NYで焼き鳥〜YAKITORI TOTTO

和食の中で好きなジャンルといえば、まずお寿司が筆頭ですが、焼き鳥もかなり上位。(焼きトンも同じぐらい大好き)

ただ、焼き鳥も焼きトンもなかなか米国では美味しいものには出会えません、というか、ちゃんと本格的にやっているところは少ない感じ。美味しい鶏や豚はいると思うのですが、下処理にやたら手間かかりますし、焼きトンの内臓系にいたっては流通で鮮度を維持するのが難しいからだと思います。

NYで過ごした週末、以前トライして満席で断念した焼き鳥のお店に行ってきました。

■ 焼き鳥トット (YAKITORI TOTTO→公式HP

開店時間17時半少し前についたのですが、既に開店を待つお客さんの列・・・! なんとかギリギリでカウンター席に座れたのですが、少々受付の女性と一悶着。

1時間後の18時半から予約が入っているので1時間以内に出るのが条件というのです。こんなカウンターの隅の席に予約の人を通すの?と思うのですが、そうだと。単に1人客をいびっているだけではないかと疑いましたが、さもなければ1時間から2時間待ちだ、と高圧的な姿勢なのでやむをえず着席。

うわー、グレープフルーツサワー!久しぶり。(でも1杯10ドルだと、全然庶民値段じゃない)

少々、肉のポーションは小さめでしたが、焼き加減はばっちり。ひざなんこつ、せせりやはつもと、ソリレスなどの希少部位も軒並み焼いて頂き、大満足。

時間を気にしながら急いで食べていたのですが、隣の空いていた席に同じく1人客の方が遅れて着席。日本人の方でしたので暫し独りの時間を楽しまれたのを見計らい、質問。

「18時半までと言われました?」「いいえ、特に何も・・」

そこで担当のサービスの女性にあらためて、僕に時間のしばりがあるかを伺うと、いぇいぇどうぞごゆっくり・・との反応。あの受付女性、単に単価低そうな1人客をさっさと回転させようとかましたなぁ、、

気分切り替え、心と腰を落ち着け、生ビール、熱燗と飲みはじめ、あれこれ焼き鳥を頂きながら隣の方と談笑。予定の19時半までカウンターで存分に楽しむことができました。(20時からミス・サイゴン開演だったので・・)

カウンターでしっかり飲んで食べて、お会計150ドル。近所のミシュラン1つ星の鳥心と同じ値段(→鳥心@ニューヨーク)あちらはコースと飲み物の値段だけで150ドルなんで、もっと高価ですけど。さすがどちらもマンハッタン価格。

酒蔵、蕎麦トット、ラーメントットと、グループ各店舗には大変お世話になっており、味は折り紙付。でも今回はあの受付女性の高飛車な対応には疑問符をつけさせて頂きます。(他の席に予約客をもし通したのなら一言告げるとか・・。)

でもカウンターの独り客はやっぱり小一時間で自主的に退店すべきなのかなぁ、、(はしご酒する次の店がないですが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。