言葉のヒゲ退治

プレゼンテーション研修を受講したのですが、導入部分でやった演習が面白かったのでご紹介。名付けて、言葉のヒゲ退治 スマイル

ヒゲというのは、「えー」とか「あのー」とか、「で、」とか、無意識にでる繋ぎ言葉達。とにかく与えられたお題に対して、30秒間ヒゲなしでしゃべり続ける訓練スタート。

あ、いきなり僕から・・お題は?・・「コーヒー」

スマイル 「私はコーヒーが好きです。・・えー、なぜならば・・」

ドボン 号泣

想像以上に難しいゲームでした、一発合格は15名中1名だけ。失敗した人は立たされたまま、全員が座るまで続きました。

でも、その後も1:1で演習を延々と続けていると段々とコツがつかめてきました。まずは、お題を瞬時に自分のものとして取り込んで、客観的には語らないこと。

どこかモノゴトを客観的に語ろうとすると思考スピードが会話スピードに追い付かれます。演習自体も、30秒が60秒に伸び、お題に対して賛成or反対の立場を表明し理由を述べるなど、

だんだん高度なものに進んでいったのですが、練習の成果って凄い。結局、1日のうちに殆どの人がヒゲぼうぼうの状態からスッキリつるつるでしゃべれるように。おまけに1分で3つの理由を述べる訓練も相当身に付いたのです。

(ケース)

お題:「あなたはマンション派ですか?一戸建て派ですか?」

回答:(僕の回答例)

「私はマンション派です。理由は3つあります。1つ目の理由はマンションの維持管理のしやすさです。私は道産子ですが、一戸建ては冬の期間の雪かきがとっても大変でした。2つ目の理由はマンションの防犯性です。一戸建てに比べ入口が24時間有人管理されているマンションは防犯性に優れているといえます。3つ目は経済性、マンションの転売のしやすさです。同じ予算の場合、マンションの方が一戸建てよりも都心に物件を購入しやすくなります。やはり転売がしやすいのは都心に近い物件、駅に近い物件といえると思います。以上の3つの理由から、私自身マンションを購入致しました。・・しかし、隣の芝生は青く見えるもので、今では一戸建ての庭や畑が羨ましく感じたりもします。(1分)」

ポイントは「3つ理由があります。」と答えているときには、3つ理由が浮かんでいないこと。しゃべりながら考える、でも焦らないこと。

できればオチがつくように、3つの理由がかぶらないように並行して検証しつつ、アイコンタクトを1文ずつ回しながら、必要なボディランゲージを添えて。。

あれもこれもは難しい 大笑い

ビデオに撮影しては、それを分析する辱めを受けつつ、なんとか1日を乗り切りました。最後のプレゼンは結構良い出来に仕上がったのではないかと思います。

これは仕事上の営業プレゼンも色々見直しをかけないとなぁ。。以前、人は見た目が9割という話がはやりましたが、プレゼンでは見た目が重要。

そして、プレゼンス、シナリオ・デリバリーのスキルを上げること。

今日から、オンでもオフでも、ヒゲ無しで臨みたいと思います スマイル (ヒゲ生えてたら御指摘ください)

■ 160/200冊(2009年)

「言葉のヒゲ退治」への4件のフィードバック

  1. 僕も会社の研修で同じようなことなやりましたね~
    コミュニケーション能力はどんな仕事してても重要ですよね。

    でも、ヒゲがなさ過ぎると無駄がなさ過ぎて息が詰まりそうです…

  2. 同じ研修かもしれないね。確かにヒゲが無いと息が詰まるけど、一旦意識し始めると、他人のヒゲが気になって、気になって。ヒゲぼうぼうのコミュニケーションはまずいよね。

  3. 最後のプレゼンは、事前に「元気のある会社」についてPPT3枚で形式どおりにまとめてくるようにという課題があったのです。僕はガイアの夜明けで見た、九州のスーパーのハローデイという会社を紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です