うちの息子達です

週末、近所の後輩宅に中年チームでお呼ばれ頂きました。僕は少し早くお邪魔して後輩の息子達を連れて公園で1時間ほど遊んできました。


(遊び方は万国共通)

砂遊びをしていると、気がつけばアジア系の双子や白人の娘っ子やらも増殖。なぜか6人ぐらいの子供達を遊ばせるファシリテーター的ポジションに。

子供は母国語が違ってもコミュニケーションできるのを目の当たりにして少し安心。同じ公園で娘を遊ばせる日々がもうすぐ始まるなぁと想像。

ひとつ、先輩達に後で指摘をうけて気をつけなくてはいけないと思ったのが他の子の親御さん達との会話。

息子達か?と聞かれ、友達の子供達を遊ばせているんだと自然に回答したのですが、でも、これは警戒深い親からは、勝手に子供を連れ出す誘拐犯?となるかも、と。

さらりと「うちの息子達です」とあの場は言っておけば良かったかも。

米国は誘拐大国と言われており、年間80万人の子供が誘拐されているという話も。そういえば学校の送り迎えは義務ですし、日本のように鍵っ子もいないらしい。

娘達を外で遊ばせたいと思う一方、相当気をつけなくては・・と妙な緊張感も増してきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。