最近の濫読

最近読めてません。でも、今回の濫読はわりと当たりが多かったかも。

日本経済の真実

日本経済の真実

非常に面白いです。メディアにはアホがいっぱい、と読売テレビ解説委員長が切り捨てる妙味。

武士の家計簿

武士の家計簿

加賀藩のある武家の家計簿(古文書)から浮かび上がる家族の歴史。僕のお小遣い帳も後世の子孫が発見したら興味深く読んでもらえるだろうか。。

〈わかりやすさ〉の勉強法

〈わかりやすさ〉の勉強法

わかりやすく伝えるテクニックを教えながらも「単純化しすぎてはいけない」との警句が印象的。知識がある分野ほど、正確に話そうとすると難しくなりがちなもの、さりとてはしょりすぎも×。

サバイバル時代の海外旅行術

サバイバル時代の海外旅行術

本書を読むだけで高城剛氏が相当に変人ながら大変に魅力的な人物であろうと確信できます。全て手荷物だけで世界を行脚する氏の旅行術とスキル、何より行動力からは学ぶところ大。

まずはコナカに行って出張用にシャワークリーンスーツを買ってこようと思います。

新書がベスト

新書がベスト

確かに新書の費用対効果は極めて高いことは自分自身も実感しています。しかし、まず新書を300冊買ってこい(たかが20数万円の投資!?)とは流石の書評ブロガーの言。

10冊で思考が、100冊で生き方が変わるとのことですが、今は僕はどのへんかなぁ。

拝金

拝金

ホリエモンの小説デビュー作。

金、女、酒、美食、何でも徹底的にまみれているうちに突き抜ける世界があるらしい。そうしてみると、自分なんて欲望が足りないのかなぁとしみじみ。。(だから結果も?)

わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?

わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?

さきっちょ&はあちゅう恋の悪あが記

さきっちょ&はあちゅう恋の悪あが記

 

数年前に女子大生カリスマブロガーとして一世を風靡されたはあちゅう(伊藤春香さん)。ベトナムに長期出張してた頃(2005年)ブログ読んでいたなぁと懐かしく思い出します。

最近のブログをまた覗きはじめたので、応援兼ねて過去著作を購入。ホント、元気な人です。(現在はK応大学を卒業してD通で働らかれております)

■ 114/200冊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です