マザー牧場以来・・ですと〜羊の伝道師

職場の後輩を何か一緒に食べようと誘うと、焼肉が食べたいと。

焼肉・・というと、なんとなく韓国方向に向かうのが一般的で、自分も特にそこには異論はないのですが、たまには変化をつけてみようかとジンギスカンを選択。

そう、自分の中ではジンギスカンは焼いた肉というカテゴリーの下にデフォルトで存在感を放つ選択肢。なんなら自宅での焼肉では超高頻度で選択しがち。(道産子の血なのか→道産子がNZに向かったのは必然

さぁ焼くか・・と腕をまくると、同行した同年代メンバーが「ジンギスカン、久しぶりですねぇ。修学旅行のマザー牧場以来ですよ・・」と聞き捨てならない発言を。何十年ぶりですと!?

育ってきた地域や家庭が違うと、それだけ焼く肉にも違いが出てくるのかという事実を再確認。よく関東と関西で豚肉と牛肉の位置付けが話題になりますが、牛、豚、鶏があって、魚がいて、羊が永遠に出てこない家って沢山あるんだろうなぁと。

羊肉を喰らうジンギスカン、個人的にはオススメするだけの価値があると思うので、時々は向かう先の提案の選択肢に加えてみたいと思います。そう、羊の伝道師。

BBQの機会が日常的にあれば、もっと伝道しやすいのだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。