利き酒師への道

世間が求めるものと、自分が好きなもののマッチングを模索。2013年の新たな挑戦はコチラ。

■ 利き酒師の資格

Do, or do not. There is no try.

2012年度は1年間で70回ほど仕事での会食の機会がありました。上司が僕の飲み食いへのコダワリを勝手にお客様にネタとして振る機会も多く、それならそれで。

知識自慢は褒められたものではありませんので、あくまで謙虚に知識に厚みを増す機会となれば、と。通信講座の資料を取り寄せ勉強をはじめると、かなりカバー範囲の広い試験だと実感。

実技は勿論、お酒の歴史や、文化を背景とする知識やマナー、当然作り方など盛り沢山。1ヶ月の勉強ではとっても足り無そう・・・と4月受験を5月受験に変更。

せっかくの機会なので、合格目的でただやっつけるのではなく、色々楽しむ機会にしたいと思います。

日本人として日本酒への理解と思いを深める。これから2ヶ月、そんな情報発信もこのブログで出来ればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。