「東急沿線に暮らす」カテゴリーアーカイブ

クリーニング店を変えた些細な理由

5月後半から現在の住まいになって2ヶ月ほど使ったクリーニング店を変えました。

それまで、我が家から一番近い店を使っていたのですが、少々値段は高めの割に一つだけサービスの中でどうにも評価が出来ない点があったんです。

それは毎回引き換えのレシートを持って来い・・とやたらに強調するところ。持参しない場合も一応引き取りは出来るものの、名前の確認のみならず、住所、携帯電話番号を言わせ、さらに署名まで取らせる念の入れぶり。(無用な手間を強いる姿勢)

人の名前語って誰か別人の衣服を回収する奇特な人はどれだけいる想定なのか、、と毎度思い、これって不要では?と直接伝えもしましたが対応に変化無し。いや、それ以前にいい加減毎週来る客の顔を覚えるとかないのか?

そんなモヤモヤを抱えたまましばらくお付き合いしておりましたが、ワイシャツ以外のスーツのクリーニングがべらぼうに高く(薬品を使ったドライではなく特別な水洗いだからだとか)、流石にもういいか・・と切りました。

次に選んだごく普通のクリーニング店は、引き換えには全くガタガタ言わず、週末に働くご婦人は僕を一瞬で覚えましたし、ワイシャツの水洗いの値段も安いし、スーツのクリーニングもドライと水洗いの選択が出来ますし(洗濯だけに)と、今のところ不満なし。

こうした何気ない日常の中にもビジネス上の改善へのヒントがある気がします。まずは、独りよがりなガイドラインやマニュアルを盲目的に運用していないか、とかでしょうか。

PASMOオートチャージ

毎日、毎日、お世話になっているPASMO。(JRを通勤では利用しないのでSuicaユーザーではないのです)

1万円ずつチャージしていたのですが、頻繁に残額不足となるのでPASMOオートチャージの機能がついたクレジットカードを導入。

(東急沿線住民らしくロイヤリティ発揮)

東急線での改札を通過する際に、残額がいくらとなったら、どれだけオートチャージするかの設定が出来ます。自分は2千円を切ったら3千円チャージするように設定して使い勝手を試しています。

今のところは・・とっても便利。二度と自分でチャージする世界には戻れない気がします。

チャージ金額の設定は、コンビニや自動販売機でPASMOを普段から使っているので、あまりギリギリ設定も良くないかな、と思っての判断。その代わり、紛失した際には急いでカードを止めないとドンドン使われてしまうので注意しなくては。

ついでに、これで東急ストアでの買い物でもポイント回収が出来るようになりました。食料品ごときの買い出しでイチイチポイント貯めるのも面倒だ・・とは正直思っているのですが、、毎回ポイントカードを持っているかと聞かれて・・ありません、持ってません、と応えるのも時に面倒だな、と。

日々のQOLが小さく改善。

新生活セットアップ〜公的な手続き

新居での生活に向けた新生活セットアップもあと少し。今週は公的な手続きを一通り終わらせました。連休中は区役所などもお休みでしたので。

朝一番、まずは本籍がある区役所に出向いて戸籍謄本と戸籍の附表をゲット。8時半のオープンに合わせて飛び込み、その数分後には手続きを完了して次の区役所へ。(そして通勤ピークとぶつかり心身ボロボロに・・)

続いては、まずは転入届・・と思ったのですが、こちらは受付まで30分ほど待ちがありました。やはり連休明けで沢山の人が手続きに来ている感じです。

新しくお世話になる区役所への転入届、新規の印鑑登録、海外赴任中に始まったマイナンバーの案内の発送依頼、そして長女の入学指定通知書の手配。

転入届を出すためには家族全員分のパスポートと、日本入国の日付のスタンプが必要です。(最近はちゃんとお願いしないとスタンプを押してくれないのようになったのだとか)

転入日は実際に住みだした日である必要があるそうなんですが、この手続き日から住み始めることに。(実際はガスの開通もまだですし、あと数日は居候を継続ですが・・)

その後は窓口を変え、児童手当と子供の医療費補助の手続き。(会社で健康保険証が手に入ったら後日提出必要)

さっそく発行してもらった住民票を携え、最寄りの警察署で免許証の住所変更を行って本日の予定タスクは無事完了。

お役所仕事なんて揶揄してましたが、日本の行政サービスの手際の良さもなかなかのものだなぁと感心致しました。(米国のSSNオフィス、社会保障番号取得時のあの殺伐とした空気と比べつつ・・)

トレッキングシューズをゲットせよ

トレッキングシューズをゲットして履き慣らしておくように・・という指令を受信。2週間後にハイキングと山登りの中間ぐらいのイベントがあり、この準備として。

最後の登山の記憶・・・2007年に富士山を初めて登り(→初・富士山)、あと20年はもういいわ・・と思ったので、忠実にこれに従い10年が経過。トレッキングシューズもあの登山後に捨てて以来、自分に縁がないグッズでした。。

(ABCマート@自由が丘店、ABCマートも久しぶり)

そういえば大学生の頃は当時流行っていたGTホーキンスのトレッキングシューズをはいてたな、と売り場を見ながら思い出す。

店員さんに勧めて頂いたのはメレルのトレッキングシューズ。メレルといえば、ジャングル・モックというシリーズをよく目にします、自分の好みのデザイン方向ではないけど。

ランニングシューズも新調しようかな、、とふと思いましたが、キャッシュアウトがこの数日激しすぎてちょっと自分の金銭感覚のブレが不安なので自重、おとなしく本日は帰宅することに。

む・・あれは何だ!

だし・・?

だし道楽・・

なんとABCマート自由が丘店の向かいの自動販売機でダシが売っておりました。(だし道楽→公式HP

無視できず購入、700円。

トレッキングシューズをゲットせよ!ミッションは、だし1本がおまけについて無事完了。

新生活セットアップ〜道産子ならニトリでしょ

さて家電に続いて新生活セットアップに必要なのが生活雑貨、布団とか。いや、むしろ家電より先に必要なのがこちらか。

ニトリ用賀店にパパママに連れていって頂きソファとキッチン用の棚を実地で確認。敷き布団と枕だけは実際にその場で確認して購入、残りは帰宅後に全てネットでオーダーしました。(自分達で持ち運ぶの大変だから・・)

買ったもの(メモ)・・・

・ソファ(3人がけ)
・キッチン棚(レンジや炊飯器をおけるやつ)
・長女の居間での小さな勉強机と椅子
・家族分の布団一式
・トイレ・バス回りのもろもろグッズ

こうしたものはまとめ買いの方が色やデザインに一貫性が出ると思うので、良いやりかただったのでは、と。

ベッドから畳の上に布団をしく生活になる予定。寝具には少し気を使おうと敷き布団を体圧分散のもの(1セットで17,000円)にしたのですが、寝心地がどうなるか今から楽しみです。

実店舗での会員登録をネット上で買い物に紐付けるのに問い合わせをしたのですが、素早く対応も頂き好印象。通販事業の窓口は札幌の北区新琴似のあそこなんだなぁ・・と。

つい返信中に「北海道出身ですので、ニトリを応援しています」と言葉を添えると「大変温かい言葉を有難うございます。ご期待に沿えるよう、これからも邁進してまいります。」という力強いお返事が。嬉しいですね。

ワンクリックで27万円のお買い上げ。「お、ねだん以上。」の品々が届いて我が家の生活が豊かになりますように。

これでほぼ新生活セットアップに必要なものは揃いました。(テレビ台と居間のちゃぶだいは以前のものが倉庫にあります)