「ヒューストン事情」カテゴリーアーカイブ

ヒューストンでラストディナー〜Pappas Bros. Steakhouse

ヒューストンからの帰国前日。あいにく妻子は体調すぐれず、日中はホテルで眠り姫x3状態に。

確かに娘達は体調不良を押して最後まで学校行って、友達と連日別れを惜しんで、その間に妻は引越荷物を出して(その準備で徹夜もして)・・みんなここまで大忙しだったからなぁ。。

(前日は長女と最後の登校を噛みしめました)

僕は日中に出かける最後の予定があったので夕方に家族と再合流。やっぱり最終夜、どこか家族で外食に出かけたいよね。ではどこだろう・・という話に。

やっぱり・・ここか。自分の中ではヒューストンNo.1のステーキハウスと思っているPappas Bros. Steakhouse!

家族連れで来るのは初めて。4歳でPappasデビューなんて生意気なんですぞ、と。さて、最後まで行儀よく出来るかな・・。

(本日もいい感じの雰囲気)

楽しみにしていたはずの妻が胃腸の調子が悪く可哀想でしたが、、リブアイ、フィレ、そしてラムチョップをサラダ、サイドデュッシュと共にオーダー。

(妻とグラスワインで5年間の労いの乾杯)

考えてみると、赴任翌日か翌々日の自分の歓迎で初めてヒューストンで訪れたステーキハウスがこちら。以来、5年間かぁ・・と感慨にふけりました。

(16オンスのリブアイがするっと・・胃の成長を実感)

今日は何かの記念日ですか?とサービスのイケメン君に尋ねられたので、ヒューストンで最後の夜だから一番美味しいステーキハウスに来たんだ・・という話をしたらとても喜んで貰えました。隣の老夫婦にも娘達が行儀よくステーキを楽しんでいるのを褒められたり。

(最後にテキサスサイズのデザートを確認)

長女と次女が8オンスのフィレのステーキを分けあって、付け合わせのアスパラやポテトを美味しそうに平らげている逞しい姿に成長を実感。さぁ、そろそろお勘定・・と思ったら、、

なんとサービスのイケメン君の手配、お店からのサプライズとしてコックコートのプレゼント! 5年間で10数回ぐらいしか来ていないのに・・これは嬉しいなぁ(涙)

最後の夜がとっても思い出深いものになりました。
ヒューストン最高!

ベルエアで中華〜東北人(東北料理)

久しぶりのベルエア探検隊活動記録。単身合宿に入る前は毎週ベルエア地区で新規開拓を目指そう!ぐらい考えていたのですが、減らぬ体重を前にそれどころではなくなってました。

今回向かったのは、定期的に足を運ぶ火鍋屋のベルエア店(小肥羊→ヒューストンで火鍋)と同じモールにあり以前より気になっていたこちらのお店、なんとその名も「東北人」。

自分、道産子なんで・・と敬遠していた訳ではありませんが思い切って後輩と潜入調査。中国の東北地方料理を食べに行くのは初めてだったので入店前にネットで予習。

ランチの開店時間ちょい前だったので店員さん達普通にテレビをみてくつろいでおりましたが、雰囲気は悪くない。

中国で東北地方といえば、旧満州なエリア。黒龍江省とか吉林省のあたりのお料理ですね。

水餃子は東北地方の発祥なんだそうです。手作りの皮がいい感じでモッチモチ。サイズも小さく手頃でこれは食べちゃいますね。

串モノは昼はやっていなかったので、骨つき羊肉の煮込みを。いいなぁ、羊肉の塊。。

さらに連続羊、マトンのクミン炒め。これはビールが欲しくなります。(ランチなのでアイスティー、ビールはあるのか?)

