ブログは日々のPDCAを回す自己メディア

本ブログの位置づけについても、あらためて今の考えを言語化。

もともとは日々のPDCAを回すためのアクションとして。ほぼ毎日の更新が続くことがPDCAのうちのC、チェックを続けていることの証左となり、次のA、アクションにつながると信じてのスタートでした。

継続出来ることが自分の強みの一つという確認にもなってきて、1年365日更新が型になったのは2008年末からで、そこから10年以上続いています。(→ブログ習慣も10年越え

そこに至るまでも2017年の編集方針の変更や(→編集長交代のお知らせ)、家族の話題や画像が含まれた過去ブログを1,000本ほど非公開化にしたりなどの試行錯誤も。

あとはやはりアウトプットを意識したインプットの向上を目指して。発信する場所があると入力時の意識が違う。(この点は仕事を通じての発信機会が随分増えたのでモチベーションは少し弱くなったかも)

でも自由に書けるという点、後で読み返しや検索も可能という点では、やはり自己メディアとしては便利。そういう意味での整理が件名の通り。

■ 本ブログは日々のPDCAを回す自己メディア

最近、メモリー機能の劣化が激しいので、まさに外部記憶装置、備忘録としての役割が上がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。