「ヒューストン事情」カテゴリーアーカイブ

ヒューストンでなんちゃって和食〜Izakaya HI

近所に最近オープンした感じの日本食屋さんを家族で偵察して参りました。Hiはハーイ!じゃなくて、ひ。火なのかは不明です。

■ Izakaya Hi (→公式HP

扉を開けるとアジアな感じの受付のお姉さんがいて席に通してもらえます。店内もそれなりに和風でまとまっていますが、どこかハリウッド映画的な日本の感じなのはいつものこと。

韓国系のオーナーが日本食のお店をオープンした感じでした。メニューをみるといわゆるなんちゃって和食な感じですが、SUSHIは結構にぎりも巻物も頑張っており値段もリーズナブルかも。

エビ酢の物からのー

韓国風きゅうり。

生ビールはASAHIとSAPPOROがあって、一杯3.5ドルというのもこれまたお得感あり。次女は安定のサーモン細巻きをせっせと食べています。

揚げ出し豆腐とか餃子はもう少しオリジナルレシピを研究してほしいところですが、これはこれで韓国での日式料理のスタンダードなのかもしれません。(日本の街の中華料理屋さんが、オリジナルの中国料理とは異なる進化を遂げたように)

テリヤキとスパイシーの2種類の焼き鳥もちゃんとしてました。

天かすがご飯にたっぷりまぶされた天丼も悪くない。

全米に相当数点在するなんちゃって和食のカテゴリーではありますが、その中では割とまともな方ではないかと。店名が似ているIzakaya Waは、あちらはなんちゃって・・ではなく正しい和食のお店。(てっぺいやささきも同様に)

今度はRoll持ち帰りでパーティーなんかもありかもしれません。ただ、リーズナブルと言いつつ家族でお会計95ドル。外食時の金銭感覚が完全にずれてきている感じもします。

マグロ祭り〜SEIWA オープン2周年

いつもお世話になっている日本食材店SEIWAが先日オープン2周年を迎えました。いつも大変お世話になっております。

2周年を祝うセールやイベントがあり、その中でも9/1に開催されたクロマグロの解体ショーが最高でした。

(補習校で長女をピックアップした足で駆けつけました)

赤身、中トロ、大トロの3つの区分で販売されていたのですが、解体をするそばに張り付かせて頂き、見た目が特によさそうなサクを吟味して買わせてもらいました。

(〆て80ドルほど大人買い)

800グラムほどで1万円相当・・日本で買うにしてもかなりお得な買い物だったのではないかと思います。興奮した勢いでその日は手巻きの日。

奥は左から大トロ、中トロ、赤身。手前はサーモンに鯛。

(しっとりとしていい色艶!)

(手巻き食べるゾォォ!)

家族4人で思いっきりマグロの美味しさを堪能させて頂きました。個人的に好きなのは中トロなんですが、本日は赤身も絶品。

  

(こんな感じで各自食べ放題)

 

つい貴重な日本酒も飲んでしまう。

翌日は意図的に残しておいた中トロを30分ほど漬けにして丼に。あまりの美味しさに画像無し・・・

まぐろ解体売り、一時期Hマートがやっておりましたが最近はどうなんでしょう。是非 SEIWAで定期的に開催して欲しいもの。(69ドルの刺身盛り合わせも早く復活して欲しい)

エンゲル係数高めな我が家からのレポートでした。

ベルレアで中華〜東北人(東北料理)

久しぶりのベルレア探検隊活動記録。単身合宿に入る前は毎週ベルレア地区で新規開拓を目指そう!ぐらい考えていたのですが、減らぬ体重を前にそれどころではなくなってました。

今回向かったのは、定期的に足を運ぶ火鍋屋のベルレア店(小肥羊→ヒューストンで火鍋)と同じモールにあり以前より気になっていたこちらのお店、なんとその名も「東北人」。

自分、道産子なんで・・と敬遠していた訳ではありませんが思い切って後輩と潜入調査。中国の東北地方料理を食べに行くのは初めてだったので入店前にネットで予習。

ランチの開店時間ちょい前だったので店員さん達普通にテレビをみてくつろいでおりましたが、雰囲気は悪くない。

中国で東北地方といえば、旧満州なエリア。黒龍江省とか吉林省のあたりのお料理ですね。

水餃子は東北地方の発祥なんだそうです。手作りの皮がいい感じでモッチモチ。サイズも小さく手頃でこれは食べちゃいますね。

串モノは昼はやっていなかったので、骨つき羊肉の煮込みを。いいなぁ、羊肉の塊。。

さらに連続羊、マトンのクミン炒め。これはビールが欲しくなります。(ランチなのでアイスティー、ビールはあるのか?)

