剣と魔法の原点〜ロードス島戦記

昨年末より導入のKindle。

(3G版としたので外出先でも書籍ダウンロード可能)

1 clickで買えちゃうのって、一応カートに入れて考えられるAmazonより危険。ついついポチッとな、としてしまいます。

そんな中、新装版という文字に踊らされ、とても久しぶりに再読。

新装版 ロードス島戦記 灰色の魔女 (角川スニーカー文庫)/KADOKAWA / 角川書店
¥価格不明
Amazon.co.jp
新装版 ロードス島戦記 2 炎の魔神 (角川スニーカー文庫)/角川書店
¥672
Amazon.co.jp
新装版 ロードス島戦記 3 火竜山の魔竜(上) (角川スニーカー文庫)/角川書店
¥630
Amazon.co.jp
新装版 ロードス島戦記 4 火竜山の魔竜(下) (角川スニーカー文庫)/KADOKAWA/角川書店
¥651
Amazon.co.jp
新装版 ロードス島戦記 5 王たちの聖戦 (角川スニーカー文庫)/KADOKAWA/角川書店
¥714
Amazon.co.jp

25年前といえばもはや古典ですが、当時は中学生~高校生、面白かったなぁ。剣と魔法のファンタジーの原点的な。

もちろん、ドラゴンランス戦記とか指輪物語とか洋物も同時期に読んでいたのですが、結局しっくりきてたのはライトで和製なこちらかも。

では自分の子供達に・・といえば、やはり守り人と獣の奏者の傑作シリーズかな。いや、その前にナルニアとかはてしない物語から正統派で入るべきか、、

剣と魔法といえば、やはりドラゴン、、ドラゴンの前にまずは恐竜対策。ということで、娘に買い与えたこの一冊。

「おまえ、うまそうだな」

妻からは、いったいなんでこんな絵本買ってきたの?と怪訝な顔をされました。息の長~いファンタジー好き娘を育成する計画が始動。

■ 7冊 (2014年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です