ヒューストンでクレオール料理〜Brennan’s of Houston

クレオール料理の名店と言われるBrennan’s of Houstonで先週初めて食事する機会がありました。

■ Brennan’s of Houston  (→公式HP

(皆さん結構ご存知でしたが自分は初めて)

そもそもクレオール料理ってなーに(ケイジャンとは違うの?)というとこからですが、Wiki先生による説明を要約すると・・

クレオール料理とは、ルイジアナ州ニューオリンズを中心とする複数の食文化が混合して出来た独特の料理スタイル(ここまでケイジャン料理と一緒な流れ)で・・・

違いは、ケイジャン料理が田舎方向に走ったのに対して、クレオール料理はあくまで都市の富裕層のもとで洗練され、地元の食材を使いながらも古典的なヨーロッパのスタイルに向かった点。

つまり、クレオール料理の方がお上品・・でいいのかな。

(確かに店内はオシャレな雰囲気でした)

ケイジャン料理というと、ニューオリンズの庶民的なお店に行く以外は、ヒューストンではPapadeuxなどにゲストをご案内するのが定番。(→ヒューストンでロブスター〜Papadeux Seafood Kitchen

メニューを眺めると定番のガンボスープもありますし、生牡蠣とかフライやグリルなど似たようなメニューもありつつ、確かに全体の構成がフレンチっぽいといえば、よりフレンチっぽい気も。(影響としては、フランス、スペイン、さらにはイタリア料理の特徴も備えているのだとか)

(上から左回りに、ガンボ、ビスクにタートルスープ)

(白身魚のグリルにエビ、カニ、オイスターなど欲張りに配置してもらったメイン)

魚介系のみならず、お肉パートも充実。定番のリブアイだけじゃなく猟で獲る鴨があったりして気になりました。(また行こう)

楽しいのがデザート。

(ニューオリンズ名物のベニエ・・)

(パフォーマンス抜群のバナナフォスター、グリルドバナナ)

これは家族連れで再訪しなくてはいけないお店としてチェックです。ランチであれば少し気軽にいけるかな。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。