水路を引こう〜大雪旭岳大自然がろ過した天然の水

一戸建てからマンション暮らしに転じた母。

これを機にコーヒーを入れるためなどに買っていたペットボトルのミネラルウォーターなどの重いものは全部ネットで買って届けてもらうようにすれば良いと説得し、楽天やAmazonから試し買いさせたのが数ヶ月前。

ところが、どうも継続して購買していない様子なので理由を聞くと、以前に近所の生協で買っていた水の方が好きだった・・と。美味しんぼの山岡や栗田さん並の鋭敏な味覚の持ち主だったのか・・。

それならば、そのお気に入りの水をネットで買おう!と調べてみたところ、生協で買っていたのはOEM生産で、オリジナルの本家である大雪旭岳源水は送料込みで一本200円。まぁ、そんなものか・・と思ったのですが・・・母曰く「高い」と。

試しに生協に寄ってみたところ・・・

たまたま安売り対象でしたが、6本で400円。。(ブランドネームは違うものの、同じ水をネットで買うと送料込みで1,200円。。)

この圧倒的な値差を前にして、水は家まで届けてもらえば良い派だった兄弟が自ら水を運ぶことに。10箱で4,000円。ネットで注文すると12,000円ですから、水を運ぶバリューが8,000円。

新実家まで10箱担ぎ上げるのはなかなかの運動でした、筋トレ、筋トレ。。。

これを毎回繰り返すのはしんどいので、帰宅後に生協の宅配会員になれば少し安くお気に入りの水をゲット出来る仕組みをチェックしました。やはり水路をしっかり確保しなくては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です