名刺管理アプリEight導入

名刺管理で有名なEightというアプリを導入しました。

久しぶりに仕事がらみネタと思わせといて、実はこれ旦シャリ活動の一環でもあります。連絡先の確認のために過去にもらった名刺を探す時間を減らしたいという仕事効率化と共に、物理的に増え続けていく名刺の束を何とかしたい(捨てたい)という二つの欲求を満たす為の打ち手。

IMG_7547

(まずは全部並べて総量を見える化)

Eightを自分のiPhoneにダウンロード、まずは会員登録手続きを完了。使い方を確認します。

それから、米国に赴任してからの2年間で交換した名刺を片っ端からアプリに取り込み。アプリを起動してカメラで撮影するだけなので簡単。

その後、名刺自体はカテゴリ毎にまとめて輪ゴムで束にしてピーカン(クルミみたいな木の実)が入っていたカン格納して視界から消しました。あー、すっきり。

2年間で増えた名刺は約300枚。無料登録会員でもオペレーターの方々が順次データ変換してくれるようですが、仕事で使うものなので年会費4,800円を早速払ってプレミアム会員となりました。するともの凄い勢いでデータ変換作業が進んでいきます。(どこにオペレーターさんはいるのでしょうか、日本?それとも海外?)

それならば、、と米国に赴任する前に担当した4年間の仕事で交換した名刺も一気にアプリに取り込んでみました。こちらは約700枚ありました。合計で約1,000枚が過去6年間で頂いた名刺の総量か。多いような、少ないような。

それ以前の名刺についてはサッパリ捨てました。縁があればまたどこかでお会いすることもあるでしょうし、その時に改めて名刺交換させて頂くことで良いかな、と。

自分のつながり、として表示されてきた約1,000枚分の名刺情報を眺めていると、英語名刺については一部OCRでの文字認識がうまくいかなかったのか、名前や社名に間違いなどが散見されました。名刺の撮影画像そのものが入っているので気がついたものは修正。それにしてもこんな短時間で積年の名刺管理問題から解放されるとは・・・

以前から、やろう、やろう、と思いながらコレまで手をつけてこなかったことを反省。もうこれで名刺を探して連絡先を確認する必要もなくなりました。机の中もスッキリ。これからは名刺頂くたびに即日でデータをアプリに放り込み現物は整理済みの束に加えるだけ。(その束も米国を発つ際には捨てるつもり)

既に仕事の資料はデータかPDFで整理しているので机周りも更にスッキリ。まったく便利になったものです。

さて次の効率化、旦シャリのターゲットは何だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です