「東急沿線に暮らす」カテゴリーアーカイブ

商店街にお金を落とそう作戦

駅前の商店街にも大分と活気が戻ってきた気がします。経済活動を再開していかないと皆やっていけませんので、良いこと。

自粛期間中にテイクアウトのお弁当で何度かお世話になった手作りハンバーグ屋チェーンの地元店を訪店。家族は何度か行っていたそうですが自分はお初。

(多彩なハンバーグ軍団達)

こうして洋食を家族で外食として味わう贅沢。新コロによる自粛期間があっただけに、いまだに2割増しで嬉しく感じます。

ということで、意識して近所の商店街の飲食店などに家族で出かける機会を少し増やしています。やっぱり暮らしている街のお店にもお金を落とさないといけませんので。

でも、お金を落とさなくては、と言いつつ、落としすぎると自分達の暮らしも危うくなりますので、我が家の場合は帰宅してからワインを開けたりと、そこは少しメリハリをつけさせて頂いて。

こちらの「山本のハンバーグ」、5年ほど前までは「俺のハンバーグ山本」という店名だったそうですが、俺の〇〇シリーズのレストランが増えてきたので、店名を変えた(俺の・・を卒業された)そうな。

ハンバーグはご馳走、というコンセプトに共感します。

元祖やきとり串八珍を中目黒で

先日の家族外出@中目黒、お洒落な土地柄で長女がいつもの「ハラヘッター」連呼。こうなると直ぐに目的地を決めなくてはいけません。

肉が食べたいと仰せですが、目の前に映るのは焼肉チャンピオン中目黒店(高級焼肉)とかで、、ないない・・あ、あそこだ!

元祖やきとり串八珍。

あちこちの酒場でその名前を見かけて、外から眺める限りは庶民的な佇まいが以前より気になっておりました。でも普段はチェーン店行かない派なんでスキップしてきましたが、満を辞しての初入店@なぜか中目黒。

大変リーズナブルな値付けの串ながらなかなかのお味。ビールのジョッキはもっと冷えていて欲しかったけど。

バイスとかラークとかよく分からない酎ハイを。

やきとりは岩手の地鶏を使い、豚は群馬からと産地明記に好感が持てます。東松山やきとり方式で味噌をつけながら食します。

本日の締めは・・

昔ながらのナポリタンで。

この日の外食で刺激を受けて数日後に家ランチでもナポリタンが再登場。ピーマン多めにしても美味しいですね。

未就学児と居酒屋を早い時間にファミレス利用。

再びテーブルと椅子の生活を求めてニトリ

帰国以来、リビングでは床の生活を続けてきましたが、妻の強い希望も受けてダイニングテーブルとチェアを導入することに。

確かに座椅子も色々試してみたのですが、やっぱり長時間になると腰が痛くなりますし姿勢も悪い気が。やっぱりもう床では暮らせない現代人なのか、直近は米国生活でしたし。

ニトリのHPだけでみていてもサイズ感が湧かないので中目黒の実店舗でサイズなどを確かめた上で、あらためてネットで注文。

我が家はテーブル幅を135cmにするか150cmにするか、それ以上にするかを真剣に悩んでいたのですが、横ではカップルがひたすらテーブルのサイズで喧嘩をしており笑えました。

リビングが狭いのでどんなダイニングセットを選んでも4人でもギュウギュウになってしまうとは思うのですが、腰に楽な生活スタイルを選べればと思います。

それにしても米国生活で手に入れたテーブルと椅子の組み合わせはお気に入りでした(特に途中で入れ替えた椅子が)。わずか数万円で手放してきましたが、今の家にはやっぱり入らないからなぁ、、と思い出します。

徒歩圏内に寿司妄想

家族で徒歩圏内にある回転寿司を試して来ました。結果としては予想通りの・・まぁまぁ。

(高過ぎもせず、まず過ぎもせず)

でも、やはりトップ回転寿司チェーンであるスシローやくら寿司で感じる安定のコスパ感はありませんし、北海道の地元のトリトンや根室花まるの感動もありません。(→ホーム回転寿司認定

このぐらいだったら倍払ってすしざんまいに行くか、それともさらに予算削ってスーパーのパック寿司かちよだ寿司にしとくか、という悩ましい印象。(それならネタだけ買って自宅手巻き寿司の方が満足度は上かも)

米国のなんちゃって寿司達に裏切られまくったり、KULA SUSHIに一皿2.25ドル払っていた過去からすれば贅沢発言も極まるのですが・・・。。

スシローの都市型店舗か、すしざんまいのお得型店舗か、近い距離に進出して来くれないかなぁ・・・と妄想中です。やはり普段使いの寿司カードが欲しい。(週一回でも行けマス)

地元寿司にも恐々と飛び込んでみようか。(値段帯はあらかじめリサーチの上で・・)

ご近所散歩&外食も再開

先週末は家族で近所を散歩&外食。

これまでは散歩の後は食材買って帰り家で食事だったので、外食しちゃうところが変化。

土曜ランチは久しぶりのすしざんまい。

我が家の行動範囲ではスーパーの持ち帰り寿司とかちよだ寿司を起点に、月一のスシロー詣で、そしてさらに上位に位置付けられているのがすしざんまいレベル。家族4人で美味しく頂いて1万円の贅沢。

日曜は美味しい焼き鳥を食べたいと姫達が申すので、前日とは反対の沿線方向にご近所散歩。

お目当てのお店再訪ではなく飛び込みとなりましたが、これまた良い出会い。娘達が大喜び本格的な焼き鳥を堪能致しました。お父さんも久しぶりの熱燗。

こうして週末に家族連れで1万歩を達成するよう散歩しながら、途中で外食も組み入れて近隣の飲食店を小さく応援。もちろんマスク装備やディスタンスには気を使いつつ慎重に参ります。