社会人22年目、日本に帰任します

日本的な感覚ですけど・・2019年度がスタートしました。社会人として数えると22年目。そして米国生活も丸5年が終わり6年目に突入!というタイミングにて日本に帰任することとなりました。

こんなに米国生活が名残惜しい気持ちになるとは自分でも思わなかったなぁ。。それだけ充実したUSライフだったのか・・とポジティブに捉えています。(印象深い事件が沢山あったのは間違いないかも)

(量は別にして死ぬまで何かしら仕事してたい派)

2019年11月には45歳、現在の仕事は最大でも15年、そこから先の15年はまた違う世界で目的や目標も自分で見つけていかなくては・・とぼんやり思っています。30年より先の75歳以降は・・運良く生きていられるとしたらそれこそ余生なので、またその時に考えることにします。(今はやや先送り思考)

世の中が変化するスピードはますます増しており、そんな中でどんどん自らと周囲を巻き込んで変化させていく部分と、これは変えない・・と決める部分の、自分なりの判断がいよいよ「今」求められている気がします。皆がこうだからそっちへフラフラ・・という感じではあまり良い結果は期待できないし。

まずは目の前の残り4週間の米国でのラストの日々をどう手仕舞っていくか。仕事も勿論そうですが、家族との今のテキサス暮らしをどうやってうまく東京での暮らしに繋げていけるかも。

良いチャレンジが続く予感です。
とりあえず痩せたい。

「社会人22年目、日本に帰任します」への2件のフィードバック

  1. 帰任決定されたんですね。一度ヒューストンに暮らすと、中々離れがたくなると聞いてはおりますが、hiroponさん(すみません、よく考えたら勝手にblogタイトルをお名前にしています)も同じお気持ちなんですね。
    私は夏の渡米が決定したのですが、現地ではお会い出来そうになく残念です。
    ですが、今まで細々と交流させて頂いておりますし、東京でテキサスを偲ぶ?会の開催ができればと思っています。

    帰任までお忙しいと思いますので、どうぞお体にはお気をつけて、残り少ないテキサスでの日々をお過ごし下さいね。

    1. Mlさん いつもコメント有難うございます。また、優しいお言葉もかけて頂き感謝です。そうなんです、あ、夏にMlさんとヒューストンでお会いする約束が・・と思いました。是非、東京で道産子がテキサスを偲ぶ会を開いてお会いすることが出来れば・・と思いますので、宜しくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です