hiropon181 のすべての投稿

ヒューストンにDAISOがオープン

グランドオープンから少し遅れましたが、とうとうヒューストンにオープンしたDAISOに行って参りました。

(また一つヒューストンの生活インフラが充実!)

場所はWestheimer沿い、くら寿司のあるモールです。これはくら寿司からの→DAISOコンボが定番になりそうです。

似たようなお店では既にSeiwa横にJapan Houseという雑貨店がありますが、品揃えはDAISOの方が充実しておりました。

これまで、たまのLA出張時にミツワ買い出しと併せ訪問していたDAISOがぐっと身近に。また一つダラスに生活環境が追いつきました。(和食料理店のレベルはまだまだダラスが遥か上ですが)

この小物袋の使い勝手が良いので嬉しい。

勿論、日本に比べれば若干割増なんで、本当にお得か・・・というとその限りではありませんが、Dollar Treeなんかに比べると商品の品揃えに圧倒的な魅力あり。

何か一つ好きなものを選んで良いよ・・と娘達と話をして、長女と一本ずつスポンジブレードを購入。やはり夏休みの元祖ディズニーランドでのジェダイトレーニングが活きているようです。(→ディズニーランド2018〜元祖ディズニーランド

ダイソーを日本及び世界に展開する大創産業は広島発祥だったんですね。日本国内に約3,000店舗、世界25ヶ国に更に2,000店舗、売上高4,500億円の堂々たるビジネスです。生活用品の殆どが1つ100円で揃うなんて凄いことですよね。

これからヒューストン生活を始める方の、最初のセットアップでも活躍してくれそうです。

2018年9月の読書ログ

毎月、月初のルーティン。前月に読んだ本を淡々と備忘録メモ。


堀江さんのメルマガを眺めていると、多動力なんであちこち出かけて飲み食い続けて・・なんですが、かなりの頻度で運動もしているな、と思います。色々ありますが、とりあえずは睡眠時間の安定確保と、適度な運動習慣、食べ過ぎたら2日間ぐらいの中で調整、かなぁ。

歯垢や歯石の除去はちゃんとスケジュールして定期的な習慣にしないと。ピロリ菌検査はしばらく受けていないので、また帰国したらやってみたいと思います。(前回検査時は陰性)


元経済産業相のキャリア官僚による福祉行政解説本。論旨明快で分かりやすいです。問題先送りは勘弁して欲しいですが、結局制度破綻寸前になるまで手がつく事はない気がします。人生に必要な備えは自分でしなくては。


ライター大宮さん、以前から好きなので著作も応援買い。ネット記事だけ読んでいると書いた方の直接の収入にならないので。


天才編集者と評されるアツい男、箕輪さん。彼が編集に携わった一連の著作、どれも高レベル。単に凄いなーで他人事で終わるのではなく、何かしらのアクションに繋げていきたいです。さもないと、単なる消費されるその他大勢から脱出できないので。


すぐに上司の机の上に置いておきたいぐらい共感しました。上機嫌モードで頑張ります。


そのまま参考にはできませんが(時代背景も環境も違うし)、根底に流れる心構えには共感するところあります。


やっぱり想像力が十分に行き届かないと実際に対応する際に無駄がありそうなので。

決して楽しい読み物ではありませんのでオススメはしません。救いもありません。でも考えるきっかけとなりました。娘の父親としては平静ではいられませんけどね。

三浦しおんさんパトロール。最近読んだ、ののはな通信や、仏果を得ず、神去なあなあの続編ほどの愉楽は感じないなぁ。でも、こうした平凡な日常が流れていく系も嫌いじゃない。

終わった人の次はこうした終活テーマの本とは、世のトレンドをうまくとらえて本を書かれるものですね。まんまと手を伸ばす読者の一人ですけど。それにしても怖いのは幾つになっても女子の世界。一気に読ませる魅力あります。


久しぶりの池井戸ワールド堪能。それも2冊一気読みの幸せ。佃社長の演説シーンに痺れました。ドラマ化されるようなので、是非、映像としても見てみたい。極上のエンタメ小説です。

■ 124冊(2018年)

 

 

オススメ癒し動画〜今日ヤバイ奴に会った

ここ1ヶ月ぐらい前から頻繁に眺めるようになったYoutube動画が「今日ヤバイ奴に会った」さん。特に「〜の作り方」シリーズに絶賛はまっています。

インド ムンバイ在住の方が、インドのお店や屋台で作られる料理の調理の様子を撮影して字幕コメントを付けただけのシンプルな構成ながら、何とも言えずじわじわとくる中毒性があります。インドの雑踏や人々の笑顔の映像が美しく一流の短編ドキュメンタリーのよう。コメントもセンスいい!

