初ブラックジャック

おそよギャンブルと無縁の人生を送ってきています。

いいとこ、カイジを読んだことがあるくらい。

賭博黙示録カイジ 1 (highstone comic)/フクモトプロ/highstone, Inc.
¥価格不明
Amazon.co.jp

そんな慎重派のわたくしですが、後輩に強く勧められまして、旅先で初参戦。

実は、カジノで人(ディーラー)相手にプレイするのって、初めてでした。

(過去に機械のスロットやルーレットはやってみたことがあります)

ゲームは、ブラックジャック。

シンプルですが奥深いカードゲームです。

ミニマムベットがこの空間でミニマムなテーブルを選び、さあスタート。

(ミニマム25シンガポールドル、、100ドル=8000円をコインに換金)

ミニマムで賭けて、4回連続で負けたら、それで試合終了ですよ・・・安西先生。

・・・・結果、ビギナーズラックにて20分もしないうちに、手元のコインは300ドル超に急成長。

人生初のカジノ勝ち逃げを飾りました。

しっかし、ミニマムテーブルとはいえ横の中国人のオジサンは毎回数百ドル賭けてました。

おかげでディーラー氏からは、ちまちまな日本人は完全ノーマーク。

心地よい高揚感のまま、後輩達にご馳走させて頂きました。

でも、癖にならないよう自制しよう。

ブラックジャックによろしく 1/作者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

うるわしのエビソバ

シンガポール上陸の初日、なおかつ朝御飯。

かねてより気になっていた一品にトライ。

(エビソバ・・・通称は、プローンミー)

最近、北海道発の甘海老の頭で出しをとった一幻というラーメン屋さんが人気と聞きますが

おそらく歴史はこちらのほうが古いでしょう。

濃厚な海老からの魚介出しがたまらない一品。

中国は福建省の焼きソバが南に伝播して出来たという説もあるようですが、うまければ良し。

今回は特別有名店という訳ではなかったので、今後は最高のエビソバ探しも課題かも。

チキンライスやラクサと堂々と肩を並べるシンガポールB級グルメ選手でした。

イモトに負けたくないQ

2013年、ようやく3回目の海外出張の機会。

最近定期的に訪問しているシンガポールへの3泊5日(機内泊2回の強行軍が定番に)。

(イモトアヤコはたいした芸人だと感心します)

コスト削減を時代背景に、やむをえず夜行便での行き帰りと見せかけて、実は自ら選択。

だって日曜の日中や土曜の午前も使いたくないし、平日の仕事が滞るのも嫌。

それよりも、夜中を飛行機のエコノミークラスでいかに身体を休めるかを追求する方が面白い。

今回は、シャワーと疲労が密接な関係があるのではないかと仮説を立てました。

(羽田空港で30分1000円のシャワールームを利用してサッパリ)

結論。

人はシャワーを浴びて下着を代えるだけで、相当疲労が抜けます。

あとは機内では水しか飲まない。 夜行便の機内食などには手を出す必要無し。

映画にも目をくれず、離陸前からひたすら目をつぶる、つぶる、つぶる。

すると・・・・結構、身体が休息モードになります。

とにかく、ビジネスマンには体力が必要ですね、知力もさることながら。

コンスタントに一定のパフォーマンスを「どこでも」「いつでも」普通に発揮できること。

結構、重要だと考えています。

(今さらですが)

北の夏の味覚

あまちゃん大人気にひきずられてウニが高騰することを恐れています。

旬のウニ丼、食べに行きたいなぁ。

・・・と思っていたら、届きました、北の夏の味覚。

我が家伝統の粒うにが母から届きました。

叔母の教え子さんが積丹でウニ猟師をやっており、何十年も前から継続購入。

社会人1年目の独身寮の冷凍庫にもしっかりありました。

炊きたてご飯には勿論、最近ではもっぱら純米酒と抜群のマリアージュ。

うにと塩だけで作られた豊かで濃厚な旨み。

今年もありがたく頂きたいと思います。

(お嬢さん、その箱にはいっても北海道にはいけませんよ。。。)

117

時刻は・・・って、時報じゃありません。

1ヶ月ぶりのラウンド、2013年ゴルフ再挑戦プロジェクトもはや8回目。

(131→142→131→120→112→132→111→今回)

■ 58 + 59 = 117

ひょっとして今回は110切りに挑戦できるか??と思ったのですが甘かった。。

でも幾つか改善点も見られたので、全体的な満足度は高め。 

まず初めて自宅で時々練習するようになったパットは明らかに精度が向上。

36パットで平均2パットに。 (これを最低限に今後していくのが目標)

新導入の短尺ドライバーはまだ完全には真価が発揮されていませんが、悪くない感じ。

ユーティリティーとアイアンの信頼感も大分と上がってきました。

あとは場数をもっと踏むだけか。

でも、真夏のゴルフで命の危険を冒すのもなんですので、ペースダウンして暫し練習かな。

■ 100切り迄の投資累計額(2013年~) 22万円

教養としての地震学

来週は所要あるため第二十四夜目にして、最後の夕学五十講前半戦。

テーマは「教養としての地震学」、講師は大木聖子先生。

最初にことわっておきますが、情熱大陸で拝見して以来の一ファンです。

美人過ぎる地震学者、としても有名。 (→まとめサイトへ 画像満載です)

