ロブスターからの手紙

家族でクリスマス食材の買い出しに。

Hマート、ホールフーズ、サムズの三軒で300ドルも使ってしまいました、おほほ。

Hマートの魚屋の水槽前でいつものように長女が騒ぐ。

「この大きいカニかエビ、飼いたいから買って!」と。

亡くなったら食べるからね、と予め断って購入。

クリスマスぐらい小さな夢かなってもいいですよね。(そこに便乗する父)


(セール中で3パウンドで21ドル、立派なものです)


(すっかり弱っていたので我が家到着後早々にご臨終)

さて、ここからはあっしの出番です。

すでにネットで「ロブスターの茹で方」を複数、仔細にチェック済みです。


(お湯に塩多めで20分で茹で上がり)


(逆関節を決めて解体、アチチ)


(一応、ご対面。全然怖がらないなぁ。)

夕食前に風呂に入った娘が、ロブスターから手紙が来たとのたまう。

なんでも、「お水飲ませてくれてありがとうね」って書いてあったのだとか。

最後に少しだけ自由な気分を味わってくれたかな。(水道水ですいません)

そういえば、ロブスターを氷の上に乗せて売るのは彼らへの虐待だと、

ローマの魚屋さんが動物愛護家に訴えられたという記事を最近読みました。

今回のケースはどうなんだろう。

一応、ホームステイは試みたわけだから、かわいがれているかなぁ。



(ちゃんとだいたい3人前ありました、これが1人分)

肝心の味ですが、少々タラバガニ的な大味感はあるものの鮮度も良いのでGOOD。

わさび醤油やマヨネーズでかなり楽しめました。


(思わずエビ味噌の濃厚な味に日本酒出動)


(さらにマヨネーズで和えたところに焼き海苔出動)

最後は回転寿司のエビマヨ軍艦か、コンビニのエビマヨおにぎり的な方向に。

いやぁ、大満足です。

それにしても、(脳内で)手紙まで来たという仲良しぶりなわりには、

あっさり「がにちゃん、美味しいね」とロブスターをほおばる長女・・・強いな。

(4年前より随分と成長したものです→対決イセエビ)

という訳で、今年のクリスマスイブ食材はロブスターでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です