人生を面白くする本物の教養

ライフネットの出口会長の新書、売れているみたいです。

自分は勿論、教養のある人になりたい願望は多くの人にあるのでしょう。

人生を面白くする 本物の教養 (幻冬舎新書)/幻冬舎
¥864
Amazon.co.jp

仕事や読書、歴史など、どの著作も一貫した信念が感じられます。

数年前に講演でお話を伺って以来、すっかりライフネットのファンですし。

(定期生命保険も勿論入ってますし、ついには株も買ってしまいました)

やはり、自分の頭で考えられること、そして自ら行動すること、というのは

自分の人生の重要なテーマだなと考えさせられます。

考えるためにはある程度の知識が材料として必要。(浅いだけではなく相応の深さも)

日本の企業幹部は世界比較で圧倒的に低学歴、低教養とバッサリ。

さっぱり、タテとヨコの広がり、深さが足りない自分の40年を省みつつ、

まだまだ35年ぐらいある日々を充実させるための手を打ちたいな、と。

足元含めて、幾つか取り組みのヒントを頂きました。


(黙想中のうちの地蔵)

最終的には、衣食住に困らない程度に稼げて、大事な家族と、何でも語り合える

友人が何人かいれば、人生は素晴らしいといえる、という見解にも激しく同意。

教養とはツール、人生を面白くするためのツールだという出口節を胸に刻みつけ、

まずは、そこそこの教養人を目指して、リテラシーを強化したいと思います。

■ 169冊(2015年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です