ヒューストンで火鍋〜Little Sheep Mongolian Hot Pot(小肥羊)

ここ2回連続でヒューストンにて火鍋を食べに行く機会があったのでブログにもメモ。暫く行ってませんでしたが、やっぱり美味しいですね、小肥羊(シャオフェイヤン)。

(スタート時は辛いスープも比較的マイルドな色合い)

■ Little Sheep Mongolian Hot Pot(→公式HP

小肥羊はフランチャイズも含めると中国で700店舗以上を構える火鍋の最大チェーンで、日本や米国、カナダなど海外にも進出中。創業は1999年とわりと最近にも関わらず、内モンゴル地区の1号店からはじまり2003年には700店舗に達したというのですから仰天のサクセスストーリーです。米国テキサスには5店舗あり、うち2店舗はヒューストンに。(ベルレアとウエストハイマー沿い)

僕は2005年に中国・上海に出張していた際に小肥羊に出会い、その頃に進出したばかりの東京の店舗でも何度か食べてファンになりましたが(ラム好きな道産子なので)、最近はしばらくこの味から遠ざかってました。

(基本はラム薄切り、たまに牛肉、豚肉も混ぜつつ)

(煮込まれ続けるとまるで地獄の釜のように)

辛いものには決して強くなくすぐにお腹を壊しますが、やはり辛くなおスープ(白湯)よりも辛いスープ(麻辣)が好きです。(タイ料理も好き、体質不相応に・・)

今回の大発見は〆のエッグヌードル(油そばのような感じで来ます)。このヌードルにしっかり味の染み込んだスープをかけて頂くと見事なつけ麺に(隣の中国人らしい家族連れがそうやって食べていたので直ぐに採用)。激ウマすぎて糖質制限的にはかなり危険。

辛くないスープ側だったら娘達も食べることが出来るでしょうか、、今度家族で行ってみようかな。。(でも、あの店内に立ち昇るスパイスの匂いだけでダメかなぁ?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です