hiropon181 のすべての投稿

ユナイテッドの奴隷

ヒューストン生活2年目。
ユナイテッドの奴隷生活も2年目。

(我が家の絶対君主の一人)

1年目は各社のサービスの違いを自ら体感してみようと、ユナイテッドのみならずデルタ、サウスウエスト、ジェットブルー、USエアウェイなどそれぞれ利用。

幾つかの航空会社を試しましたが、選択肢の多さはやはりユナイテッドが一番。(過去に合併したコンチネンタル航空のハブがヒューストンだった為)

そのかわりサービスレベルは・・・。(いわゆる代表的な米国のサービスレベル)定時運行というものからは程遠いところで営業しております。

できることといえば、利用を集中しマイルを獲得することでステータスをあげ、低いながらも、その中では相対的にマシなサービスをうけること。

1年目は2.5万マイル以上のシルバー、そして2年目はギリギリ年末に5万マイル以上を飛んでゴールドのステータスに!(日本一時帰国の甲斐もあり)

しかし、ゴールドになっても搭乗グループはNo.2からNo.1にならないことを最近知ってしまい少々盛り下がっています。(更に上のプラチナになる必要が)

5年目はとにかく全日空にマイルを振り代えていくとして(その翌年は日本ゆえ)

あと2年間は引き続きユナイテッドの奴隷を予定。ゴールド達成後の次の目標はクレジットカードを出来るだけ活用してのマイル獲得。

米国生活4年目の妻子夏休み帰省を貯めたマイルで実行するのが目標。最初は28万マイルあればと思っていたのですが、日程の自由度なども考慮すると

確実なのは、15万マイル x 3人分の45万マイルでした。現在とうとう25万マイル、残りは20万マイルです。シルバーからゴールドの昇格で獲得ボーナス率が上がるのが助けになるかしら。

気がつけばすっかりユナイテッドのマイルの仕組みにもこの1年半で詳しくなり、まさに彼らの思う壺です。(奴隷的ロイヤルカスタマー)

■ 2016年~UNITED GOLD
獲得マイル累計は25万マイル(あと20万マイル)

師走も濫読

年内200冊達成に向けてカウントダウン中。

禁断の魔術 (文春文庫)/文藝春秋
¥680
Amazon.co.jp

巨匠の安定感。

湯川准教授が完全に福山で脳内再生されるので、それだけ映像の完成度が高いのか。

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
¥572
Amazon.co.jp

特に強く共感できるわけではないけどれど、帯に誘われて。

少々ファンタジー感つよし。

原発ホワイトアウト (講談社文庫)/講談社
¥756
Amazon.co.jp

完全に内部告発系。(著者は本当に現役キャリア官僚らしい)

続編がkindleで出ていないといのがもどかしい。

夕映え天使 (新潮文庫)/新潮社
¥562
Amazon.co.jp

再び巨匠の安定感。

お涙頂戴系じゃない短編集もさすがに読ませます。

年収の伸びしろは、休日の過ごし方で決まる ズバ抜けて稼ぐ力をつける戦略的オフタイムのコツ34/朝日新聞出版
¥1,512
Amazon.co.jp

オンとオフの区別なんかなく、全部自分の貴重な時間、人生の一部ですよね。

セルフマネジメントがまだまだだなぁとの刺激を頂きました。

頭と身体のメンテナンスをしっかりやらないと。

■ 189冊 (2015年)

パールハーバー

会社に着くとキッチンのテレビで真珠湾攻撃から74年・・というニュースが。

リメンバーパールハーバーと言えば卑怯な騙し討ちの代名詞です。


(日本で頂いたこぼれいくらのせ)

お前らほんとしょうがないやつらだな~と絡んでくる輩がいたら言い返してやろうと

いつでもシュミレーションしてますが、幸いにそのような機会はありません。

同僚ならば、そこに文句があるならわざわざ日系企業で働きませんし

社外の付き合いも、行動範囲がそもそも全く冒険せずの狭い世界なので。

(これはこれで折角の米国生活の機会を正しく活かしていないとも)

先日のパリ同時自爆テロでは「カミカゼアタック」と連呼して報道され、

いまだ続く敗戦国の悲哀を感じ鼻白みましたが、歴史は勝者がつむぐものとも実感。

あちこちで掲げられる半旗をみながら、平和な世界を願うばかりです。

良い機会なので近代史を少し復習しようかしら。

大放言 (新潮新書)/新潮社
¥821
Amazon.co.jp

大炎上放送作家様の大放言。(でも至極ごもっともな主張かと、口は悪いけど)

ご本人は二流作家と謙遜されてますが、どの著作も一流のエンターテイメント。

■ 184冊(2015年)

日本酒在庫がたっぷり

一時帰国の機会を活用して、約80キロの荷物を運搬。

行きの重量を考えても、うち50キロは日本からの土産や食料類。


(四合瓶も三本を輸入)

一升瓶で頂いた焼酎などは一部東京で飲ませて頂き、そのまま実家保管に。

やはり一升瓶は首の部分が輸送時に折れる可能性が高いので。

以前からのストック合わせ、冷蔵庫内に日本酒四合瓶が6本も冷えている状態に・・

うっとり。。。。(それ以外に地酒ワンカップも6本ほど)

これで良い年末年始を迎えることが出来そうです。(単純)

もちろん、ディズニークルーズにも1、2本は持参予定。

ミッキーとまずは一献・・なわけないか。

クリスマス準備

昨年はわざわざ郊外まで狩りに出かけたツリーですが(→クリスマスツリー狩り)

本当に毎年生のモミの木を買い続けるべきなのか、妻と激論。

確かに生のモミの木はいろいろ葉も落ちてくるし次女がむしりまくりそうですし、

中長期的には帰国後の活用も視野にいれていくべきか・・・など云々。

すったもんだの末、プラスチック製の通常フェイク品を本年は購入。

80ドルでしたが、7.5フィート、約2.3mあって電球付きでなかなか立派です。

ここに毎年色々なオーナメントを買い足して、少しずつ変化を付けていくというのも

たしかに良い考えかも!


(とりあえずの完成)

昨年は青と銀を基調としたFrozenがテーマでしたが、

今年は銀と色とりどりのマイリトルポニーが飾られています。(全て妻デザイン)

家の中の準備できたら、米国生活2年目はとうとう外庭電飾デビュー。

何かグッズを買いに行こうと思ったところ、すでに頂き物があると!(でかした)


(トナカイさんを組み立てました)


(なかなか可愛い)


(遠景だとこんな感じとなります)

こうなるともう少し家そのものも電飾で飾りたくなってきます。

あるいは前庭の木を電飾コーティングするとか。

我が家の周囲の電飾率はボチボチ50%程度ですが電飾mustかと思わせるエリアも。

周囲からの圧力に負けて必死でお父さんが設置したり業者を入れるのかなぁ。

隣と張り合ってムキになる世界がありそうでちょっと面白いです。

これで帰路につく通りがかりの車の目を少しは楽しませられるかしら。

もちろん、一番楽しむのは例によって自分です。