「ヒューストン事情」カテゴリーアーカイブ

ベルレアで中華〜Mein Restaurant(広東料理)

我々の間でにわかに人気上昇中なベルレアの中華店。

■ 好麺膳〜Mein Restaurant(→公式HP

四大中華料理の一角、広東料理のお店です。開店して4年目だそうですが週末も繁盛しております。広東料理といえば、食在広州の言葉通り食のメッカ。豊富な素材の味を活かした多彩な料理が信条です。まだ数回の訪店ですが、おすすめメニューを列挙。(というか、これまで何を食べてもハズレなし)

(エビと烏賊のニラ炒め・Chive Flower Squid Shrimp)

しゃっきりしたニラに優しい味のソース。

(茹で鶏のごま油塩・Hand Pulled Chicken)

この鷄は本当にいつ食べても絶品なので、マストオーダーです。家で同じものが作れるようになりたい・・

(ベトナム式鷄炒め・Shaking Chicken)

こちらは広東料理ではありませんが、めっちゃご飯がススム味。

(チャーシュー・Charsiu)

この蜂蜜を表面に塗りながらじっくり仕上げた中華式チャーシューがこれまた・・・

(ワンタンスープ・Wonton Soup)

広東料理の定番のワンタンです。豚肉とエビが入ってプリップリの食感、そしてスープの味がとても滋味深い。

炒飯系も種類豊富でまだまだ試してみたいメニュが目白押し。

メニューは写真が全品あって説明もしっかりしているので親切。スタッフの皆さんのサービスも良いです。

先週末にお伺いした際、11時開店直ぐで客足もまばらな中でオーナーと思しきオッサンが親しげに声をかけてきました。話を聞くと・・お父上がタイガーデン(ヒューストンで元祖と言われるラーメン店)を開店したのを皮切りに、現在は全部で6店舗の飲食店を兄弟で一緒に経営しているのだとか。

ご本人は広東出身でもなんでもなくカンボジア出身。四川より広東料理の方がカラダにいいよと力説しておりました。これから隣で、昼はウドン、夜は居酒屋の日本食屋も始めるのでヨロシク来てね、と。いやぁ、商魂たくましいですね。

ベルレアで中華といえば、四川料理の小熊(Mala Sichuan→Yelp HP)が我々の不動のプランAでしたが、四川が続くのは少々胃腸にも悪いですし、広東のこの店がその座を奪う日が来る可能性もありえるかな、、と。まだまだ未トライのメニュー多数なので、引き続き潜入調査を継続します。

ヒューストンでクレオール料理〜Brennan’s of Houston

クレオール料理の名店と言われるBrennan’s of Houstonで先週初めて食事する機会がありました。

■ Brennan’s of Houston  (→公式HP

(皆さん結構ご存知でしたが自分は初めて)

そもそもクレオール料理ってなーに(ケイジャンとは違うの?)というとこからですが、Wiki先生による説明を要約すると・・

クレオール料理とは、ルイジアナ州ニューオリンズを中心とする複数の食文化が混合して出来た独特の料理スタイル(ここまでケイジャン料理と一緒な流れ)で・・・

違いは、ケイジャン料理が田舎方向に走ったのに対して、クレオール料理はあくまで都市の富裕層のもとで洗練され、地元の食材を使いながらも古典的なヨーロッパのスタイルに向かった点。

つまり、クレオール料理の方がお上品・・でいいのかな。

(確かに店内はオシャレな雰囲気でした)

ケイジャン料理というと、ニューオリンズの庶民的なお店に行く以外は、ヒューストンではPapadeuxなどにゲストをご案内するのが定番。(→ヒューストンでロブスター〜Papadeux Seafood Kitchen

メニューを眺めると定番のガンボスープもありますし、生牡蠣とかフライやグリルなど似たようなメニューもありつつ、確かに全体の構成がフレンチっぽいといえば、よりフレンチっぽい気も。(影響としては、フランス、スペイン、さらにはイタリア料理の特徴も備えているのだとか)

(上から左回りに、ガンボ、ビスクにタートルスープ)

(白身魚のグリルにエビ、カニ、オイスターなど欲張りに配置してもらったメイン)

