サボリーマンの子がコソ勉

偉そうに語学クラス2期目スタートの記事をUPしましたが・・

(→再び語学クラス通い)

完全に脱落。

全16回の授業の内、出席はわずかに6回で終了。


(テキストも数回開いただけで、このままだと無駄に)

結論としては、授業のスタイルも、先生のやり方もフィットせず。

プレゼンのクラスのはずが、実践の機会は殆ど無く、ひたすら先生がしゃべるだけ。

やはり初回の発音・アクセントの授業のK先生が素晴らしかったのだなぁと。

授業も先生も自由に選べないのはかなり生徒側にはリスクです。

出張や会食予定とかち合う機会が多かったのも事実ですが、最後の2回は・・

つまらん授業 < 妻と娘に早く会う、でした。

家族到着までの単身6ヶ月も過ぎ、のべで7ヶ月が経過。

「一生使える英語を手に入れる最後のチャンス」という視点で今後を考えないと。

一方、プリスクールに通い始めて2週間が経過。

少しずつ語彙を獲得し始めた3歳半の長女。

ひそかに自分の部屋で、しまじろうの英語などをコソ勉。

英語が嫌だといいながらも、自分なりに英語学習をしはじめています。(驚き!)

このまま4年たてば、家族で一番英語苦手なのは自分になる可能性が極めて高い。

ここは長女に倣って、自分もコソ勉しないと。(大人なりの方法論で)

運動も勉強も計画的に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です