hiropon181 のすべての投稿

ハーフマラソン初出走

とうとうやってきました。ハーフマラソン初出走の日。

遡ると半年ほど前に自分を煽り立てるために書いたエントリー。(→ジョギング初心者のBMI25軽肥満アラフォーが半年でハーフマラソンを完走するには・・

結局、自分の心にちょっと火を点したぐらいで大幅な炎上にはつながらず。それでもしつこく残り3ヶ月、2ヶ月と宣言後のフォローは実施。
→あと3ヶ月
→あと2ヶ月

レース前日の土曜日にゼッケンと参加Tシャツを受け取り。あやうく当日手続きでも良いかと届いたメールを斜め読みしてました。フルとハーフで3万2千人ぐらいが走るのですから前日までに手続き完了していないと当日捌けないのは当然ですよね。。

(ゼッケン引き取りは極めてスムーズ)

そういえばメールで「BIB」と書いてありナンノコッチャ?と思ったのですが辞書で調べると、よだれ掛け(スタイ)の意味もありましたが、英語でゼッケンのこと。日本語のゼッケンはどうやらドイツ語のDecken、またはZeichenに由来するようです。(他にも説あり)ボキャブラリーが一つ増えました。

そんなことに感心しているとコースの説明が。前日まで全くチェックしておりませんでした。知ったところであまり僕には関係ないので。(スタート地点と集合時間は一応重要)

(うわー、20キロ強ってこんな長い距離なんだ・・)

前日準備。レース中の服装、着替えとタオルをバッグに詰め、走行中のプレイリストは入念に吟味。歌詞ありと無しの曲を適度に混ぜシャッフル再生で。そして早めに就寝しました。

当日。まだ暗い朝6時前に現地到着。近場に車を止めゆるゆるとスタート地点に向かいました。ランナーの皆さん早起きですね。レース開始は7時ジャストなれど、スタートがE地点だったのでおそらく30分以上実際の走り出しは遅いだろうと経験者の方の説明。

(そしてスタート地点をくぐったのは確かに7時半過ぎ)

まずは1キロ地点を通過しホッと一息、周りに流されてペースをあげすぎないように・・と慎重に5キロ通過。11キロをこえてようやく折り返し・・ここから!と思ったのも束の間・・徐々に心と足が重くなり、完全にしんどくなってきたのが15キロ過ぎ。このあたりから一気に6分半の目標ペースを大幅に落とし7分台〜ピーク8分まで落ちてしまいました。最後の3キロは両足が今にも攣りそうでおそるおそる進む(歩く?)という体たらく。

最後の1キロだけは沿道の声援もあり、必死で6分半ペースに戻したので、なんとか手元の時計では2時間29分ギリギリでゴール。当初の目標タイムである2時間半内で初完走することが出来ました。

(BEFORE)

(AFTER)

それにしても残り1キロで後輩M君親子(注*長男は小学校低学年・・)にぶち抜かれて行ったのは爽快でした。全くついていける状態じゃなかった・・

やはりちゃんと目標のペース配分で15キロぐらいを練習の時点で走れていないと、本番でも目標達成は難しいだろうなと思いました(当たり前ですよね)。これ、次回に向けての教訓です。

・・という訳でフルに挑む気には全くなりませんでしたが、1年後に今度は完歩じゃなくて、文字通り完走を目指しハーフマラソンに再挑戦してもいいかなぁと。

年間を通じ体力作りの通常ジョギングは5〜10キロ、直前3ヶ月の練習だけはレース用に少し距離を伸ばすぐらいの緩〜い感じで。

最後にゴール後に両足攣って悶絶。人目が少ないところで本当に良かった。筋肉の痛みに加え、膝回りも自重で相当痛んだ感じがありますので、体重を少しずつでも軽くしてやるのが長い目でみて膝のためですね。。。

1月の月次目標は、ハーフマラソン完走・・後の、5Kジョグ2本ですから、来週末、その次の週末にジョギング再開と先回りして置きました。ちょっと走るたびに満足してやめていたら長期的な健康のためにはなりませんものね。(走りすぎるのがもっとも健康に悪と認定。そこまではきっと走れないけど・・)

