おうち居酒屋の灯は消えないが

東京都ではPCR検査陽性となった新感染者数が高水準で推移。

緊急事態宣言の継続の中、流石に数千人単位での新規感染者数の推移を見ていると人混みの中に入っていく気持ちにはなれず。

馴染みのお店達がこの何度目かの終わらない荒波を乗り切ってくれることを願いつつ・・家と職場の往復だけを繰り返しながら、おうち居酒屋は毎夜開店中。

党名にも政策にも全く共感してませが、これには少し同意。

外食の文化、外で飲んで語りあったような習慣は後世に引き継がれるのでしょうか。さすがにこれだけ全てが長引くと、昔話になってくるかもしれない・・という気持ちにも。

お酒を飲む人と飲まない人と同じレベルで、外で誰かと食事する人としない人に今後は分かれる世界が始まりそう。2020年3月より前にあった社会とはきっと違う気がします。

さて、自分も世の変化を感じながら、必要な部分は変化しなくては。(さもないと絶滅する側になるので)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です