生活防衛資金

先日、FPが主宰する「ライフデザイン」セミナーを受講しつつ、家計を分析。分析・・といっても今のところ変数が自分1人なんで考えるのも極めて簡単です。。

講師の方曰く、やはり生活費12か月分をいつでも現金化できる状態でもつべきである、と。生活防衛資金、、なんて呼ぶとものものしいですが、、確かにその通りかもしれません。

普通預金が常時100万円を切った状態でキャーキャー言っておりますが、これではダメ。不測の事態でクビになり定期収入が途絶えたら、すぐに路頭に迷うことになります。

現金なければオレオレ詐欺に引っ掛からなくていいのねん!なんて桃鉄の貧乏神並の言い訳無用。住宅ローン払いつつ生きていける12か月分の費用を優先確保したいと思います。

投資資産の積極的なリバランスは、余裕資金が確保できてからで。。しかし、燦々たる塩漬けの状況・・・それでもコツコツ積立は継続しますが。

<前回は08年12月の確認>

■ 日本株
購入価格 380万 → 現在の時価 220万円(▲160万)

■ 投資信託(国内債券、海外株式、海外債券)
購入価格 150万 → 130万(▲20万)

■ 外貨預金(ドル)
1万5千ドルの取得時換算レートは115円!現在98円 → 147万(▲26万)

まとめると・・

取得時 703万 → 現在時価 497万 (▲206万・・・号泣

少しは回復したけど、それにしても運用損が大きい。。ライフデザインとは経済的に健康であること、、講師の方の言葉が耳に残りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です