hiropon181 のすべての投稿

最近の濫読

江戸の世界とせちがない企業社会を行き来。

道三堀のさくら/角川書店
¥1,728
Amazon.co.jp

いすゞ鳴る/文藝春秋
¥1,851
Amazon.co.jp

水売りという商売があるとは、山本一力先生の著作群を読むまで知らなかったなぁ。

江戸東京博物館を再訪したくなっています。

起業前夜〈上〉 (講談社文庫)/講談社
¥637
Amazon.co.jp

起業前夜〈下〉 (講談社文庫)/講談社
¥637
Amazon.co.jp

告発倒産 (講談社文庫)/講談社
¥648
Amazon.co.jp

ちょっと倍返しのあの方を彷彿させるストーリー展開。

銀翼のイカロスの次は、いつになるのかしら、待てなひ・・・


(本読んでる暇があったら助けて・・!)

?? 145冊(2015年)

外食家族

リゾートホテル泊ですが、夜は近所に抜け出してメキシカン。

yelp(食べログみたいなもの)の評価を見ながら探検するのが旅先での楽しみ。


(大人にも子供にも安定のメキシカン)


(思わぬライブ演奏のおまけ付き)

最近分かってきたのすが、当たりのメキシカンは焼かれた肉がパサパサしてません。

ファフィータ以外も頼めるようになると、少し通な気分です。

あとはビールを、ミチェラーダといって塩とライムジュースで割るのも通っぽい。

メキシコシティー以外ですとなぜかタバスコで割られたりもするのが謎です。

(地域によって味付けが違うのかも)

朝食はホテルのブッフェを。


(このエッグベネディクトはよくできてます)


(朝から皆さんモリモリ食べますな)

記録がありませんが、1日目の昼はベトナム料理屋で麺。

2日目の昼はフードコートでハワイアングリル。

こうして丸二日間ぐらいであれば外食だけで過ごすのも訳ないですが、

さてこれが7泊となるとどうでしょう。(年末のクルーズを想定)

やはり白米無しでは生きていけないのか。

さてさて。

ご近所リゾート

久しぶりの三連休。

ただヒューストンで過ごすのもつまらないな~と思い1泊小旅行。

コンセプトは「ご近所リゾート」探索。

ヒューストンから北に1時間弱のウッズランドにあるホテルリゾートへ。


(ウッズランド リゾート&カンファレンスセンター)

ここ、かなり当たり!なのではないかと。

結局、リゾートホテル敷地内で遊ぶのであれば移動距離が短いほうがラク。

子供達が思いっきり遊べる大きなプール、スライダーや流れるプールも完備。

(少々中央に深い部分があり一瞬妻が溺れかけました)

長女もすっかり腕に装着する小さな浮き輪のコツをつかめたようで、

本人曰く「泳げるようになった」と大喜び。

さすがに1泊ではちょっと忙しかったので、やはり2泊が良かったのかも。

このウッズランド リゾートには是非また来年にでも再訪したいと思います。

100時間突破

8月停滞しましたが、CPA学習の累計が100時間をようやく超えました。(・・開始5ヶ月目にて、ようやく・・)


(Studyplusにて累計勉強時間と科目を集計中)

それまで月間30時間ペースできたのが、いきなり8月に半減。まずは9月に累計30時間に戻すのが小目標でしょうか。ならして1日1時間が軌道に乗ってきたら、これを1.5時間にトライ。なんだかんだで月50時間が捻出可能な限度かも。(家族への負荷ミニマムで)

CPAにトライ、最短でも1,000時間として、ようやく10分の1の行程。まずはFAR試験範囲を1周するのが中期目標です。途中でFAR4のオンライン単位も取得して、受験資格の整備も進めますか。何かしらCPA学習範囲と仕事との接点を探しつつ、最低目標はコレ。

■ 勉強習慣の獲得

習慣さえ身につけておけば、CPAを他の分野に切り替えてもいいし。3年以上はCPA勉強はダラダラしないと決めたので、お尻は切りよく2018年5月末。

スペイン語やるんじゃなかったっけ?という外野の声も聞こえてきたのでそちらも限られた米国時間の中で時間配分を考えないと。

菊正宗

少し前の話ですが、ヒューストン経由メキシコに出張する後輩から連絡。

経由で空港で一泊するだけですが、少しお会い出来ませんか?と。

自宅から空港まで地味にクルマで1時間かかるのですが、馳せ参じましたよ。

ふと「ヒューストン」と聞いて思い出してもらえるうちが花。

なにか欲しいものありますか?と聞かれ、缶の日本酒ワンカップを所望。

地酒か菊水を期待したのですが、まさかの灘の大メーカー日本酒。


(菊正宗、降臨)

利き酒師、やや純米派閥的には、なかなか手を伸ばさない分野なんですが、

これがまた結構なお味、辛口でいけます。

上撰辛口生?とありますが、純米酒や生?純米大吟醸も飲んでみたいと思わせる味。

おそらく、後輩的に決め手だったのは軽い紙パック入り。

このコンパクトなサイズと重量で、なんと900mlも入っているとは恐るべしです。

これからは海外で受け取る日本酒は紙パックで決まりかも。

自分のトランクであれば地酒びたしのリスクもとりますが、お願いする側ではね。

11月末の一時帰国時に向けて、美味しい紙パック入り日本酒調査を進めます。

いやはや、有難うございました。