是非お試しを!というところがたまりません。

初めて見た動画が確かこれ。初見で乾麺をつぶしていくこのおじさんがたまりません。

インド的なカレー作りは僕も趣味にしているので、結構参考になります。「なにか、ふぁさーー」とかですけど。驚くほど多様な調味料やスパイスを使っているものだと感心します。

カロリーやばめな料理が多いように見えますが、たまに登場されるご本人の画像では別に太ってもいないんですよね。結構運動もされているのかな。

自分もベトナムに約10ヶ月長期出張していた頃、住まいのサービスアパートの前の屋台のチャーハンを良く食べていた事を思い出しました。前回の調理の残り(おもいで)が鍋に残っていたのも一緒ですし、衛生状態が怪しいのも一緒。

最初は1万2千ドン(当時84円)だったチャーハンの値段が、いつからか1万ドン(当時70円)まで下がっていったのは、ベトナム語の語学力の上昇と併せ現地化(土着化)が進んでいった表れだったんだろうなぁ・・・と。(最初は外国人価格でふっかけられていたのでしょう)

米国からインドのストリート画像を眺めながら、ベトナムをはじめとする東南アジアを懐かしく思い出しています。

2018年も残り3ヶ月

毎度ながら日々が過ぎさるのは早いもので、2018年も残り3ヶ月、10月がスタートしました。

例年の経験ですと、ここから年末にかけてはハロウィンにサンクスギビングがあり、気がつけばクリスマス休暇からの年末年始と、仕事もさることながらイベントムード満載の楽しい時期。

10月は出張が多く、移動も続くのでしっかりスケジュールと体調を管理して出来るだけベストな状態で諸件臨まなくては、、と。周囲を眺めていると、仕事が出来る人は、そうした自己管理も上手な気がします。

自己管理の中では、体重管理をもっとも苦手とする私。80.0キロ近くまで単身期間中に下げた体重が再び82.0キロ前後についつい足元では戻ってますが・・・再び80キロまで急ぎ下げるようにいたします。(宣言)

もともと2018年末の目標は78キロという1年前においたプランもありますし(→ゆるやかに糖質制限トライ)、来年2019年の人間ドックまでに腹を引っ込めたい・・という新テーマもあり(→腹をひっこめたくて・・夏)。これはこれで忘れずに。

そして、今もっとも優先順位をあげて取り組みたいと思うのが、自分自身の感情コントロール。どうやって自らを上機嫌にもっていき、それをきちんと維持していけるか。結構、自分の機嫌というのも客観視するのは難しかったりしますからね。(それこそ人の振り見て・・だったり)


予定が立て込むときにほど、しっかりとカラダとココロの手綱を緩めずに。忙しいと書いて、心を亡くすと言う、なんて話もよく聞きますし。(字源的には根拠なしのこじつけ、という意見あります)

自分への予めのリマインド記事として。

レミゼ@ヒューストン〜ミュージカル観劇メモ

待ちに待った久しぶりのレミゼ観劇の機会がありました@ヒューストン。前回ブロードウェイで観たのが約2年前、その後ブロードウェイでは終わってしまい、ようやくの全米ツアー来訪。

Welcome to Houston !!

さすがレミゼぐらいの人気作品になると地元ヒューストンの大箱の劇場でも値段下がらず200ドル越えでオーケストラ中央のほぼ一番後ろ。金曜夜のソワレが僕、土曜昼のマチネに妻が友人とお出かけする時間差観劇。

帝劇で2回、ブロードウェイで3回、そして今回。映画版は当然複数回。。さすがにオタク化した妻ほど深く語ること出来ませんが、それでもそれぞれの役どころと本日のキャストの印象なんかでは自分なりの感想が出てきます。

本日の私的感想、なんと珍しいことに良かった順が、マリウス、バルジャン、コゼット、ファンテーヌにアンジョルラス、テナルディエ夫婦が続いて、お尻にジャベールとエポニーヌ。普段ジャベールとエポニーヌ好きな自分としては大番狂わせ。

翌日観劇に出かけた妻とも意見交換すると、結構近い感想。今回マリウスとコゼットが想定外にハイレベル、女子的にはマリウスとアンジョルラスがKinki Kidsなみに凄かったのだとか。

(左マリウスJoshua Grosso、右アンジョルラスMatt Shingledecker、完全にイケてる王子系二人組・・)

あとは、ジャンバルジャン役のNick CartellのBring Him Homeが圧巻でした。妻の受け売りですが、確かにこの曲の祈りは深い。

隣に座られたメキシコの上品なご婦人と幕間などでおしゃべりも楽しんだたのですが、帰りしなに僕にかけられた「Good luck in your life!」というのも、なかなか味わい深いなぁと。世の中いろいろあるけど・・明日からまた頑張ろうと思ってしまうのがレミゼの観劇効果。

そういえば妻は定番の赤と黒を意識した服装に、この日のためにネットで購入したというレミゼバッグを携えデビュー。なんと原作のブックカバーを使って手作りされた一品、、誰が作って誰が買うんだというニッチな商品。会場で何人ものレミゼ好きな同志達に「それいいね!」とあちこちで声かけられたのだとか・・・(引いてませんよ、ちょっとだけ驚いただけ・・次は帝劇で使ってください・・)