hiropon181 のすべての投稿

Yokoso !! Tokyo

随分と久しぶりのYokoso!!企画。(以前にお迎えしたのは欧州のお客様とかベトナムからのお客様とか。。)

時たま海外のナショナルスタッフが研修や打ち合わせで日本に来る時に発動するこの企画。今回は9月に2週間ほど訪れてポッキー外交を繰り広げたインドネシアからのお客様。

どうやってもてなそうかな・・と考えてみて、僕自身も一度も乗ったことがない高名な・・はとバス半日ツアーに参加することに。

だって、僕もしょせん10年前に東京に出てきた道産子、観光客みたいなものですし。いや~、参加した甲斐がありましたね。 特にガイドのカネコさんが最高! 大笑い

ネタが散りばめられた英語ガイド、かなり芸人の域に達していました。

東京タワー

僕も初めて東京タワーの展望台に上りました!

うっすらと富士山が遠くに見えました。

皇居

皇居の周りをゆっくり歩いたりするのも何だか新鮮。

浅草

浅草ではお団子を買い食いしたり、モツ煮込みで一杯飲んだり。(彼は敬虔なモスリムなんで飲んだのは僕だけですが。。)

〆は銀座をぶらりと歩いてから築地に移動して・・

築地

やはり日本では、寿司食いねぇ スマイル

「SUSHI MANIA」を自称するイワンさんも楽しんで頂けたのではないでしょうか。美味しいマグロも良いですが、新鮮な日本近海の光モノのネタなんかが貴重だったのでは。

今回は初めての東京ということもあり、かなり無難なルートをチョイスをしてみました。より刺激的にスパイスを利かせてということであれば・・

● 渋谷のスクランブル交差点

● 西新宿の高層ビル街

● 秋葉原のメイドカフェ

● 六本木の仮面舞踏会的なお店

● 有楽町のガード下の飲み屋

● 銀座4丁目交差点

などをお客様のご要望に合わせてルートに組み合わせることが考えられますね。ま、何といっても、今回の彼の出張で一番衝撃だったのは、翌日朝の通勤ラッシュでしょう。

間違いなく背中を駅員さんに押されて満員電車に詰め込まれたのは初体験のはず!

スマイル 「こうやって、日本人は毎朝、体力と精神力を通勤途中でも鍛えているんだよ。」

スマイル 「そうなんだ・・・」

 

練習相手、お願いします

師走特有の(他に予定がないと毎月ですが・・)飲み会ラッシュ。このままでは飛べないどころか踊れないブタになると思い、土曜はダンス、ダンス・・。

練習相手をお願いしたのは以前お見合いをしたAさん。

彼女が求めるハイスペックリーダーからは、限りなく自分はオフスペックだったので、前回お会いした時はご縁がなかった訳ですが、、その後も連絡はポチポチと継続。

カラダが空いているのなら練習しようか、ということで久しぶりに再会。実力は雲泥の差ですが、ダンスの話はとても合うんです。本日も、たくさんいいこと教えてもらったなぁ。

まさに、師匠と弟子の様相 大笑い

現在の実力はもとより、お互いの目標とする競技生活レベルと希望練習頻度に開きがあり、なおかつお互いの家が遠いので、カップル成立条件的にはかなり厳しいのですが・・・

しばらく練習相手としてお付き合いしてもらう了解を何とか取り付けました。(いや、決して練習後のケーキで買収した訳ではないですよ、多分)

ただし、いつでも解約可能という条件。

12月は僕が既に山ほど予定入れておりますので、1月あたりからボチボチお試しスタートです。誰と踊るにせよ、僕自身がもっとうまくなる必要があると実感した前回の試合。

練習している間に良い人が現れるかもしれませんし。ま、考えるより、まず行動。

何から行動?と思う暇があったらナチュラルターン。でも、人生は計画的に。

幸福を感じるには

日曜の朝、心にふと響いた言葉をメモ。

幸福を感じるには
力がいる
自分の中に幸せの原型がなきゃ
わからない、気付かない
by 千代バア

(槇村さとる「おいしい関係」 act.23より)

えぇ、日曜の朝からTSUTAYAで借りた少女漫画を布団の中で読みふけり、これは深いな・・・と脳内で言葉を転がしてみる、危ない30路男がここにいます。

(実はTSUTAYAでコンスタントに漫画を借りてますが・・思わずお勧めコーナーにある「Real Clothes」槇村さとる(~5巻まで既刊)を手に取ったところえらく面白く、代表作と言われる「おいしい関係」を現在読み進めています。確かに少女漫画界では高名な巨匠の作品だから、面白いのも当然か。)

