hiropon181 のすべての投稿

デルタに完敗

先週の米国国内出張では、Atlanta〜Indianapolis間でユナイテッドの直行便がなかったので、久しぶりにデルタに乗りました。

IMG_6175

もう、完全に負けてますね。完敗。
何がと言われますと、座席の座り心地。

IMG_6172

(ソファへのカラダの沈み具合が明らかに上質)

ユナイテッドでは普段エコノミープラスという少し良い座席(広さだけかしら)を使っているにも関わらず、デルタの普通のエコノミーの方が座り心地が良いというこの事実。

さらに機内エンターテイメントの提供内容も上な気がします。(僕は飛行機の機内では、持参の未読雑誌、本を読む時間と決めているのであまり関係はないのですが)

引き続き2016年、2017年の2年間はユナイテッドの奴隷として滅私奉公する計画でおりましたが(→ユナイテッドのマイレージ戦略)、少々気持ちが揺れました。。

でも、ヒューストン〜ニューヨークの直行便の本数と時間を再チェックすると、やはりユナイテッドの方が都合の良い時間なんですよね。(既にその時間で旅程を組み立てるのに慣れていますし)

IMG_6173

(そういえば米国在住なのにコーラ飲んでません)

3泊4日出産

2週間ほど前の話ですが、部下の女性に無事に子供が生まれました。予定日より2日早くなったのですがほぼスケジュール通り。

木曜日に定時まで働いて、職場からそのまま自分の運転で病院に向かい入院という、完璧な自己解決ぶり。

IMG_6111

陣痛がいつはじまっていたのかは不明ですが、翌日金曜夕方には出産。僕は土曜日午後に彼女と子供の顔を見にいき、土曜の朝に他州から病院に駆けつけてきたご家族とも挨拶したのですが、彼女は日曜日に普通に退院。それって3泊4日ですよ!

そして先週僕は出張で職場を留守にしていたのですが、生まれてきた息子を連れて他のメンバーに産休に入る挨拶に来たそうな。それって生まれてから1週間たってないし!

予定では4月後半には職場復帰の予定。親戚もいないこのヒューストンで、今のところシングルマザーで、色々と再セットアップも大変だとは思うのですが、でも彼女ならケロリとやってきそう。

それまで1人少ないメンバーで何とか頑張ろう。

YOKAI WATCHはどこ?

YOKAI WATCHグッズがトイザラスで発売されているというYちゃん情報を聞きつけ、週末に早速家族で探しに行きました。なんといってもクールジャパン推しですから。

ところが流石本場のトイザラス、広すぎて自力では見つからないヨ、トホホ。そこで妻をオタクっぽい店員に差し向け、だいたいの場所をようやく聞き出し発見。(ディズニーとマーベルが混在しているエリアに点在してました)

IMG_6245

IMG_6244

・・・・!!

ちゃんと専用コーナー作ってくださいよ。。。(思わず自分で作りそうになりましたが、ぐっと自制) でもよく売り場を観察すると、すごく陳列が適当な。

ウォッチ本体とメダル4袋ほどを買って帰ろうとしたところ、ぬいぐるみ好きな次女が必死でジバニャンとウィスパーの二体を抱きしめて離さない。どちらかにしなさい・・と説得を繰り返すも狂ったように泣き叫ぶ始末。(結局ジバニャンだけ連れて帰りました)

IMG_6246

その話を妻がYちゃんにLINEで伝えると「そうだよね、ジバニャンとウィスパーはいつも一緒にいるから二人とも連れて帰りたいよね。」とまさかの擁護回答(そういう視点があったのか)。我が家では、実はオタク度満点のYちゃんへの評価と興味がうなぎのぼりです。

ちなみに米国発売の純正YOKAI WATCHですので、全て英語です。(Disney Channel で絶賛放映中) 果たしてゾンビ王国の米国で妖怪は売れるのでしょうか。