初出張〜マイレージ&ポイント戦略2017

仕事が始まり2週目で2017年の初出張。今年はシカゴに1泊2日からスタートです。

昨年の出張回数はだいたい30回程度。月に2〜3回の頻度です。のべの出張日数ですと100日弱ぐらいでしょうか。宿泊は60泊程度だと思います、正確には数えてませんが。

(当たり前ですが、PQMはゼロから再スタート・・寂しい)

2016年は年初に目標に置いたユナイテッドのプラチナ(年間飛行マイル75,000マイル)ヒルトングループのゴールド(年間40泊以上)の両方を初獲得することができました。2017年も基本はこの2つのステータス維持を目標にしたいと思います。

ユナイテッドについては、今年は私費で年間2回の日本帰国を予定しているのでチャンスがあれば1K(年間100,000マイル)も狙ってみたい気はします。でも、難しいだろうなぁ・・と。(2016年は仕事で欧州やアラスカ出張があったからこそ75,000マイルに到達できたので)

ヒルトングループのゴールドについても、年間60泊以上のダイヤモンドが気にはなりますが、やはり全ての出張の宿泊先を自由には決められませんし、そもそも安い選択肢の中から選んでいるので、これも自然体で到達できるのであれば・・で行きたいと思います。(スーパーチェーンの中では、マリオットやSPGよりもヒルトンの方が安めのラインナップが充実してると思います)

■ ユナイテッドで75,000マイル以上 → 2018年プラチナ維持

■ ヒルトングループで40泊以上 → 2018年ゴールド維持

さて、今年の初フライトとなったヒューストン〜シカゴですが、シカゴ・オヘア空港が強風のため上空旋回のすえ命を縮めながら着陸を試みるもあまりに危険で機長は一旦ギブ、燃料不足で隣州のミルウォーキーにて一旦給油。再度のトライとなったので3時間遅れでの素敵な展開となりました。

ま、これは天候起因なのでユナイテッドのせいとは言えません。

(シカゴ以降の接続便に遅れた人が多数で大騒ぎ)

いかにもユナイテッドらしい・・と思った話。前の席のインド系の方が憤慨しながら周囲に声高に訴えていたので聞こえてきたのですが、なんと預け荷物が自分の最終目的地であるインドのムンバイ行きではなく、なぜかドイツのフランクフルト行きとして、システムがタグを吐き出したそうです。違うことを散々訴えたにも関わらず係員が全然取り合ってくれず、もめにもめたという話。(このせいで30分以上この便の出発が遅れました)

どうやら手荷物システムのトラブルだったようです。システムも怖いですが、係員の対応がいかにもお粗末でありそうで恐ろしい。(気がついて良かったですね、、本当に)

(空港パーキングでは柱の位置を記録しとかないと自分の車に戻れなくて散ります)

前年より業務のカバー範囲が広がったので出張回数そのものが増える可能性は大です。ただ、出来れば家族の近くにいたいので、出張の回数は増やしてもトータル出張日数はあまり増やしたくないところ。

そのため出張時の移動中でも効果的に働いたり休んだりする方法を今年はよりいっそう研究したいと考えています。(今年のテーマは→生産性

今回のフライトでは試しに機内でWIFI購入してメール仕事をしてみました。これは急いで返信したい時は今後選択肢としてありですね。

今悩んでいるのが、65,000マイルを使ってユナイテッドのラウンジを1年間使えるステイタスを購入するかどうか。よく使うニューヨークのラガーディア空港の搭乗口前にユナイテッドのラウンジがあるならば即決なんですけどね・・。実際それだけのマイルを投入する価値があるかなぁ?と。

定期的にある出張を厭うのではなく、移動時間を有効活用して、且つ楽しめるようになればいいな。

ファイナルファンタジー15クリア(ネタバレ)

12月上旬に届いたファイナルファンタジー15。途中、クルーズなどで中断も致しましたが毎晩2時間程度コツコツ進めて先日クリアー致しましたのでメモ。(ネタバレ含みます)

どんだけ暇なの?ってツッコミには耳を貸さずに。(→FF XVはじめます

(36時間かけて、レベル66でクリア。多分普通)

ファイナルファンタジーのナンバリングシリーズをクリアーするのは12作目以来。オフラインの13作目は手付かず、オンラインの14作目は手を出さず。10年ぶりのプレイでした。