数字力

ビジネスマンとして身に付けるべき力の一つは数字力とまさに実感。これ、仕事でも即戦力の知識ですよ。(実際、すでに何度も役立っています)ここだけは自分の頭に叩き込んでおこうという数字は以下にメモします。

日本の人口・・1億3千万人、そのうち労働人口は約7千万人、失業者250万人含む。ちなみに世界全体の人口は65億人。

GDP、名目は515兆円、実質は560兆円。1位の米国は13.2兆ドル、中国は2.6兆ドル。世界全体のGDPは43.6兆ドル。(富の偏在を実感しますね)

今年の日本の国家予算は約83兆円、出生率は1.31、世帯数は4700万世帯。昨年生まれた子供の数は109万人。(団塊の世代は200万人)

僕自身の1時間当たりの付加価値金額(労働生産性)については・・・一人で計算するか。毎月のお給料に見合うだけの仕事がちゃんとできているかなぁ。。

全て数字に結びつけて考える思考法が果たして実践できているか?色々な仕掛けをブログを絡めてやっているつもりではあるけど、、まだまだ余地はある気がします。

<現在記録中の日々の生活にまつわる数字>

● 小遣い帳、体重&体脂肪、歩数、読書量、飲み会回数、そしてダンス練習回数

あんまり細かいメモ男は嫌われる!? スマイル

171/200冊

藤春シェフの初コース体験〜銀座らんぷ

僕のご贔屓のBARらんぷが今年銀座の4丁目から7丁目に移転しました。もともとはO先輩に連れて行って頂いたこの店との付き合いも早10年近く。銀座で70年以上の歴史をもつ老舗BAR(1933年創業)。

その老舗が移転の中で新しい形を創っていく姿が面白くて、最近よく通っています。3階建てのカフェを併設した形となり、店長のHさんがシェフを務めていたのですが、とうとう念願のシェフが入ったと先週飲んだ際に伺って、早速試食に行って参りました。

今回らんぷに入られたシェフは3名!

何でも3人で働けるお店を探していたとか・・・。(シェフ軍団ですよ、まさに)さすが3人のシェフの皆さんの息もピッタリ。”おまかせ”でお願いしたところ、2人にそれぞれ別の皿、じっくり堪能させて頂きました。。

画像ですが・・・ご賞味あれ!

らんぷ

アミューズはカリフラワーのムース、底にベリーのジャムが。出だしから期待が膨らみます。口直しにアンチョビが入ったミニミニクロワッサンが技あり。

らんぷ

トマトのファルシ、ダシ寄せ、中身にはホタテのタルタルが詰まっています。ベースはアボカドのペースト。

らんぷ

お隣には、同じ材料ながら趣の違う一品。ホタテ、トマト、アボカドの冷製仕立て、これがまた絶品。

らんぷ

サッと揚げた牡蠣にホタテ出しのリゾット。こ、これはウマすぎですよ。

らんぷ

横をみやると、手ナガエビをサックリ揚げたものが、マッシュルームを煮詰めたカプチーノ仕立て。この泡、マジウマすぎ。

らんぷ

ラム最高。道産子のソウルフードは羊なんですよ。

らんぷ

でも、鴨も美味しいカモ。底のワイルドライスもびっくりプチプチ野生の味。

らんぷ

びっくりバナナを彷彿させるロールケーキにタルトにメープルシロップのアイス。いや~、これから2階に進んで飲み続けますのでカフェはお預け。しかしまあ、贅沢すぎですね。

2人で別々の皿を半分ずつシェアさせてもらうなんて。。

ここは珍しく、食べブログさせて頂くしかお礼の気持ちを表せませんね。特に影響力のないこのブログですけども。

銀座らんぷ

The House of Ginza Lamp 1933
〒104-0061 東京都中央区銀座7-3-16

03-6303-4140・4169
http://ginza-lamp.net

こちらのランプ、とっても使えるお店ですよ。食べて良し、飲んで良し、雰囲気良し。これからも宜しくお願いします。

(追記)これが振り返れば、藤春シェフの初フルコース体験でした。ここから長いお付き合いのはじまりです。そして一緒にいたのはのちに妻となる女性です。(良かった・・)