中華でスパイシーといえば四川一本だったのですが、東北料理も辛さの方向性は少し違うもののなかなかの唐辛子系。寒い地域でもあり韓国が近いことなど関係あるでしょうか。そして道産子的には嬉しいことに羊肉のメニューが多い。(モンゴル近いし)

箸休めのはずのキャベツ炒めもスパイシー。

今回の潜入だけでは東北地方料理の主要メニューの全貌がつかめなかったので再度の潜入を決意。次は羊肉とネギの炒めや、野菜や肉の素揚げ→炒め系の名物料理も賞味したいと思います。

要予約449ドルの羊の丸焼き、いずれ仲間を募って挑戦してみたいです。普通は12人ぐらいで食べるそうな。(20人まで可)

中華四大料理というと、四川、広東、上海に北京。上海料理はココ!というお店を見つけられていない気がします。これも今後の調査事項です。飲茶や今回の東北料理など含め、ベルエアお勧め10店!ぐらいを自らの足跡として残せるようにしたいです。

ヒューストンでステーキ〜Taste of Texas

ヒューストンのステーキハウス、個人ランキングTOP5に入る一店がTaste of Texas。予約を取れないところが難点ではありますが、カジュアルで陽気な雰囲気とリーズナブルさでいけばほぼTOP。

Taste of Texas (→YelpのHP
10505 Katy Fwy Houston, TX 77024

多少の待ち時間が苦にもならない若手の出張者などはほぼこちらに案内しております。

IMG_6904

IMG_6905

(店内はウエスタンな雰囲気でいかにもテキサス)

このお店はサラダバーがあるので、ほぼ前菜は頼まず、まずは日頃不足しがちな野菜を思う存分食べるところからスタートします。最近アメリカで人気だというキヌアのサラダなんかもありますので女性も楽しめるのでは。

IMG_6908

(ランチドレッシングはカロリー高いかもですが)

そして肝心のステーキですが、基本はリブアイ一択、ただし最低16オンスからのオーダーというところが如何にもテキサス。(16オンス=1ポンド=約450グラム)

勿論、脂っ気なしのさっぱりフィレや、NYでは人気のサーロイン、巨大なトマホーク、ポーターハウスなども各種ございますのでご安心を。

IMG_6909

(リブアイ突撃前のT君の勇姿)

IMG_6910

(私は16オンスのフィレをオーダー)

IMG_6912

(フィレを2オンスほど彼に分け与えました)

さて、人生初めてという18オンス=約500グラムのステーキとの死闘がスタートしました。(私は14オンスのフィレをかるーく完食)

(15分経過)

美味しい、美味しい、と食べていた彼の動きが止まります。

IMG_6921

(あと3口ぐらいなんですけどね・・・)

IMG_6922

(天を仰ぐ・・まるで東京テレビの大食い選手権。目が少々うつろ。)

IMG_6923

(一気に畳み掛けてフィニッシュ、男を見せました)

これは米国で言うところのフーハラ(フードハラスメント)ですね。(本人の意思を無視して無言で食べることを強制)

そこで間髪入れずにデザートをオーダー。女性なら喜ぶかもしれませんが、果たして男性の場合は・・

IMG_6924

(お店自慢のキーライムパイを前に嘆息)

という訳で画像を並べるだけで胸焼けしそうなテキサスのステーキハウスですが、意外にも翌日はわりとサッパリ。病的な脂ののり方がないからであろうと推測しております。意識して炭水化物(イモやパン)も摂取しておりませんし。

ちなみに個人的HOUSTON TOP5の他のステーキハウスと言いますと、PapasSteakhouse、Brennan’s、Del Frisco’sなどです。(最後の一つは絶賛捜索中!)Perry’sのポークチョップもなかなか迫力があります。でも出来れば何店舗もあるチェーンは避けたいところ。

たまにゲストを案内するぐらいの機会であれば、今の手持ちでも十分かなと思いますが、どうでしょうか。

あとは我が家の裏庭ステーキハウスのレベルをあげたいところです。赤ワインの原価を抑えられますし。