「米国で美味しかったもの」カテゴリーアーカイブ

NYで素敵和食コース〜JUKAI

丸一日をかけようやく辿り着いたNY。ホッと一息しながらカウンターで飲んだブルックリンラガーの美味しいこと@Jukai。

■ Jukai(寿海)(→公式HP

訪問するのはごくごく久しぶり、カウンターで二人飲み利用するのも初めて。だって、テーブル席でカップルの横に並ぶのも恥ずかしいんですもの。

ここはこのコースが絶対にお得だと思いますよ・・とKCAさんのアドバイスありJukaiコースを。他にもお鍋や寿司のコースもありました。

とっても魅力的な前菜盛り合わせ・・・

生牡蠣に・・

本日入荷の鮮魚のお造り。

焼き物・・

選択できるメインは牛タンステーキを。

なんと5カンも美味しい寿司がついてくる。

別腹デザートまで。

これだけ盛り沢山で、一人65ドル+牛タンステーキが追加5ドルの70ドルのコース。他に一品料理を少し足しお酒も合わせるとお会計は1人150ドルに(NYの一等地ですからして)。

日本酒は黒龍の純米吟醸と八海山を。

お会いするのが初めましてと思えないKCAさん。話題は尽きることもなく続きは来週に持ち越しに。さすがユナイテッドのミリオンマイラー、興味深いお話満載でした。

NYでの定宿を42ndから52ndに変えたことに伴い、僕の定番のお店も43rdあたりから53rdに変えていこう思わせたJukaiの素敵和食コースな夜でした。

KCAさん、お付き合い頂き有難うございました!

NYで絶品ステーキ〜Porter House

NYでステーキ・・シリーズ久しぶりの更新、新規店舗の開拓です。場所はセントラルパーク横のコロンバスサークル側・・

■ Porter House(→公式HP

そう、こちらはなんとポーターハウス発祥のお店と言われるNYの人気ステーキハウス。ちなみにポーターハウスとは所謂Tボーンステーキのことで、T字型の骨の左右にフィレとストリップ(サーロイン)がついた部位のこと。

(ラグジャリーな店内、ビジネス客も多数)

全員が初めての来店でしたので率先してメニューを読み込んで前菜注文。ワインリストもかなりのボリューム。

(ピールーと同様に炙りベーコンを頼んでみる)

我々が足を運ぶ機会の多いピータールーガーやベンジャミンに比べても洗練度が高い印象でステーキへの期待が高まります。

来た!本家本元のポーターハウス!!熟成肉を上手に焼き上げている感じです。

そしてラムのTボーンもオーダー。珍しいなと感じたのがソースが3種類デフォルトでついてきたところ。

(塩胡椒で食べさせるお店から最初からソースを合わせるところまで実はステーキハウスによって様々、ここはお好みで)

サイドと併せ盛り付けてもらうと、外はしっかり焼けつつも断面は見事なミディアムレア。本当に見事な焼き上がりに感動。勿論、味も最高でした。

(ステーキナイフが細身なのも上品)

これは・・NYの私的ステーキランキングでも確実に3本の指に入る気がします。ベンジャミン、キーンズにここポーターハウスか。(まさかのピータールーガー本店も落選!?)結構芸風が異なるのでもう1回りして確認出来れば・・と思います。

(スイーツなど収まる胃袋の空きなし)

しかし、ステーキの世界も奥が深いモノです。日本でも有名なウォルフギャングには未だ行けておりませんし、他にもBLT Primeという店も耳にするだけで未確認ですし、まだまだ駆け出しです。

折角ですのでNYとヒューストンの有名ステーキ店は一度は訪れて自分なりの印象を押さえておきたいものだと思います。(何のためにと聞かれたら・・思い出のため)

NYでおしゃれ居酒屋〜SAKE BAR YOPPARAI

先週のNY出張では二泊で新規開拓二軒。それがどちらも良い店で忙しくも充実の時間となりました。まずは一軒目の記録。

■ SAKE BAR YOPPARAI(→公式HP

もう入店前から当たりの匂いがプンプンしている店構え@ローアーマンハッタン。YOPPARAI、漢字にすると夜波来?

