アメリカの外食で太らない実験〜4泊5日編

今回の出張でココロに決めていたのは、外食続きとなるが・・増量しない!でした。(但し、ご飯は抜かない)

■ 出発時(朝)・・・82.0キロ

(一食目はインディアナ州田舎でのフィッシュサンドイッチ)

揚げ物を選んでいる時点でなんですが、だいたい昼を軽くすまそうとすると、選べるのはサンドイッチやバーガーぐらい。(田舎な場合)

野菜が欲しくてサラダと言ったけど、コールスローしかここにはないと。少しだけ頂きました(マヨは美味しいけどカロリー↑)

(シカゴ空港で夕方に買ったジロス?)

移動中に空港で食べようとするとこんなものばかり。(残念系)
量を食べ過ぎることはないのがせめてもの救いですが、一食の満足感は高まらず。

(袋の底にあったポテトは10本だけ食べて、サヨナラ)

キチンとしたレストランでの食事は出来るだけ、アジア系とか魚介などをメインに。どうしても肉たっぷりと付け合せ山盛りポテトはいけない気がして。

(突然一品だけあったタイカレー、キッチンにタイ人?)

(肉よりサーモングリルの方がまだカロリー低いかも)

(パスタの具はロブスター!これは美味)

2つ星行脚でしたので、朝食はたいがいは質素なものばかり。とはいえ、家でのご飯一膳よりはカロリー高いだろうな。

(冷たいものだけだとちょっと寂しい)

(でもワッフル全部は食べちゃダメ)

最終日のランチ、旅の最後の外食はミシガン州デトロイト郊外。
バーガーやサンドイッチが重そうだったので、とうとうスープ&サラダを選択。意外にも十分な満足感、これは今後もありかも。

(クラムチャウダー、ちょっと塩から目)

(ミシガン風サラダ・・フルーツサラダ?ソースはラズベリー)

こうして日本食抜きの4泊5日を終えて、なんとか帰宅。我が家での夕食は、ご飯を炊いて山菜混ぜご飯に。

(お米は勿論、醤油や出しの味にホッとしました)

おそるおそる翌朝に計測の儀式。

■ 帰宅翌日(朝)・・・81.7キロ

なんとか目標達成です!

やはりガツンとステーキ(&付け合せ)に行かなかったのが良かったのか。
あるいは品数を少な目にしたのが良かったのか。

(やむをえず)外食はすれども、太らない。
このテーマは引き続き研究を重ねたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。