魚卵工房〜実家メシ

実家に帰省した時の楽しみが近所の魚屋での宝物探し。

地産地消を心がけてそうな、チェーンではなく綺麗でもない地元スーパーなんですが、玉石混交な品揃えがドンキ的で面白い。

こういう感じの陳列です。

悲しくなるぐらいホッケやカレイが安く売られていたりします。時期の生筋子も、最も新鮮な淡いオレンジが100グラム950円ですが、だんだんと黒ずむほどに安くなっていったり。

魚卵好きの血が騒ぎまして生筋子をお買い上げ。閉店間際で安くなっていたものを、100グラム500円で購入。

全部で500グラムぐらいあったものを醤油漬けにして、早速翌朝に頂きました。あ〜、シアワセ。

もう少し生筋子を買い足して母に醤油漬けにしてもらおうかな・・と思っていたところ、珍しい魚卵を発見。

カジカの子、です。

サイズ的には鮭の子であるいくらと、とびっ子の中間サイズぐらいのミディアム系。カジカの種類によってはもっと小さい卵もあるようですので、これは大きいからトウベツカジカの子かな。

味自体はかなりあっさり目、脂肪分が少ないのか。500グラムで1,000円ほどだったので、なんと100グラム200円の激安魚卵。

一瞬で魚卵工房と化す、愛すべき実家メシです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。