(店内デザインは有名な方がされたようなHP説明)

この日ホテルに寄って荷物を置いていては間に合わないだろうとロングアイランドからUberで直行したところ、結果的に僕だけ小一時間早く現場に到着する展開に。

サッポロ生をジョッキで2杯か3杯頂きつつ、茹でではなく蒸しの美味しい枝豆を頂いて緩やかに待たせて頂きました。(たまにはそうしてボーーッとするのもいいものですね)

この日は冷酒を頂きましたが熱燗で自慢のおでんや炉端焼きを頂くのも次回試してみたい(やはり冬かしら)。どれを食べても美味しかったなぁ。ご一緒したメンバーも実に楽しかったし。

隣りの米人グループが楽しそうに日本酒を飲んで騒いでいる様子をみながら、きっとあちらもあの日本人のグループ・・・騒いでいるなぁ・・・と思ったはず。(雰囲気作りに貢献したか)

居酒屋文化、NYを足がかりに世界に広がってほしいものです。
本日も完全にYOPPARAI。

LAでウニ祭り〜Maruhide Uni Club(丸秀ウニクラブ)

二家族で出かけたカリフォルニア旅行2018も最終コーナー。この日はサンディエゴをそれぞれ出発、15時頃にLA近くのサンタモニカのホテルで再集合しましょう、というプラン。(T家は帰国前のお土産調達へ。我が家は土産もいらないので)

さて・・何がしたいだろうかと考えてみて思いついたのが、プリン体好きの聖地丸秀ウニクラブ再訪。一時期クローズしましたが営業再開したとの噂は聞いておりましたので。(前回訪問は2016年1月→プリン体好きの聖地巡礼

ご機嫌なカリフォルニアの高速を北上して2時間ほどで到着。

■ 丸秀ウニクラブ(→公式HP

日曜と月曜はお休み、天候により生ウニの入荷が無い時もあるようなので事前に電話で確認するのが確実なようです。

(店内空いてました、そういえば値上げしたという話も)

確かにメニュー見る限りウニ丼系は良いお値段祭りではありましたが、こちら1年分のウニ補給の覚悟ですので構わずオーダー。

すっごーーーーい!

ウニ海鮮丼的なものを3つと、ウニクリームパスタをオーダー。(そんなに頼むの?と妻が疑わしい視線を投げかける)

娘よ、これがウニ丼だ。

長女にとってはこれがおそらく公式の生ウニデビュー。どんな反応があるかを緊張して見守りましたが「甘くて美味しい!」と。さすがサンタバーバラ産の生ウニ様です。

年甲斐もなく、いや・・いつもの通り興奮する父。

次女はいつものようにご存知のサーモン刺身を美味しそうに食べてました。(まだ君がデビューするのは早い)

(妻もこのウニの美味しさには笑顔)

(別ルートのT家にも味わって欲しくて生ウニ舟盛りを購入、自宅用に雲丹酒盗も・・)

家族4人のランチで、お土産も買ったとはいえ〆て250ドルとは大盤振る舞いではありますが、なかなか同じレベルのウニをこれだけ食べるのは簡単ではないのでは?(チリが凄いらしいですが)

長女のウニデビューと併せまして、また家族の歴史に嬉しい1ページが増えました。今日はプリン体記念日。(おおげさ)

サンディエゴでタパス〜Costa Brava

サンディエゴでYelp調べで飛び込んだタパスバーがとってもご機嫌でしたので備忘録メモ。

■ Costa Brava(→公式HP

子連れだったこともあり中華にでも行こうかとYelpを眺めていたのですが、掲載されていたタパスの画像達がとっても美味しそうだったので思わず私的決定。事前に電話で混み具合を伺い、子連れでも大丈夫か打診するとWelcome!とのこと。

奥の座席は生演奏もありもう少しフォーマルな雰囲気だったのでテラス席のカジュアルな場所に子連れで陣取りました。

(メニューいっぱいのタパスメニューに喜びいさんでオーダー)

(出てくる、出てくる!タパスの山)

まったくもってスペイン料理の前菜、タパスと呼ばれる小皿料理は居酒屋文化の日本人との相性抜群だと思います。あったかいもの、冷たいもの、色々な味を楽しみながら飲めますし。

(カラマーリこと烏賊さんは結構あちこちで食べる機会がありますが・・タコってスペインかギリシャ料理屋でしか出てこない気がします。あとはたこ焼き。)

調理に時間がかかるので早いタイミングで予め頼んでおくパエリア様。結局、タパスからパエリアにワープしてしまい、メインが全然食べられない・・という展開を、タパスが充実したお店ではいつも繰り返してしまう気がします。

(サングリアでご機嫌な女子お二人)

(別腹アラモード)

本場スペインのバルにこうして皆で出かける機会なんかがあったら楽しいよね・・という話をしつつ、妻と娘二人とスペインの地方巡りなんてのも悪くないよなぁと併せて夢想。うん、なんとなく、いつかは実現しそうな気がします。(想像出来ないことは実現しない。想像出来ることは実現可能)