渋谷でブンボーフエ

30歳の頃ベトナムに1年間ほど長期出張する機会がありました。それ以来のベトナムのあれこれがファンです。

働いた拠点は北部のハノイでしたが、中部のダナンやフエ、南部のホーチミンにも足を運ぶ機会がありました。またじっくりとベトナムに足を運ぶ機会を伺いながら早15年。いずれ実現させたいなぁ、、と思いつつ、渋谷ですするブンボーフエ。

ブンは米粉の素麺、ボーは牛、そしてフエは地名なので、フエ風の牛肉麺という意味。ブンは切り麺のフォーに比べるとコシがなくて柔らかいのが特徴の麺です。

綺麗な渋谷のお店だと1,000円するブンボーフエはもちろん美味しいですが、あの汚い路地裏で食べた100円のブンボーフエもめっぽう美味しかったなぁと。

そして、ヒューストンでしょっちゅう家族で出かけていた近所のノムノムヌードル、、あそこで頂いたベトナム料理もすっかり家族の思い出の一部になっていることが不思議に感じます。米国で暮らして思い出すのが中華とかベトナムとかの味。

世界は広いようで、狭い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です