魚介系のみならず、お肉パートも充実。定番のリブアイだけじゃなく猟で獲る鴨があったりして気になりました。(また行こう)

楽しいのがデザート。

(ニューオリンズ名物のベニエ・・)

(パフォーマンス抜群のバナナフォスター、グリルドバナナ)

これは家族連れで再訪しなくてはいけないお店としてチェックです。ランチであれば少し気軽にいけるかな。。

ヒューストンでカスタムピザ〜Your Pie

先日、長女の新パスポートをヒューストン市内まで引き取りに行った時のこと(→米国でパスポート更新)。

申請は親だけで出来るのですが、引き取りは本人がいかなくちゃいけないので小学校終わりの長女をさらって総領事館GO。パスポート代も支払いし(子供は54ドル)、無事に新パスポートも引き取り完了。

・・・さて、腹が減った・・。(正確には腹が減ったと連呼する姫達)料金の安い駐車場を見つけて、Yelp起動! ピザが食べたいと仰せですので、一番近いピザ屋は?という問いかけに答えてくれたのがコチラ。

■ Your Pie (→Yelp HP

アパートメントの1階にあるのでお手軽なお店かなと思ったのですが、これがなかなかどうしてコダワリが。。。

いきなり生のドゥを手にしてお好みのピザのオーダーをどうぞ!というお店の仕組みに驚きました。

そもそも、マルゲリータとかマリナーラなんかのど定番以外はあまりピザの種類にも詳しく無いレベルなのに、これをゼロからクラフトとは荷が重い!ということで妻と交代。

横を見るとクラフトビールもドラフトが何十種類もあって興奮。

じゃじゃーん、妻が具材やソースを選んで3種類オーダーしてくれました。ちゃんと方向性が違っており、さすがです。僕だと2 系統しか思いつかなかったかも。。(バジル&オイル系とチーズ系・・・あ、トマト系もありか)

(長女は大満足)

(次女はなぜか五体投地)

オーナーと思われる元気な中年女性が店頭で陣頭指揮をとっており雰囲気が良かったので、また訪問してみたいと思います。ヒューストン市内中心部はいまだ未開の地なので嬉しい出会い。プロスポーツ観戦後に寄るのでもいい感じ。

今年のラッフル運勢は?

週末は日本商工会・日本人会が共催する恒例のピクニックイベント。昨年2017年は日本一時帰国の予定と重なり不参加、その前の2016年はたしか前夜が雨天で中止でしたので久しぶりの参加。

(天気にも恵まれ楽しいBBQとなりました)

幹事の役回りが2015年に続いて回ってきましたので、アウトドア好きな皆さんのお力を借りて少しメニューのバリエーションを増やすなど、個人的にも楽しんでしまいました。(妻のお手製焼肉のタレにリブアイを一晩漬けてみる実験もこっそり実施)

厚切り牛タンも久しぶりに焼いてみたかったのですが、そういう遊びはまた小規模な別の機会に。。

そう、楽しみにしていたのがラッフルチケットの抽選。普段、宝くじなどは買わない主義の自分なんですが、このピクニックのラッフルは過去2回を100ドル買いをして、自分としてはわりと勝負しています。だって当たりが多い気がするので。(実際、過去2回とも100ドル相当の結果が出ています)

今回も100ドル買ってみたのですが・・果たして結果は。。

見事にギフトカード100ドル、食事券50ドル、そして事前抽選のお菓子やペットボトルなど他に3件が当たりました。イャッホー。

自分なりに判断してルールを決める(例えば一般の宝くじはあまりに勝率が低いから買わない)、でも時にはリスクをとって勝負してみる(このラッフルは勝算ありとふむ)というメリハリを色々なことに応用していければと思います。

ヒューストンでステーキ〜Steamboat House

久しぶりにヒューストンでステーキ。出張先では結構食べていますが意外と地元で食べる機会はなかったり。(最近中華に誘導しがちですし)

今回初訪店したSteamboat House、なかなかの店構え。

(ベルト8通行時に良く目に入るあの像の店か・・)

■ Steamboat House(→公式HP

扉を開けると、テキサスにちなんだ様々な展示が・・博物館か!

