ワークとライフの調和

以前から、とっても注目していた小室淑恵さんのセミナーを受ける機会が。こんな時に最前列に座ってしまうとっても素直な私。 (だってこんなに素敵ですもの)

TKY200908120347.jpg

(asahi.comの記事より勝手に転載

最初に知ったのは資生堂に勤められている時だったと思うのですが、その後も起業されて大活躍。ビジネスと育児を両立させながら輝く同年代の女性として尊敬しておりました。

セミナーの内容はいたって本気なワークライフバランスの啓蒙と実践について。私生活(ライフ)を充実させることで、仕事(ワーク)の成果を上げようという小室さんの提言。

■ 日本の労働生産性はOECD加盟国の中で第20位。
(つまり残業時間はトップクラス、仕事の成果は最低クラス)

■ 妻が家計に入って失う生涯賃金は5千万~2億円

■ 女性が働きながら子育てをすることが日本の社会を救う

■ 自らの働き方を変革し、自身のWLBを実践し自己研鑽に励むものだけが生き残れる

それにしても、小室さんの心地よい声と長い指がよく動くボディランゲージにくぎつけ。購読中の日経アソシエで1年連載していたプレゼン講座の講師の実戦ぶりに納得。

ワーク・ライフバランスに積極的に取り組んで充実した人生を作っていきたいです。まずは、毎日18時退社できない理由を探してみよう。

「ワークとライフの調和」への2件のフィードバック

  1. 色々参考になったけど、”プレゼン力”を一番痛感させて頂きましたね。このセミナー。
    早速、週末に本買いに行ったら、恵比寿でも目黒でも在庫無し…。完売or人気薄??

  2. 会社のセミナーでつい最近小室さんの講義を聞いてきたばかり!ただ、「残業第一!」できた上の方々にはあまり響かなかったみたいだけれど・・・
    時間当たりの生産性、というのは確かにもっと重要視されるべきだよね!(byノー残OL七瀬。笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です