彼女との出会いは1998年2月ニュージーランドの語学学校のクラスメイトとして。大学卒業前に2カ月ニュージーに遊びに行った時のこと。

次の再会は、2004年、彼女が住むスペイン・バルセロナに出張で訪れたさい。なんと実家にまでお邪魔して、お母さんお手製のパエリアをご馳走になりました。

「うちの娘もいろんな国の男の子を連れてきたけど、日本人はあなたが初めてよ」

と身振り手振りでお母さんが伝えてきたのを今でも思い出します。(その記録は今も破られてないそうで) あとはワインで酔ったお父さんが「日本は韓国と地続き」という主張をまげられなかったこと。(確かに欧州中心の世界地図では、日本は極東のはじにビヨーーンと伸びているのです)

IMG_9318.JPG

同じく語学学校仲間だったKENZOが立ち飲み屋→サイゼリヤと渋谷界隈を案内するとこに合流。妻を皆に紹介することが出来ました。(スペイン語をカタコトしゃべっていて驚きました)

エヴァの彼が流暢な英語を操るので「さすが、ヨーロッパの人は英語が達者だよね」と返したところ、・・・彼は英国人でした(恥)

今、エヴァは彼が働く香港とスペインの間を往復して仕事する国際的な生活だとか。・・出会ったときは、彼女も僕もカタコト英語だったんですよね(それでも仲良くなれたのですが)

「HIRO ! Finally I got a life to use ENGLISH !!」

ハタチの陽気なスペイン娘も、すっかり素敵な女性に成長しておりました。縁あって親しくなった世界に散らばる友人との関係継続も宝物だなぁと再実感。

まずは、Facebook に登録しなさい、と彼女に強く勧められました。遅ればせながらですが、やってみようっと。

「アスタ・ラ・ビスタ、セニョリータ」への2件のフィードバック

  1. 登録すると、もれなくバイアグラやいろんなDMがアメリカから1日100通以上送られてきますよ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です