はあちゅうファンなブロガー

作家・ブロガーのはあちゅうさんのファンです。

カリスマブロガーとして名を馳せた大学生の頃のブログから時々ブログを覗かせてもらい、著作も購入してきました。電通からトレンダーズへ、そして独立されて現在は作家・ブロガーに。(昨年からスッキリにもTV出演されているそうですが、既に米国なので見たことありません)

「ネットの時代の作家になりたい」という彼女の進む先がどこに向かうのかは興味深くあります。活動範囲がオンラインサロンやnoteなどの有料デジタルコンテンツにも広がり、さすがに無料ブログでは見えない発信が増えたので、ようやく重い腰?をあげて、月刊はあちゅう(初月無料、月額500円)を購読させて頂きました。

すると、何ということか、過去の記事まで閲覧可能ではないですか。それも爽やかな良い文章がいくつも。読み進むうちに、なんだか大変申し訳ない気持ちになったので(そもそも2月は無料で、3月からようやく課金ですし)、過去3ヶ月分相当の1,500円だけ、サポート機能で追加支払いしておきました。確実にエッセー1冊分以上のコンテンツ。

彼女がお金に困っているとは思えませんが、クリエイターとしての活動に賛同し、少しでも一読者として応援したいのならやっぱりカタチで表したいものだと思います。今まで散々タダでブログも読ませて頂いていますので。

未だにツイッターやインスタグラム、有料メルマガなどには手が伸びない奥手な自分ですが(FBですら面倒臭いというのもあり)、2016年はハードの雑誌・書籍以外では、Kindleどまりの現状にちょっと変化を与えてみたいとも思います。その小さな一歩としてのnoteでの有料コンテンツ購読です。

本業はヒラリーマン・・もといビジネスマン。たしかにこの10年はブロガーですが別に作家を目指している訳でもなく、ましてブログやnoteなんかで今すぐ小銭を稼ぎたいという訳でもないので、最近のプロブロガーやら有料オンラインサロンという流れには乗れてもおらず理解も出来ず。

まずはタダで読めるブログながら、誰かの時間を頂くということへのお礼として「一へぇ」獲得を日々コツコツ目指したいと思います。

The Legend〜米国の田舎カフェ

先週の出張、インディアナポリスでは市街中心部に投宿し近所で夕食を。(Palominoという地中海料理のお店に)

IMG_6181

(ラムスネ肉を選択。やっぱりラムチョップの方がいいかな)

翌日、仕事を片付けた後にインディアナポリス郊外のIrvingtonという小さな街でカフェでランチをしたのですが、ここがまさかの大当たり。

IMG_6205

(The Legend Classic Irvington Cafe)

IMG_6199

(居心地の良い店内、きっと町民の憩いの店なのでしょう)

昼はサンドイッチやバーガーがランチメニューの中心。

IMG_6200

(本日のスープはビート&ジンジャー、胃に染み渡ります)

IMG_6203

(ホームメイドパテのバーガー、サイドの豆がたんまり)

こうしてしっかり手をかけて作られた美味しいバーガーを食べてしまうと、二度と安バーガーには戻れませんね。

サンドイッチを頼んだのは同僚のマイケル。中身が溢れまくる超絶ボリューム。(サイドのマッケンチーズも美味しそう)

IMG_6202

思わずチョコブラウニーと自慢のコーヒーまで堪能してしまい、それでいてお会計は10ドル半ば。米国の田舎=食べるもの無しという固定観念をしっかり破壊頂きました。

IMG_6209

(ラストは空港でシュリンプカクテルで〆)

こんな経験してしまうと、地方出張だと(NYとかLAじゃないと)食べたいものもないしきっと痩せるかもね・・って自分に言い聞かせているのも揺らぎそう。The Legend、きっと夜はもっと美味しいものだすんだろうなぁと。

少しずつ増やしていきます「米国グルメ」サブカテゴリ。