良く見ていくとテキサスの歴史に詳しくなりそうです。

む・・・これは?

なんと、こちらの全米ステーキランキングでは第4位にランクインしているじゃないですか、、、知る人ぞ知る名店だったのか?

ダイニングの内装も徹底してテキサス礼賛。

メニューに長々と書かれたオーナーからのメッセージを読むと、テキサスの歴史の中での最重要人物の一人、サム・ヒューストンが最後に暮らした住まいの名前がSteamboat Houseで、そこから取ったそうな。

ちなみにサム・ヒューストンは初代及び第3代のテキサス共和国の大統領であり、米国に併合された後もテキサス州知事もつとめた歴史上で人気のお方。空港やベルレアへの往復でお世話になっている有料高速道路にお名前が冠されております。

いいですね、この狙ってワイルドな感じ。

フライドトマトいけます。左は安定のカラマーリ(烏賊)。

さて・・・今日のメインのお肉は何にしようかな・・ほぼリブアイ、たまにサーロイン、時々ラム、意表をついて魚介系というのがステーキ屋での基本取り組み姿勢ですが、本日気になったのはプライムリブ・・って、何でしたっけ。

(16オンス、ミディアムレアのプライムリブ)

なんとなくリブのいいところ(プライム)かな?ぐらいの意味に思っていたのですが・・これが全然違いました。

リブ肉を大きな塊のままで焼き上げて、分厚くステーキのようにカットしてサーブすることをプライムリブと呼ぶようです。(薄くカットした場合はイングリッシュカットと呼ばれ、いわゆるローストビーフな感じらしい)これはまた違う食感、食べ心地。

(同僚は8オンスのフィレをオーダー)

いつものリブアイよりあっさり食べやすい気がしますが脂身部分はリブアイのようにしっかり火が入った方が美味しいかな。どちらも食べ比べてみることをお勧めします。

(自由か死か・・・ってステーキに大袈裟な)

ふぅ、満足。ヒューストンの私的ステーキランキングに加えるとしたらどうでしょう。

今即興で決めるのであれば、Papas→48→Taste of Texas → Brenner’s、そして今回のSteamboatですかね。Perry’s、Del Frisco’s、Capital Grill、Morton’sはまだ圏外で。(全米チェーンはちょっと評価低目で)

ヒューストンで和食フュージョン〜Kata Robata

母の日だった日曜日、家族でヒューストン市内に遊びに出かけていたので、せっかくだから外食しよう、いつもの中華街(ベルレア)以外で・・・となって、珍しくも日本食を選択。

■ Kata Robata (→公式HP

以前に一度だけ何かの折に行ったことがある日本食レストランKata Robataを初の家族連れで。イメージは米国富裕層を意識した和食フュージョン。幸いに20分待ちで何とか席が取れました。

(お店はほぼ満席でした、母の日ですからね)

ヒューストンで和食を外食するなんて滅多にないので、メニューを熟読するのにもつい力が入ります。まずはSushi前に居酒屋系メニューをやつぎばやにオーダー。とりあえずのアサヒ生と共に。

カタロバタ風セビーチェ

ヒラタケの炉端焼きに蕎麦サラダ

タコのグリル、柚子胡椒風味

炉端焼きメニューから、はまちかま

3種の焼き鳥(明太子、照り焼き、大阪風)

味噌餃子、キムチパウダー

・・・ここらで次女が本気で怒り出します。そう、少々ピッキーで偏食気味な彼女からすると、知らないものは食べたくないのです。。(長女は果敢に色々トライ、特にはまちかまを絶賛)

こうしたお店で次女が食べれるのは・・・

サーモンとツナの細巻き。

ようやく来た!とこの満面の笑み。

いくつか米国の定番ロール系も頼んだのですが子供達には不評で結局自分達で頂くことに。どうやらキムチパウダーが海老天婦羅にかかっていたようで、刺激ブツと認識されたようです。。

妻と目を細めて頂いたのが、こちらの日本から空輸されてきている北海道産のホタテと、どこかの鯖。美味しかった〜。(1カンで7ドルと聞くと少々怯みますけども。。)