知らないうちに世界のRPGのスタンダードとなったというオープンワールドを採用したということですが、正直歩き回るのはかなり面倒。(そんなことを言っていると11作目のオンラインは誰もプレイ出来ませんけど。。)

シナリオが雑というか、そこでそうなっちゃうの、なぜ死ぬの、おいおいおい・・・という不平不満が山積みするものの、自分は攻略サイトも眺めながら最後まで飽きずにプレイが出来ました。

(ホモドラマ進行にはいかんせん共感できず)

物凄い時間とお金かけて作ったのでしょうから、なんで7作目とか10作目のようなレベルのシナリオ作家の方を起用できなかったのかが疑問でしょうがないところ。画像や戦闘システムは良いできだったと思うので、不満は人物設定とシナリオの薄さかなと。

(アラネア、もっと出して欲しかった)

ルーナが意味不明に死んでいった晩には寝つきが悪かったアラフォー。ほんと、楽しみを求めて娯楽としてゲームをしているのに気分沈ませる試みとかやめて欲しい。

(この妄想シーンも意味がわからない)

でも不満がわいてくるうちはまだ期待しているということ。元ゲーマー達を震撼させるようなFF最新作、待ってます。

完全クリアとか試みません。これで終了。

最近の潮流というオープンワールドRPGというのがいまいちわからないので既に購入済みのスカイリムとかウォッチャーを次はちょっと遊んでみたいと思います。

■ FF XV(PS4) ☆☆☆★★(星3つ)

ハーフマラソン完走のあとに

人生初のハーフマラソン出張まであと1週間と少しとなりました。

(クルーズ中もトレッドミルで一応2回走りました)

ヒューストンが意外にもここのところ寒さが厳しく(普段は暑すぎて困っていたのですが)年末クルーズで少し増量したカラダを絞りきれずに1月15日が刻一刻と近づいています。

2017年を通しての目標(テーマ&チャレンジ)は「生産性を高める」ことに決めました。(→生産性

そのための打ち手の一つとして、今年は毎月、年間で12個の目標を設定したいと思います。記念すべき1月の目標は・・

■ 初ハーフマラソンの完走

・・のあとに、5キロジョギングを1月中に2本走る。これにしたいと思います。

2012年に高校生以来となる10Kマラソンに出場した際、雨が降る寒い中にも関わらず記録も目標を達成できたのですが、なぜか自己満足してしまってジョギング習慣が定着しなかったんです。(その後すぐに膝の靭帯の怪我をしたこともありますが)

今回はハーフマラソン完走で自分が満足して歩みを止めることがないよう、あらかじめ先手を打っておきたいと思います。わりと涼しい今こそがヒューストンで走るべき時期なので。

Kコーチのアドバイスのとおり、掲げる目標は達成できるものであること、そして行動と結果が測定可能であること、ここに気をつけて目標設定をしていくつもりです。12個以上の目標候補も用意しておかないと。

■ 1月の目標・・ハーフマラソン完走後に月内に5Kジョグ2本

 

生産性

新年、仕事始め、新たな目標を設定するのに最適な時期ですね。

2017年の基調テーマ、自分自身のチャレンジは「生産性を高める」こととすることにします。


・・えぇ、まんま影響うけやすいんですよね。TPPはどうやら成立しない公算が大ですが、自分のTTP(徹底的にパクる)は本年も健在です。

ちょうど2017年頭から仕事で責任をもつべき範囲も拡大して、勝手に落ちてくるメールの数も倍増。単なる労働時間の追加投入や、少々の能力(スキル)アップでは全く追いつかないよなぁと考えながら年末休暇に突入し、クルーズの間も色々と考えを巡らしながら手に取った2冊だったのでドンピシャリでした。

限られたリソース(時間とお金)の中で、もっと成果をあげたいのは仕事だけじゃなく、家庭の中での自分の役割など、自分の人生そのものが対象です。生産性を高めることは、働き方を変えるだけでなく、人生、生き方を変える取り組みなのだとこの2冊を拝読しながら考えました。

具体的なアプローチは走りながら考え、実行に落としていくつもりですが、幾つか着手することを決めました。

■ 月次目標の採用

■ 働く時間を増やさない(むしろ今より減らす)

■ 時間の見える化

あと、これもとても大事ですね。

■ 捨てる(やめる)

それぞれ自分なりに練ったうえで、アイディアとプランを肉付けしていきます。(続く)