中華でスパイシーといえば四川一本だったのですが、東北料理も辛さの方向性は少し違うもののなかなかの唐辛子系。寒い地域でもあり韓国が近いことなど関係あるでしょうか。そして道産子的には嬉しいことに羊肉のメニューが多い。(モンゴル近いし)

箸休めのはずのキャベツ炒めもスパイシー。

今回の潜入だけでは東北地方料理の主要メニューの全貌がつかめなかったので再度の潜入を決意。次は羊肉とネギの炒めや、野菜や肉の素揚げ→炒め系の名物料理も賞味したいと思います。

要予約449ドルの羊の丸焼き、いずれ仲間を募って挑戦してみたいです。普通は12人ぐらいで食べるそうな。(20人まで可)

中華四大料理というと、四川、広東、上海に北京。上海料理はココ!というお店を見つけられていない気がします。これも今後の調査事項です。飲茶や今回の東北料理など含め、ベルレアお勧め10店!ぐらいを自らの足跡として残せるようにしたいです。

ベルレアで中華〜Mein Restaurant(広東料理)

我々の間でにわかに人気上昇中なベルレアの中華店。

■ 好麺膳〜Mein Restaurant(→公式HP

四大中華料理の一角、広東料理のお店です。開店して4年目だそうですが週末も繁盛しております。広東料理といえば、食在広州の言葉通り食のメッカ。豊富な素材の味を活かした多彩な料理が信条です。まだ数回の訪店ですが、おすすめメニューを列挙。(というか、これまで何を食べてもハズレなし)

(エビと烏賊のニラ炒め・Chive Flower Squid Shrimp)

しゃっきりしたニラに優しい味のソース。

(茹で鶏のごま油塩・Hand Pulled Chicken)

この鷄は本当にいつ食べても絶品なので、マストオーダーです。家で同じものが作れるようになりたい・・

(ベトナム式鷄炒め・Shaking Chicken)

こちらは広東料理ではありませんが、めっちゃご飯がススム味。

(チャーシュー・Charsiu)

この蜂蜜を表面に塗りながらじっくり仕上げた中華式チャーシューがこれまた・・・

(ワンタンスープ・Wonton Soup)

広東料理の定番のワンタンです。豚肉とエビが入ってプリップリの食感、そしてスープの味がとても滋味深い。

炒飯系も種類豊富でまだまだ試してみたいメニュが目白押し。

メニューは写真が全品あって説明もしっかりしているので親切。スタッフの皆さんのサービスも良いです。

先週末にお伺いした際、11時開店直ぐで客足もまばらな中でオーナーと思しきオッサンが親しげに声をかけてきました。話を聞くと・・お父上がタイガーデン(ヒューストンで元祖と言われるラーメン店)を開店したのを皮切りに、現在は全部で6店舗の飲食店を兄弟で一緒に経営しているのだとか。

 

ご本人は広東出身でもなんでもなくカンボジア出身。四川より広東料理の方がカラダにいいよと力説しておりました。これから隣で、昼はウドン、夜は居酒屋の日本食屋も始めるのでヨロシク来てね、と。いやぁ、商魂たくましいですね。

ベルレアで中華といえば、四川料理の小熊(Mala Sichuan→Yelp HP)が我々の不動のプランAでしたが、四川が続くのは少々胃腸にも悪いですし、広東のこの店がその座を奪う日が来る可能性もありえるかな、、と。まだまだ未トライのメニュー多数なので、引き続き潜入調査を継続します。

(後日訪問時の追加画像)

(さっぱりした前菜)

(このネギごま油ペーストをのせたチキンも美味し)

(イカ墨チャーハンは斬新なお味)

ヒューストンでクレオール料理〜Brennan’s of Houston

クレオール料理の名店と言われるBrennan’s of Houstonで先週初めて食事する機会がありました。

■ Brennan’s of Houston  (→公式HP

(皆さん結構ご存知でしたが自分は初めて)

そもそもクレオール料理ってなーに(ケイジャンとは違うの?)というとこからですが、Wiki先生による説明を要約すると・・

クレオール料理とは、ルイジアナ州ニューオリンズを中心とする複数の食文化が混合して出来た独特の料理スタイル(ここまでケイジャン料理と一緒な流れ)で・・・

違いは、ケイジャン料理が田舎方向に走ったのに対して、クレオール料理はあくまで都市の富裕層のもとで洗練され、地元の食材を使いながらも古典的なヨーロッパのスタイルに向かった点。

つまり、クレオール料理の方がお上品・・でいいのかな。

(確かに店内はオシャレな雰囲気でした)

ケイジャン料理というと、ニューオリンズの庶民的なお店に行く以外は、ヒューストンではPapadeuxなどにゲストをご案内するのが定番。(→ヒューストンでロブスター〜Papadeux Seafood Kitchen

メニューを眺めると定番のガンボスープもありますし、生牡蠣とかフライやグリルなど似たようなメニューもありつつ、確かに全体の構成がフレンチっぽいといえば、よりフレンチっぽい気も。(影響としては、フランス、スペイン、さらにはイタリア料理の特徴も備えているのだとか)

(上から左回りに、ガンボ、ビスクにタートルスープ)

(白身魚のグリルにエビ、カニ、オイスターなど欲張りに配置してもらったメイン)

魚介系のみならず、お肉パートも充実。定番のリブアイだけじゃなく猟で獲る鴨があったりして気になりました。(また行こう)

楽しいのがデザート。

(ニューオリンズ名物のベニエ・・)

(パフォーマンス抜群のバナナフォスター、グリルドバナナ)

これは家族連れで再訪しなくてはいけないお店としてチェックです。ランチであれば少し気軽にいけるかな。。