お酒は黄桜の純米酒がいい感じにリーズナブル。妻と黄桜といえば「ドン(呑)」と言いながらつぎあってみました。これが美味しいんです。普通酒でこんなものと決め付けず、普通に黄桜酒造の純米や純米吟醸、純米大吟醸にも今度手を伸ばしてみようかとも。

いいかげんお腹いっぱいだった我が家なんですが、女子のデザートは別腹といわんばかりにウェイトレスの姉さんが推してくるので一品を食後にオーダー。

やっぱりデザートを前に嬉しそうな妻。皆で昨晩のうちに娘達と3人で用意しておいた母の日メッセージカードも無事渡せて、めでたし、めでたし。

我が家がわりと食べているからなのか、まぁ、このぐらいが相場なのか4人で250ドル。そういえばオースティンでも同じぐらいかかりましたね。(→オースティンで焼き鳥と寿司

普段は家飲みばかりですし、外食といっても中華ばかりなんで、たまの出費は全然OK。

何かの記事で読みましたが、米国の1億人近くが母の日には外食に出かけるそうで、飲食業にとっては凄いかきいれ時の日なんだそうです。やっぱり母の日はママに料理を作らせずに日頃の感謝を外で食事をすることで示そうということなのでしょうか。

自分の母に感謝を伝えるのをすっかり忘れていたので、来月日本で会う時にでもまとめて伝えなくては・・と思ったダメ息子なのでした。

ベルレアで海鮮中華〜Jade Garden

本年2月の出会いから、数ヶ月で既に5〜6回通っている最近のお気に入り、ヒューストンの中華街ベルレア地区の海鮮中華店。聞けば香港オリジンだそうです。(最初の嬉しい出会いが福建炒飯→あえて低糖質やぶりメシ

■ Jade Garden (→Yelp HP

これまでの調査でのオススメ定番3品はこちら。

プリップリなロブスター炒め

ヒラメの姿揚げをお皿にした白身魚と野菜の炒めもの。

スペアリブを丸揚げ。これも豚肉が熱々ジューシー。

実はここ2回ほど仕事の会食でも試しに使っており好評を得ています。その理由が・・アルコールがメニューにないこと!

どういうこと?という感じですが、こちらのお店(ここだけじゃないですが)アルコールを売ってないがゆえに持ち込み自由。アルコールを出すライセンス(リカーライセンス)がないからだと理解しておりますが、自由にそこのスーパーで買ってきてというスタンス。

最初の1、2回は自ら冷えた青島ビールを買って飲んでいたのですが、まてよ・・・自分でお気に入りのワインを買っておいてもちこめば酒屋プライスで飲めるのでは?と考えたのがはじまり。

(こんな感じで酒屋で40ドル平均のワインを買って持ち込み)

特にワインが好きなゲストの方を迎える時には、それぞれに紹介ストーリーを添えれば面白いおもてなしになる予感。

先日の会では、最初の白は、ブラインドのテイスティングでフランスワインを抑え1位となったスタッグスリープスワイナリーの赤カベルネ・・ではなくて、白のシャルドネからスタート、、

カリフォルニア特有のジンファンデルベースのカルトワインと呼ばれるプリズナー、そして特有の赤葡萄つながりでプティシラー・・というストーリーを、Whole Foodsで揃えられる40ドル台のワイン達で構成し喜んで頂きました。

(私一押しの〆の福建炒飯も好評)

(炒飯系ではこの蟹を贅沢に使った蟹炒飯もオススメ)

酒屋で40ドル台のワインはステーキハウスで飲むと100ドル越えしてしまうので、これはリーズナブル且つ面白いおもてなしの試みではないか?と自画自賛中です。

同店のメニュー探求と共にもう少しこの酒屋ワインの切り口を深めていきたいと思います。

宇宙に一番近い補習校へ入学

先週末の土曜日、長女の日本語補習校への入学式がありました。日本にいればランドセルの歳かぁ、早いものです。

宇宙に一番近い・・というのは上手い名付けですね。天国に一番近い島はニューカレドニアでしたっけ。(由来は小説から)

校長先生や来賓の方のご挨拶を聞くなんて・・人生で何年ぶりなんでしょうか。こうした集会ではよく貧血で倒れる人が出てくるので、ちょっと自分は大丈夫かと不安だったのですが、普通にホールは椅子席で安心しました。

