hiropon181 のすべての投稿

39カ国目は何処へ

7月下旬に夏休みを取って海外旅行を計画しています。いわゆる、新婚旅行というやつ。

第一の目的地は、彼女の親友のMータンが嫁いだドイツのミュンヘン。彼女も再会を楽しみにしてますが、僕も本場のバイツェン(小麦を使った白ビール)が楽しみ!

ミュンヘン行き以外の旅程の組み立ては僕に任せてくれるというのでお言葉に甘えて・・サウンドオブミュージックで有名なオーストリアのザルツブルグにちょっと1泊。

あとは初めてのトルコ・イスタンブール経由の便を選択。そう、39カ国目です。

「歳の数だけ新しい国に行ってみたいプロジェクト」はまだまだ有言実行中。2004年にドイツから帰国して以来、30歳を過ぎて訪れた国達は以下。

27カ国目・・ベトナム

28カ国目・・ラオス

29カ国目・・カンボジア

30カ国目・・中国

31カ国目・・メキシコ

32カ国目・・ロシア

33カ国目・・台湾

34カ国目・・カナダ

35カ国目・・フィリピン

36カ国目・・グアム

37カ国目・・マレーシア

38カ国目・・シンガポール

39カ国目・・トルコ(予定)

オスマン帝国の末裔、西欧化を進めEU入りを目指す巨大なイスラム国家。イスラム国家潜入は4カ国目です(ヨルダン、イラク、インドネシア)。

せっかく実地で見聞を広める機会ですので、旅の前にトルコ絡め5冊ぐらい予習もしないと。昨年少し固め読みしたイスラーム関係も復習してみよう。

年に1度の長い休みに、2人で初めての海外、初めての国。色々と楽しみです。

家庭内早慶戦

以前の職場で一緒だった後輩の結婚式2次会へ。気は優しくて力持ち路線を王道でいくようにスクスクと大きく育ったナイスガイ。

IMG_8142.JPG

これまた随分と感じの良い奥様を見事に見つけてきたようでして天晴れですね。社内結婚、同じ基幹職同士のダブルインカム十二分カップル。

さらに2人はアメフトカップル(彼女は選手ではなくてマネージャーですよ) 夜な夜な家庭内で早慶戦を繰り広げることになるそうです。(当然その手の余興が。。)

・・どうりで、いつにもまして筋肉の鎧をまとった関係者達がこの会には溢れているのか。。こちらは自分の会を3週間後に控えて、進行から料理、プロフィールDVDまで仔細に観察。

おかげで色々と脳内シュミレーション出来ました。こうして、また一人Gメンが幸せに卒業していきました。

どうかお幸せに。

*Gメンとは・・過去に僕が幹事の合コンに参加したことのあるメンバー

フジツボの握り

久しぶり@寿司屋。 2週間に1度はお寿司をつまめる大人に成りたいです。 (というかもう大人ですか)

IMG_8133.JPG

刺身も美味い、岩牡蠣も美味い、そして・・フジツボ人生初体験。実はこやつは貝ではなく甲殻類と聞いておりましたが、、確かに、エビカニの味してるわ!!

これは小さな奴でダシ取った味噌汁が美味しそうだなぁ。(東北地方では食べるみたい) それにしてもこの神秘的な生態・・ウィキペディアを読んでるだけでワクワクします。

IMG_8134.JPG

フグの白子の天婦羅って・・・濃厚でクリーミー。肝系の最上位種って感じです。 デーモンでいうとアークデーモン(例える必要無し?)

初めてのお店ですが、まるで小料理屋のように一品、一品が決まっています。これは日本酒も進む、進む。

IMG_8136.JPG

おかげで握りに辿り着いた時はすっかり腹8分目→直ぐに10分目で試合終了~~。これは是非再訪して、こちらで握りを最初から堪能してみたいなぁ。

スマイル 「へぃ、何から握りましょうか。」

大笑い 「フジツボ!」

中古ワンルーム投資〜1年目検証

ちょうど1年前ぐらいに踏み出した中古ワンルームマンション投資。名付けて「金持ち父ちゃんプロジェクト」。ほぼ完全放置のまま1年が過ぎましたので、購入後の初年度を検証してみます。

<収入の部> 合計 214万円

■ 家賃収入(2戸分x12ヶ月) 194万円
■ 所得税還付 16万円
■ 契約更新 4万円

<支出の部> 合計 ▲189万円

■ ローン返済 ▲142万円
■ 管理費支払 ▲23万円
■ 不動産取得税 ▲24万円

年間収支では25万円のキャッシュイン。もともと投資資金(頭金+事務手数料)が250万円だから・・投資利回りは10%相当?

次年度は所得税還付が無くなり(むしろさらに徴税?)利回りはグッと悪くなりますが、それでも若干のプラスリターン5%程度を維持できる見込み。

塩漬けになっている蕪が取得価格▲28%という目減り状態なので不動産さまさまです。やっぱり面倒くさがりのサラリーマンには不動産投資は向いているのかも。

まずは結婚費用と弟への投資で半減した生活防衛資金の再チャージ。その後は残債の繰上返済を推し進めるか、3戸目の物色を開始するかを要検討です。(そんな資金繰り計画を脳内でシュミレーションしている時が楽しかったり)

たまには同期で一杯

チェコに駐在しているWちゃんが日本出張で一時帰国したので同期で一杯。この小汚い居酒屋に来るのも久しぶりだなぁ・・・。

IMG_8129.JPG

気が付けば皆30代半ばとなって腹も出て髪も薄くなり、きっちりすっかりおっさん化(の奴も)。それでも同期独特の連帯感と気安さは貴重な癒しであり、明日への刺激になります。

3月の異動で社内の他部署と仕事をするようになり、同期の何人かが担当だったりします。彼らの仕事への情熱に感心し、その優秀さに舌を巻くこともしょっちゅう。

自分自身の限られたリソースをどこに集中させて差別化を目指すのか、出来るのか。 入社13年目、それぞれ異なる業界でキャリアを積みあげる同期達を眺めながらもの思ふ。