当座のドル資金

米国赴任後の当座の生活費として5千ドルをゲット。
有楽町の三井住友銀行の外貨交換窓口にて。

(最近デザインが変わったのか、見たこと無い100ドル札・・大丈夫か?)

どうも新札だと人生ゲームのお金のように見えます。。かといってあまり使い古されて臭かったり落書きの有るお札も困りモノですが。

それなりの大金ですが、これでは家の初期費用や車購入には足りません。まずは米国の銀行に口座開設してここにお金を入れる必要があります。

日本の口座から送金するのが一般的でしょうが、会社からドルでお金を借りることに。これならば毎月のドル給与から返済できるので為替差損ナシ!(金利負担アリ)

日本の口座に手を付けずに暮らすことが目標です。

クレジットカードも早く現地で作ってクレジットヒストリーなるものを蓄積しないと。日本発行のカードを使っていてはいつまでも信用が得られないそうなので。(このあたりの事情はまた研究してご報告します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。