注目すべきは・・・学部は、なんと、北大理学部卒。 (その後、東大の院で博士号を)

あの北大のキャンパス内を、それも理学部なんていうド理系な世界に彼女が存在したとは。

これだけで熱く語れて、ご飯三杯ぐらいいけるのですが、圧倒されたのは別のところ。

地震学者の一人としての強い使命感と、東日本ではやり切れなかったという深い後悔。。

僕もちゃんと自分の大事な人達に今日の学びを伝えなくてはいけないと思いました。

■ M7クラスの直下型地震はいつでもどこでも起きえること

■ 1分以上の揺れは津波を想定して直ぐに高台に避難すること

■ 想定外は想定できないのだから、失ってはいけないものを考えること

さっそく我が家にもどって、落ちてこない、倒れてこない、移動してこない、の確認しないと。

そして、木造30数年一戸建ての我が家の耐震補強で打てる手はあるのだろうか。

(絶対に失ってはいけないもの、ちゃんと想定できてますか?)

聴衆の一人一人の心に訴えかける見事なプレゼン。

間違いなく今後の日本をひっぱる女性リーダーの一人なのだろうな、と確信しました。

印税は全て震災孤児に寄付されるという著書も迷わず2冊購入。

夕学前半の最後を飾る素敵な学びでした。

■ 夕学五十講 21/25

(全体の振り返りはまた後日別途)

孤独のグルメ ロケ地巡礼

孤独のグルメ シーズン3がはじまり興奮してるのは僕だけではないでしょう。

再びゴローに会えたことを祝して、ロケ地巡礼。

■ 八丁畷の一人焼肉「つるや」

(たまりませんな、この場末感)

食べログのコメントを見ていると、相当色々ありそうでしたが、全て飲み込む方向で。

(この状態になったのが入店から30分後)

なんていいますか、非常に丁寧な接客を非常に非効率に進めた結果、

驚くべきほどのウエイティングタイムがディズニーランド並みに発生。

(ひとつひとつ注文をうけて丁寧に盛り付け味付け)

この僕の熱いゴローへの思いと京急のわびさびを共有するのはチャンプこと後輩Hデ。

ホッピーとかいいですね、たまには。

もう頭の中は「ゴロー」のテーマ曲が流れまくり。

テレビ見て来ましたーとか、バカっぽくてすみません。

ダイバーシティとデザイン

夕学五十講の第23夜は、ダイバーシティー・デザインの可能性。

講師はデザイナーの坂井直樹先生。

数々の大ヒットを生み出してきたインダストリアルデザイナーであり経営者ですが、

つい最近までは慶應SFC教授として教鞭もとられてきたそうで、見事な講義。

(宇宙生物的デザインのアサヒガニ)

ここでいうダイバーシティーは、市場そのものと、作る人両方のダイバーシティー。

ダイバーシティーという手法を活用しなければ、イノベーションは起きないとのご主張。

ダイバーシティーによりコンフリクトが発生し、その結果生じたハングリーがモチベーションに。

・・・というストーリーがどう実際の現場で作用するのだろうかと色々想像しながら拝聴。

それにしてもデザインの歴史がわずか100数十年とは知りませんでした。

デザインって身近でお世話になっている割には理解できてないことを実感する120分。

こうして知らないことを知る、という学びの機会はつくづく大事。

■ 夕学五十講 20/23

パパ、●●臭い

娘が生まれてから2年と2ヶ月。

その日は想像よりもずっと早くやってきました。

(2年2ヶ月前の娘の姿)

風呂上りで、汗がひききらないまま半裸でやってきた僕の膝の上に座って一言。

「パパ・・・・おしっこ臭ーい」

はい、パパ初「臭い」、入りました。

それも・・・おしっこですか??? (たぶん汗臭いといいたかったのしら)

我が家では、家長たる父親の洗濯物を隔離するような家事政策は認めません。

(既に見えないところで別枠扱いされているかもしれませんけど・・)

でも、臭くならないように努力もしようっと。

穂のか再訪

利き酒師合格をきっかけに、近所の高名な日本酒専門居酒屋を再訪。

■ 穂のか

武蔵小山に越してきた当初は何度かかよったのですが、だんだんと疎遠に。

なにしろ予約が取れないのと、やや吟醸酒中心の構成がいまひとつ響かなかった。

その後、利き酒師勉強と称し、色々な性格の日本酒に触れる中ですっかり何でも来いに。

正確には、料理との併せ方も考えれば様々なシーンで応用可能と思うように。

(お勧め3種セットが、回転寿司の3貫盛りな感じでお得です)

(穂のか自慢の様々な焼き味噌がホント日本酒にあいます)

日本酒の名前、蔵の名前、産地、酒米、精米歩合、酵母、、、そして肝心の味や性格。

このあたりが頭の中でリンクしてくれば良いのですが、まだまだインプット段階。

今までちょっと敷居が高く感じたのは、こちらに十分な基礎知識が足りなくて

日本酒専門居酒屋!と銘打つだけの圧倒的なインプットが負担になったのかも。

ただ、美味しいから飲む、ということで勿論良いとは思いますけど、、

なんともオタク心を刺激してくれます。