クラスメイトとの対面にちょっと緊張気味だった長女も授業後に迎えに行くと元気いっぱいでまずは安心。これから長女がお世話になりますが、どうかよろしくお願い致します。

家族写真もついでにパチリ。右も左も日本人の親と子供ばかりで(当たり前か・・)これは毎週土曜日の娘の送り迎え時も気が抜けませんね。次女は一人っ子タイムとなりますので、きっと大喜びでしょう。

これから月〜土の週6日の学校通いとなるのは少々気の毒ですが、日本語力が弱い長女にはきっと必要な投資時間。うまく親としてサポート&盛り上げていければと思います。

僕の新たな課題(タスク)は宿題の実行・管理・監督。基本は毎週土曜の学校通いの翌日の日曜日中に終わらせるのを目指していきたいと思います。少しずつ前倒しにやって貯金を作る、、のも良いかも。

お迎え時に野菜のおじさまから毎回カブのぬか漬けと卵を買うのがルーティンとなる予感。

ソフトボール応援2018

この時期恒例の商工会主催のソフトボール大会当日。この日に向け約3ヶ月のあいだ毎週末に練習してきた仲間達を応援に・・・

青空の感じがいかにもテキサス。

こうして応援に駆けつけるのも早4回目と思うと感慨深いです。

今年も例年以上に手に汗握る試合の連続で応援組も大騒ぎ、観戦しているだけでこんなに緊張するのですから、試合の舞台にたつ皆の緊張や興奮は凄いものでしょうね。

そして悲願の優勝(聞いているかぎりこれが3回目)、最後の最後まで気が抜けない展開ながら、昨年準決勝にてサヨナラで敗れた強豪チームに今年はこちらが決勝で4番主砲の一打でサヨナラ勝ち、という少年漫画クオリティの展開。

皆の素晴らしい活躍で涙が出ました。本当におめでとうございます! 翌日からレギュラーで活躍した皆さんへのリスペクトが僕の中で数割増に上がったのは言うまでもありません。

きっと小学生ぐらいから皆運動が出来て人気者だったのではないか・・・と勝手に羨ましく思う、球技の中でも特に野球が苦手な私。

自分が何か出来ることで頑張るとしたら・・・来月のピクニックで肉を焼くぐらいかなぁ。

ヒューストンで飲茶3

ヒューストン飲茶ランキングに再び変動あり。(前回は1番ポジションに変化・・→ヒューストンで飲茶2

口コミで飲茶がオススメ!と伺ったので偵察して参りました。

■ 鳳城海鮮酒家 Fung’s Kitchen(→公式HP

飲茶は週末土日の昼だけの限定サービスのようです。広い店内をワゴンが走り回るのはOcean Palaceと同じ本場スタイル。

かなりの人気店のようで、入り口で20分待ち、お客様の半分ぐらいが中国の方、残りはそれ以外・・というイメージでした。

大きなお店ながら内装はOcean Palaceよりもずっと高級感あり。メニューが豊富なようで夜に食べに来てみるのも面白そうです。

肝心の点心レベルは・・先日私的ランキングで堂々1位とした錦江酒家には及ばないものの、僅差で2位という印象。

デザートの種類がかなり充実しており、なおかつ美味しいのが低糖質生活者には危険な感じ。左のココナツミルクゼリーはあまりに美味で持ち帰り用に再オーダー。

飲茶好きな我が家のレディースにも大好評でした。次回は友人家族でもお誘いして大人数で再戦してみたいと思います。(定番以外のメニューも確認してみたい)

入り口にはオーパスワンのボトルが並んでいたり、ちょっとバブリーな雰囲気が漂うのも実は新鮮。我が家はベルレア(中華街)の場末店潜入をもっぱらの趣味としているので。

  1. 錦江酒家(Sarah Place)
  2. 鳳城海鮮酒家(Fung’s Kitchen)
  3. 黄金点心茶寮(Golden Dim Sum)

香港シティーモールのOcean PalaceはTOP3から圏外へ脱落。ワゴンスタイルが僕の中ではポイントUPでしたが、同スタイルで味、種類で上が出てきてはもう難しいですね。