引き続き2台目考察

最速の家族合流は10月下旬。するとそれまでには2台目の車を手に入れている必要あり。(意外と直ぐです)

今回は資金調達からよく作戦を練らなくてはいけません。
(1台目の購入資金は会社からの借入金で賄いました)

(TOYOTAの北米仕様のミニバン、SIENNA、良い買い物でした)

■ →2台目考察

6月の時点で考えていたところから幾分の変化。やはり、毎日の通勤に使う車なので、あまり小型&安価に走るのもやめようかと。

テキサスの高速道路は巨大なピックアップトラックがびゅんびゅう走ってますし。そんな牛の群れにウサギで迷いこむのはいやな気が。

するともう一段エンジンサイズの大きいところがターゲットに。
それでいて、あまり沢山走ってない車で。。。

現在候補となって迷っているのは、本命MAZDA6(日本でのアテンザ)。対抗というか憧れが、LEXUSのIS250。(こちらは経済的な障害が)

SUVもひかれますが、2台目だからセダンでもいいかなと。

もう一つ悩みどころが、資金調達。できれば当地でのドル収入、ドル決済にて完結したいという当初目論見。

ところが、どう計算しても、このままでは購入資金足りず。すると選択肢としてありえるのが、日本からの送金、ないし当地でのローン、リース。

リースが選択肢として有力ですが、問題はクレジットヒストリーの構築有無。近々ディーラーに行って、自分の信用力がいかほどのものか確認してきます。

クレジットカードの反応を考えると、どうもダメそうな気がします。(→再び信用の足りない男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。