hiropon181 のすべての投稿

オンスでがんす

米国暮らしで適応必要なものの一つが単位の違い。これは地道にやるしかありません。(ブログのネタとしても)

記念すべき第一回は・・・オンス。

オンスとは重さの単位で、1オンス=28.3495231グラム。覚えづらいので僕の脳内辞書では「30グラム弱」ということにします。

だいたいでいいのです、だいたいで。
主に活躍するのはこのような場面で。

(渡米後、2晩目の食事はポークチョップ 16オンス)

・・16オンスって、480グラム弱・・・って、多いわ!
ペロリと頂きましたけど。 (そのかわりデザートは固辞)

お肉を食べる際に頻出する単位であるオンス。
要チェックです。

併せヤード・ポンド法の単位も整理しておきます。

■ 1ポンド=0.45359237kgs・・0.45キロ
■ 1インチ=25.4mm・・・2.5センチ
■ 1フィート=304.8mm・・・30センチ
■ 1ヤード=0.9144m・・・0.9m
■ 1マイル=1609.344m・・・1.6キロ
■ 1ガロン=3.785411784L・・・3.8リットル

車の助手席にのっていて、これで時速50キロかと思っていたのですが。実際は時速80キロだったり、しばらく悩まされそうですorz

通信革命

ようやくヒューストンに辿り着きホテルでホッと一息、、したところで気が付きました。

やばっ、、「日本出国前に電話するわ」と母に言ったけど忘れた! LINEにて妻からもその点の指摘あり。

(IAH=ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港)

親不孝を反省し、すぐに安心してもらうためにホテルから母に電話一本。母はガラケーユーザーなので、やむをえず通常電話回線にて。

ひとしきり話をして電話を切ったのですが、明細を確認すると軽く40ドル。通常料金だと携帯で米国との通話は1分300円、逆でもそんなものなんでしょうか。

その後、妻とLINEの無料電話機能を使い30分会話して0円。むーなんとか母に電話するのも安く出来ないのかしら。(疎遠になりそう)

実家のPCにもスカイプは入ってますが、いつでもPCをつけている訳ではないし。どうしても固定電話や携帯に電話する場面が想定されます。

ネットで調べるとスカイプを通して海外から固定電話に電話するのは格安の様子。さっそく調べてやってみました。

クレジットカードを使い最低10ドル分前もってチャージする必要がありましたが、3分話してたったの0.50ドル。 音声も十二分にクリア。

40ドルは高い授業料でしたが、格安で携帯や固定電話にもこれで連絡可能。(皆がLINEのフレンドじゃないので)

通信料金で稼ぐビジネスモデルは完全に終わってるのを実感。
ユーザーにはありがたい革命です。

ヒューストンへの片道切符

とうとう赴任当日。

ヒューストンへの片道切符を握りしめ、妻のご両親と共に一路成田空港へ。片道だけの切符で日本を出国するのはこれで人生3回目、気が引き締まります。

本日も朝から携帯を解約したり、ご近所に一足先の赴任の挨拶回りをしたり、さらにはしつこく本日までのブログをまとめUPしたり、わりとドタバタ。

いまだに父の米国行きを理解していない娘もさすがに不穏な空気を感じ不安定。自分も飛行機乗りたいとか、アメリカ行きたいとか車中で言い出し、ついには・・

「マイちゃん、どこに行くかわからなくなっちゃった・」発言。

君はどこにもいきませんよ、今回は。(そして僕の膝上で就寝)

(いきなり出国検査場に長蛇の列、GOLDメンバーの道遠し)

航空会社は直行便の飛ぶユナイテッド航空。ビジネスマンのはずですが4年ぶりのビジネスクラス。(経費削減も大切)

座席の作りは素晴らしいですが、さすがにサービスはそこそこ。
(やはり、日系やシンガポール航空と比べると。。)

そのかわり・・


(チキンでかっ!!)


(ソフトボールぐらいあるアイス・・遠慮します)

既に機内は米国支配下にあり、圧倒的な物量攻撃に未来を心配しました。ここでマイルールを2つ導入決定。

■ 出されたものを全部食べない
■ 外ではお酒は2杯まで

とりあえず増えた体重を減らし、傷んだ肝臓を休めるのが優先。

(これから5年間ほどよろしくお世話になります)

さっそくの時差ボケを調整しきれず3時に起床。
出勤初日は長い一日になりそうです。

最後の晩餐@東京

東京での、さしあたっての最後の晩餐。妻の強い希望ありまして先週末訪問したEPICUREを再訪。
→EPICURE・・・になりたい

カウンターに妻と二人座り、披露宴のフルコースを再現頂くというプレゼント。(いつものようにお任せだったのにF料理長に気合入れて頂き・・大感謝!)

味と共に嬉しい宴の記憶が蘇ります。(試食と併せ2回食べているので、、覚えているものですね)

■ 伊勢海老のコンソメジュレとウニの淡雪仕立て

■ 鶏と茸のペンネの王冠仕立て、カプチーノスープ

■ 魚介と野菜のサフランスープに甲殻類のクリームソース

■ 白子のバターソテーパイ乗せに花ズッキーニを添えて

■ 牛フィレ肉とフォアグラロッシーニ トリュフとマディラのソース

■ アイスとアサイーのソルベ 飴のアーチを飾って

それにしても4年も前のことなのに、前夜からの仕込みのバタバタや当日のシェフチームの盛り上がりの話を昨日のことのように語ってくれるFさん。

本当に素敵なシェフに出会って、こうして追っかけさせてもらっているなと。これからのご活躍をお祈りすると共に、また再訪(再食)を誓ったのでした。

(Fさん、ありがとうございました!!!)

35回目の壮行会ラスト

日曜日の出発を前にして、とうとう最終出社日。
そして最後の壮行会がその夜に。


(ラストは大学部活の後輩達に送られて@大好きな仲垣にて)

幹事のS君とはこの2ヶ月で3回目ですが、楽しい仲間とは何度でも飲めますね。(奥様には不評を買ってると思うので、、すみません。)

まとめての歓送迎会やランチ会なども含め、今回で35回目。いやぁ、よく飲みました、食べました。(そして流石にやや体調不良にも)

それでも、お声がけ頂きながら機会つくれなかったり、顔を出せなかった会も多く、沢山の方々あっての現在の自分があると改めて感謝の気持ちに。


(店主のNさんよりプレゼントで貴重な1本を)

あー、御礼メール出す前に携帯を解約しちゃいました。FBでせめてもの御礼メッセージ出さないと。(最近は便利になりました)

お世話になった皆様、本当に有難うございました。一時帰国の機会があればまたよろしくお願いします。