世界遺産な眺め ~新婚旅行トルコ編~

イスタンブール旧市街を形成する歴史的建造物は世界遺産(文化遺産)。宿から徒歩3分の距離にあるのが有名なブルーモスクとアヤソフィア。

朝日を浴びる姿から、夕暮れに映える姿まで、3日間美しい姿を堪能しました。

IMG_8773.JPG

(朝のブルーモスク)

IMG_8796.JPG

(夕暮れのアヤソフィア)

アヤソフィアは東ローマ帝国時代のキリスト教の大聖堂、ビザンティン建築の最高傑作。 オスマン帝国時代には第一級のモスクとして利用され、現在は博物館。

IMG_8800.JPG

IMG_8802.JPG

IMG_8801.JPG

巨大なドームを内部から見上げ、往時をしのばせるモザイク画の威容に息を飲む。東大寺の大仏殿と大仏も凄いけど、それより200年も前にこんな凄い建築物を作るなんて。。(どちらも補修・再建を繰り返しながらの歴史とは思いますが)

文化遺産の登録基準である一番目の条件。

■ 人類の創造的才能を表現する傑作

まさに、まさに、まさに。しょっちゅう戦争したり、間違いを犯したりもしますが、凄いですね人間は。

IMG_8799.JPG

(そんなことを旦那がもの思っているとはつゆ知らずの彼女)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です